広瀬敏通:RQ市民災害救援センター活動レポート14「信頼関係が原動力」

ヨーロッパの国々はアジアが危険だと言い、アジアでは日本が危険だと言い、日本では東日本が危険だと言い、東日本では東北が危険だと言い、東北では福島、宮城、岩手が危険だと言い、福島、宮城、岩手では福島原発30kmが危険だと言う … 続きを読む

第1回・RQボランティア報告会レポート(動画含む)[6/7]

【5】朱 惠文(日中市民社会ネットワーク)    他、現地ボラ小田さんなど 「最新の現地活動報告」   気仙沼の小泉中学校ではひまわりおじさん がひまわり温泉やカフェを運営。 ミュージシャンによる演奏や子どもた … 続きを読む

第1回・RQボランティア報告会レポート(動画含む)[5/7]

【4】広瀬敏通(RQ総本部長/日本エコツーリズムセンター) 「現状報告&今後の活動」   RQは組織ではなくプロジェクト的に動いていく活動団体。 ボランティアのメンバーは「この甚大な災害で、自分にも何か果たすこ … 続きを読む

第1回・RQボランティア報告会レポート(動画含む)[1/7]

第1回・RQボランティア報告会

文:今井麻希子 4月14日、RQ東京本部で現地報告会が開催されました。 会場には約150人もの人たちが来場、関心の高さを伺わせました。   今回の報告会では、4月上旬に現地入りしたRQスタッフやボランティアの活 … 続きを読む

広瀬敏通:RQ市民災害救援センター活動レポート13「災害地は戦地ではない」

昨夜は一日早い佐々木豊志さん(現地本部長)と、RQ現地の活動に当初から様々に関わって支えてくれている宮城教育大の島野さんの、二人の誕生祝をしました。 ひげ面のオジさん二人ですが満面の笑いで、登米の本部になっている体育館が … 続きを読む

ラブボウラーズ「チャリティボウリングイベント」4/24

ラブボウラーズ

ラブボウラーズとは、タレントがプロボウラーを目指し、各地で活動を行うタレントユニットです。全国各地の“ボウリング信善大使”にも認定され、通称「ラブボ」と呼ばれ活動中です。 そのラブボウラーズが、ボウリングを通じて被災地へ … 続きを読む

「被災地を訪ねて」大浦佳代レポート

「海と漁の体験研究所」の、大浦佳代と申します。 本職はフリーライター&カメラマンですが、スキンダイビング(素潜り)インストラクターとして、海辺の体験活動、漁業体験などにかかわっています。 3月28日から4月1日まで、登米 … 続きを読む

広瀬敏通:RQ市民災害救援センター活動レポート12「もっとボランティアを現地に!…

『迷惑ボランティア』という合唱が日本中で起きているようです。 「こんな時期に物不足の被災地にボランティアがいけば被災者にいくはずの物資を取ってしまうことになる」 「阪神や中越のような感じでいけるような災害地じゃない。何も … 続きを読む