RQ市民災害救援センターは、被災地の女性を支援するために新たな活動として「RQ被災地女性支援センター」を宮城県登米市迫町佐沼に開設しました。

 

震災直後(2011年3月13日)からの支援活動を通じ、RQは被災地の過酷な生活環境にある女性たちの姿を見てきました。被災地の復興過程においても、働き手である男性、就学児童生徒などが優先され、家庭でも社会でも女性を含む社会的弱者が置き去りにされ、一部では、女性への二次被害がでています。

まさに、被災地女性への支援は、緊急の課題です。

一般的に多くを語らない東北の女性特有の性質に配慮しながら、女性の立場からの調査に基づいた物資支援・コミュニティ作りのためのイベント、細やかな定期訪問等による被災地・避難地の現場での緊急支援から長期支援にいたる継続的な自立への援助活動を行います。

 

本センターの発足に伴い、行政や地元の市民団体との連携を更に強化していくと共に、RQの各ボランティア拠点の活動を通じて、被災地の復興に女性が元気に明るく美しく活躍できるよう支援をしてまいります。

 

詳細はRQ被災地女性支援センター

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz