RQではこの夏から被災者のライフヒストリーや被災地の前の姿を記録として残すための「聞き書き活動」を開始しました。
そこでRQでは、聞き書きボランティアに参加するための研修会を8月6日、東京本部で行いますのでぜひご参加ください。
定員になり次第締め切りますのでお早めにお申込みを。
満員御礼! 募集締め切りました(8/2 17:24)

広瀬敏通:RQ市民災害救援センター活動レポート18「失われた地域を浮かびあがらせよう。聞き書き活動スタート」

 


対象:今後、現地での聞き書き活動(インタビュー)や、東京本部での聞き書き活動支援(報告データ管理、逐語録作成)に継続的に参加をしていただける方。年齢は高校生以上、経験は問いません。

 

定員:21名
日時:2011年8月6日(土)
  :15:30〜18:30(講義1時間、実技2時間の予定)
場所:RQ東京本部
講師:高田研(都留文科大学教授)
内容:1.聞き書き活動の趣旨
   2.ライフヒストリー調査の方法
   3.実習:3人チームで聞き取りから調査報告書の作成までを実習

 

満員御礼!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz