お寄せいただいた若者の声は、11月6日(日)のイベントブースにてご来場者の皆さまにご紹介させて頂きました。

ご協力まことにありがとうございました。

::::::::::::::::::::::::::::::::

この度、11月5日(土)、6日(日)に開催される「全国生涯学習ネットワークフォーラム2011」まなびピア2011分科会5に参加させていただけることになりました。

 

本分科会のテーマは、
「震災ボランティアと若者たちーその学びと支援を考えるー」
です。

春休み、夏休みと、沢山の学生ボランティアがこれまでRQの活動に参加してくれています。RQでは、大人も子どもも年齢や性別に関係なく、みんなひとりひとりが自分のできることに、取り組んでいます。

そのため、夜のミーティングで一日の活動報告をとても立派にこなす小学生、休みを利用して長期で活動に参加し、チームリーダーとして活躍する大学生、そんな子どもたちに大人たちが関心し、心打たれることすらあります。

 

今回は、そんなRQに集まってくれた『若者の声』を大募集します。

 

学生のみなさまへ

どんな思いでボランティアに参加したのですか、
実際、参加してどうでしたか、
いま感じていることを自分の言葉でまとめてみませんか。

今回のフォーラムのRQブースでは、
みんなの体験談、感想文などをご紹介したいと思っていますので、
もしよかったら、(いえ、是非とも)その内容を私たちに
も教えてもらえないでしょうか!!

 

募集締め切り:11月3日(木)
宛先は、以下のアドレスまで。

MAIL:

@

 

最後になりましたが、私がボランティアに参加して出会った人たちで印象的だったことは、16年前の阪神大震災の時、学生だった彼ら彼女たちが、「あの時何もできなかったことが悔しかった」、「あの時のお礼がしたい」、とその当時の思いにつき動かされて、今回の活動に参加していることでした。

 

被災地でみんなが出会った人たちは、みんながボランティアに参加してくれたことに大きな影響を受けたかもしれませんね。

また、みんな自身が5年後、10年後先、今の思いに突然つき動かされるときがくるかもしれないなぁと思うのでした。

 

みんなの声を待っていますよ~。

 

東京ボラ イベント班 くりばやし

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz