(7)災害救援ボランティアセンターの心得2

6.社会福祉協議会とボランティア

 ボランティアセンターは、中長期的には地元チームへの体制移行をスムーズに行い、撤退を見通した運営をしていかねばなりません。
 社会福祉協議会は民間の福祉法人であり、かつ福祉担当の行政機関の一翼を担っています。この法人が、阪神大震災以降、災害時のボランティア受け入れやボランティアセンター運営も担当するようになりました。しかし、災害ボランティアは、通常のボランティアとは異なり、「緊急性が高い」「活動によってはリスクを伴う」「目的が明確でそれに絞った活動である」といった特徴があります。さらに時期や段階により役割の変化があり、それに応じたしくみも必要となります。こうした特性から、支援のすべてを社協に委ねることに無理があることは明白です。

災害発生後のボランティア活動の流れ

 第1期 救命救急期:自衛隊、消防、民間専門家(NPO・NGO)によるレスキュー
 第2期 被災者支援期:避難所、ボランティアセンターの設立
  混乱した中でボランティア組織をまとめていく。
  人間関係コミュニケーションスキルがいる。
  救命・ボランティアセンターの立ち上げ、避難所設置など専門機関、団体の関与が 
  不可欠。
  ⇒1,2期は民間の災害救援専門団体が主力となり、社協は補佐役となる。

 第3期 生活復興期:仮設住宅への移設、災害地の片付け作業など
 第4期 生活再建期:日常生活の再建、地域コミュニティの復活
  ⇒第3、4期は子ども・お年寄り・被災者の心のケアに加えて、被災地の復旧が重
   要となり、社協の役割が大きい。

7.ボランティアの役割

 災害ボランティアの構成はその役割によって以下のように考えられます。
1.一般ボランティア・・・・・・・・災害時には一般市民がボランティアに多数参加
2.ボランティアリーダー・・・・・・小集団のボランティアを現場で率いるリーダー
3.ボランティアコーディネーター・・一定地域の組織的支援やVC本部のまとめ役
 被災現場で最も活躍するのはボランティアリーダーです。被災地に次々とやってくるボランティアを引率し、効果的に活動する現場の指揮者的役割ですが、このリーダーが圧倒的に不足しています。しかし、リーダーもコーディネーターも訓練が必要で、見よう見まねではロスが多く、そのための研修制度が必要だと痛感しています。

8.支援活動のバトンタッチ

 被災地での支援活動はどこかのタイミングで終了する必要があります。
 その引継ぎをスムーズに行うことも災害ボランティアコーディネーターの役割です。
とくに中山間地域での災害では地元NPOも少ないために、社協が長期的な被災者のための支援体制をとる唯一の機関であったりします。そのため、社協に引き継ぐ業務をまず整理し、引き続きボランティアとして支援を行う場合は何をすべきか、しっかり線引きをしておくことが必要です。長期的な復興には外部の応援団組織の存在は欠かせません。被災地の未来をたびたび議論しておき、その未来に沿った支援を各ボランティアが地元に戻ってからも継続できるスキームも大事でしょう。これは人間同士の絆でもあるからです。

9.民間だからできること

 個人のボランティアは社協のボランティアセンターに参加して貢献することもできます。しかし、組織的、専門的に活動する自然学校などの災害救援活動は、行政や社協の活動と同じではないし、その補完でもありません。そして、民間の専門的なノウハウを持つ集団が災害救援の活動を担うということは、それ自体の意味が必要です。
 活動の結果と成果は組織・団体のアイデンティティと重なります。そして、初期の緊急支援段階、被災者支援段階、生活復興段階、生活再生・地域再生段階のすべてに主体的に関わるのか、緊急支援のみ主体的に取り組み、その後は後方支援を行うのか、取り組み方自体も変わるはずです。そのためにも取り組みの早い段階で、災害の質を良く見極めて、自分たちの活動戦略を立てることが必要です。
(「ボランティアコーディネートとは」2005年1月10日)

<前のページへ 123456|7|8 次のページへ>

「災害救援と野外教育」から「自然学校と復興支援」へ  広瀬敏通

関連リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz