現在、国際自然大学校では、2組の家族の受入を行っています。
その中の一組は福島県南相馬市のご家族です。
4月2日より避難されてきました。
お母さん、長男(高3)、次男(高2)、長女(中1)の4名とペットの犬2匹です。

長女は4月11日に日光市の中学校で入学式を迎えました。
長男、次男は地元の高校の動向が不確定のままです。
 
日光霧降校では、
週に1回、霧降校に滞在する全員で一品持ち寄りの夕食会を実施しています。
 

 
また、月に一回、地域のお母さん達が子どもを連れて集まる「mama’s cafe」を開催しています。
その際に、避難されてきたお母さんにも参加していただき、被災の話をしてもらったり、地域の情報交換するなど交流をもちました。
 

 
このような集りの際に、地域の小さな子ども達の遊び相手になってくれたのが
避難してきた高校生と中学生の大きな子ども達です。
 

 
日光霧降校では様々な背景を持った人が集まる場になっています。
お互いに心地良い距離感で関わり合っています。
 
 
by NPO法人国際自然大学校 日光霧降校
★ブログ 本やりcafe ★
http://ameblo.jp/yaritaikoto-project/

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz