地域支援チームでは9月から、被災者の方へ電話で現在の状況についてアンケートを取らせていただきました。
ヒアリングさせてもらったのは、旧デリバリーチームで物資をお届けしたお宅です。
仮設住宅や借り上げ住宅に移られた方もいらっしゃいますし、引き続き半壊のご自宅にお住まいの方も。
皆さんお忙しい中、「RQです」と言うと「久しぶりだね!」「あの時はありがとう」と快くアンケートに応じてくださいました。

RQ市民災害救援センターの活動の休止にともない、地域支援チームも一旦解散することになります。
本当は、アンケート結果から浮かび上がってきた問題を解決することを目標に始めたヒアリングでしたが、残念ながら時間が足りず、ほとんど解決には至りませんでした。
そのため、まずはこの場を借りて「現在の被災地の声」として紹介させて頂きます。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

・近所に買い物できる所がないから、1週間に一回まとめ買いをするが、仮設の冷蔵庫が小さいので入りきらない。 (気仙沼市鹿折)
・地元に戻ってこれたのはうれしいが、市内バスはない、信号もついていない、スーパーもない、ガレキもそのまま・・・ガレキが見えるのは辛い、早く復旧してほしい。交通手段がないのが不便。 (気仙沼市鹿折)
・仮設は狭く、お風呂で追い炊きができない、トイレ・お風呂に窓がなくカビる。 (気仙沼市鹿折)
・冬に向けてコタツ、ストーブ、冷凍庫がほしい (気仙沼市鹿折)
・行政が1.5Mのかさ上げをしてくれ、工場の大きな物は行政が撤去、小さい物は自分で片付けたが、まだ工場の再開はできそうにない。 (気仙沼市鹿折)
・子どもたちが楽しめる時間をつくってほしい。(本はたくさんあるので必要なし。) (気仙沼市鹿折)
・自宅の工事が進まない。大工さんの都合と夫が遠洋漁業から帰ってこないとどうするか決まらない。困っているけれどどうしようもない。 (気仙沼市鹿折)
・現在間借りしているお宅のあたりは特に被災していない地域なので支援がこない。物資、特に冬支度、コタツ、布団がほしい (気仙沼市鹿折)
・以前と変わらず、井戸水での生活で沸かして飲むか、購入して飲んでいる。支援してもらえるならほしい。 (気仙沼市鹿折)
・二人の息子の学校送迎があって時間的に少ししか働けない。 (気仙沼市鹿折)
・自分、息子も精神科にかかっていて薬を服用している。 (気仙沼市鹿折)
・ストーブがほしい (気仙沼市鹿折)
・冬物の防寒衣類が少なくて心配 (気仙沼市面瀬)
・病院が今まで行っていた所が半分くらいしかなく、遠いし、混んでいて不便 (気仙沼市面瀬)
・スーパーが再開して買い物に出るようにはなってきたが、お年寄りの人たちがあまり出歩かない (気仙沼市面瀬)
・学校への通学で電車がないのが不便 (気仙沼市面瀬)
・遊び場がない。子どもが安心して遊べる場所がほしい。子どもたちがバラバラ。 (気仙沼市面瀬)
・リフォームをして住んでいる人は家電がない、家電がもらえない。 (気仙沼市面瀬)
・失業保険で生活をしていて、先の見通しがない (気仙沼市面瀬)
・自宅の傾き、ヒビ割れがあり大工を頼んでいるが、まだ来ない。何とか生活をしている。 (気仙沼市面瀬)
・おばあちゃんだけが水の臭いが気になると言って購入して飲んでいる (気仙沼市面瀬)
・おばあちゃんが部屋にこもっていて外にでようとしない、日中は1人なので気になる。 (気仙沼市面瀬)
・自分の工場兼自宅は今も水が引かず、行政も入れない状況で、そこでの再開は無理だろう。今は他の場所で再開している。 (気仙沼市面瀬)
・仮設の中に集会所がなくて、何か集まるにしてもケーウェーブの部屋を予約して借りないといけないのが不便 (気仙沼市面瀬)
・冬服、暖かい布団、コタツがほしい (気仙沼市面瀬)
・近くに本屋とコンビニがないのが不便 (気仙沼市面瀬)
・近くに眼科、外科、耳鼻科、歯科がないのが不便 (気仙沼市面瀬)
・気仙沼は仮設が不便な所にあるから心配 (気仙沼市面瀬)
・働けない人へ生活支援を。仕事がない、収入がない人への物資の支援はまだ必要だと思う。働く場所を。政府、県への圧力団体になってほしい。 (気仙沼市面瀬)
・家が流されて5月にとりあえず住む所を見つけたのが今の借家。家が傾いていて窓が閉まらない、隙間風が入ってくる。その時はそれでもいいと思ったが今は・・・仕方ないので何とか冬を乗り切りたい。 (気仙沼市面瀬)
・一緒に住んでいる両親が仮設に入れたら仕事(パート)に出たい。 (気仙沼市面瀬)
・近所の商店が流されてしまって、車で5kmくらい先に行っているので不便 (気仙沼市階上)
・日常に戻りつつあるが、なかなか元には戻らない。個人宅には何も来ないので考えてほしい。 (気仙沼市階上)
・トレーラーハウスでの生活。バイオトイレの支援がないか情報がほしい。 (気仙沼市階上)
・自分で家を建てたい。他にもそういう声があるので、資材(木)の支援をしてほしい。 (気仙沼市階上)
・知り合いで陸前高田から仙台のみなし仮設に入った重度の障害者がいる家族がいる。陸前高田に住所が残っていることで、仙台市からの支援が受けられない。また知らない土地で情報が分からない。障害者への支援(オムツ、お風呂など)の情報がほしい。 (気仙沼市階上)
・家のまわりの工事を大工さんに入ってもらいたいと思っているが、今は忙しいから本格的な工事は春に。とりあえずは自分で直してなんとかしている。 (気仙沼市階上)
・ボランティアと地域の人が一緒にガレキの撤去やお茶会などをやっていけたらいい (気仙沼市階上)
・歌津にプレハブを建てて生活をしている娘家族は仮設のような支援が来なくて、冬対策、暖房などの支援をしてもらえたらいい。 (気仙沼市階上)
・仮設に入った娘家族は子どもが以前と同じ小学校に行っているので、遠くなって毎日送り迎えをしている。子どもたちのあそび場がない。 (気仙沼市階上)
・市は大丈夫と言っているが、サビ水があり沸かしている。生水を飲用するのが不安。なので購入していて生活費にひびくのが心配。 (気仙沼市大谷)
・井戸しかない。心配だけれど飲用している。台風の後は購入した水を飲用している。 (気仙沼市大谷)
・子ども、赤ちゃんはまだ心配で生水は飲んでいない。色がついていることもある。鉱山の結果を知らされていないのが心配。 (気仙沼市大谷)
・古い家で雨漏りが数ヶ所あり、地震により戸の建て付けが悪い。できればビニールシートで屋根だけでも補強してほしい。 (気仙沼市大谷)
・裏の側溝が詰まると水が家の方にくるので雨の日は心配。 (気仙沼市大谷)
・高校から送迎のバスが出ているが、11月で終了。仮設校舎も変わり、利用時間が限られて車の送迎が必要になってくる。が、仕事をしている為、対応が難しい。 (気仙沼市大谷)
・中学校までの通学路の歩道のインフラ整備ができていない。送り迎えをしている。 (気仙沼市大谷)
・家屋のひび割れでサッシがしまらない。保険適応外と言われて直せない。 (気仙沼市大谷)
・自立の為、アクリルたわしづくりをしたいが、アクリル毛糸が手に入らないので支援してほしい (気仙沼市大谷)
・交通が不便。早く電車に乗れるようになるといい。 (気仙沼市大谷)
・仮設にはボランティア?行政?がまわっている様子だが、在宅にはほとんど目がいっていない (気仙沼市大谷)
・ガレキの中にいる(見える)のが辛い。 (気仙沼市大谷)
・仮設集会所のお茶っ子に在宅の自分たちが行くと、仮設の人たちは来ない。仮設と在宅の溝がある。仮設の人たちへの支援がみえるのが辛い。 (気仙沼市大谷)
・買い物をする場所はあるが遠い。車がない人は大変だと思う。物が高い。 (気仙沼市大谷)
・障子張りをしたいが、数が多く、またやったことがなくできていない。やってもらえないか? (気仙沼市大谷)
・近所で流されたお宅の片づけがまだ全然できていない。 (気仙沼市大谷)
・隣の地区ではたくさんのボランティアが入っているようだが、うちの地区にはないので、格差があるように感じている。 (気仙沼市大谷)
・仮設には移動販売車が来ている。車のない人が利用しているが高い。 (気仙沼市大谷)
・眼科、耳鼻科が近くになくて困っている。 (気仙沼市大谷)
・学校によってスクールバスがない。お風呂の追いだきができない。大きな仮設で誰がどこにいるのかも分からないし、集まり、行事、イベントもない、ボランティア企画のミニコンサートやお茶っこなどはあるが、行きたい人だけのもの。これから家を建てる人と残る人に分かれると思う、残る人たちへの長期的な支援、定期的な訪問やお茶っこなど、物資より自分たちのことを忘れないでほしい (気仙沼市大谷)
・水が茶色のものが出るので、買って飲んでいる。けっこう大量になるので水がほしい (気仙沼市本吉)
・屋根と廊下が壊れているのだが、大工の手配がつかない。 (気仙沼市本吉)
・地元で働く場所がほしい。会社がくれば(できれば)いいのに。 (気仙沼市本吉)
・震災後の補正予算を整えてほしい。国の方針が定まらない為、施設関連の業者間でも不安が広がっている。この状況が続くと人間関係の悪化、必要な人に必要なサービスが行き届かなくなるかもしれない。 (気仙沼市本吉)
・学校へ行くのに気仙沼方面の本数(バス)が少なくて困っている (気仙沼市本吉)
・みなし仮設の家賃振り込みが全くされない。県は早く手続きを進めてほしい。ボランティア団体にもプッシュしてもらえたらありがたい。 (気仙沼市本吉)
・台風で床下浸水して、ストーブ、コタツを買わなければならない。仮設の人には物資や情報が届きやすいが、個人の家には届かないことへの不安。 (気仙沼市本吉)
・ご近所の田んぼや畑の片づけ、ガレキの片づけをしてほしい。 (気仙沼市本吉)
・支援が仮設のは来るが、在宅にはないのが不満。お正月にRQでおもちでもついて配ってくれたらうれしい。おいしいものでも食べて元気に過ごしたい。 (南三陸町歌津)
・地方放送が見られなくて困っている、(電波が悪い)天気予報などがわからない。 (南三陸町志津川)
・テレビがBS以外見れないとよく聞く。(自分はテレビなし。) (南三陸町志津川)
・飲用として不安を感じている。 (南三陸町志津川)
・飲用水は購入している (南三陸町志津川)
・開通はしているが、生水を飲むことはしない。浄水器をつかっているのと、購入して飲んでいる (南三陸町志津川)
・水道水は薬が入っているから沸かして利用。ミネラルウォーターが飲みたい (南三陸町志津川)
・車で10分の所にコンビニがあるが、生鮮食品などは手に入手できない。佐沼へ40分程かけて買い出しに行っているので不便。販売車も来ない。 (南三陸町志津川)
・津波によって家の前の道路が崩れていて、まだ舗装が出来ておらず困っている。 (南三陸町志津川)
・近くにお店がなく隣町に出たついでに買い出しに行っていて不便。 (南三陸町志津川)
・義援金等が現在なくなって経済的にとても困っている。 (南三陸町志津川)
・車で30分、週に数回登米や隣町まで行って買い物をしている。近くにはない。 (南三陸町志津川)
・野菜や魚の移動販売車が来るが、タイミングが合わないと買いそびれてしまう。 (南三陸町志津川)
・入口から雨、風が入ってくる(屋根が短いため)困っている。 (南三陸町志津川)
・仮設診療所はいつも混んでおり、行けない状況。 (南三陸町志津川)
・元々の家は夕方になると潮で浸ってしまい機能できないので、現宅で生活。そこも隙間風が入り、秋冬と今後心配している。 (南三陸町志津川)
・稲刈りが終わり、空いた所に簡単な家を建てたい。マンパワーとして手伝ってほしい。 (南三陸町志津川)
・コンビニまで徒歩30分と移動販売車がくるが不便。足りないものは同居の娘夫婦に買ってきてもらう生活。 (南三陸町志津川)
・農作業に必要な器具があれば農作業がしたい。手作業することで少しは役にたちたい。 (南三陸町志津川)
・公立病院は午前の診療のみで午後はない為、子どもの受診、急な受診が困る。 (南三陸町志津川)
・ガレキが山の方にもまだ残っており、それらの撤去をしてほしい (南三陸町志津川)
・2歳の子どもにオムツのテープ式のみ支給だが、ゴム式のオムツがほしい。 (南三陸町志津川)
・漁業の方、船や道具があれば再開したいが手に入らない。 (南三陸町志津川)
・行政は自立と言っているが、今はガレキ撤去での収入のみで、日用品でも何でももらえるものはもらいたい。収入がないことが1番の問題。 (南三陸町志津川)
・ほとんどのお店が18時半に閉まってしまうのが少し不便。 (南三陸町志津川)
・部屋の出入り口はアコーディオンで下が50㎝空いていて座布団でふさいでいるが、部屋の温度を下げない方法を考えなくてはいけない。お風呂の追い焚きができない。冬にそなえて物が足りない。布団も上下1枚ずつしか支給されていない、これでは寒い。 (南三陸町志津川)
・近くに買い物できるところがない (南三陸町志津川)
・ホームセンターが近くにないので困っている (南三陸町志津川)
・近くに魚屋ができたが値段が高い。コンビニより高いのはどうかと思う。 (南三陸町志津川)
・アリーナの病院は近くていいが、かなり待つ。 (南三陸町志津川)
・仕事。給付期間が延びたらしく、働くともらえなくないので仕事探しをしていない。若い男が日中ぷらぷらしているのはあまり好ましくない。 (南三陸町志津川)
・近くに仮設ができた。個人情報になるので、どんな人が入ったかは分からないが、今後、どうやって交流していくのか考えなくてはならないと思っている。 (南三陸町志津川)
・近くに大きなスーパーがないので、石巻とか遠くへ行かないと買えないものが多くある。 (南三陸町志津川)
・祖父母がいるので家を空けられず、仕事ができない (南三陸町志津川)
・切実にお金がほしい。 (南三陸町志津川)
・物が揃わないので少し離れた登米市や迫まで行かなくてはならないのが不便 (南三陸町志津川)
・ラーメン屋などやってみたいが、資金がない。 (南三陸町志津川)
・今は寒さ対策が一番の懸念事項、暖房器具や仮設の整備を何とかしてもらいたい。 (南三陸町志津川)
・店が少なく、魚、野菜の値段が高いので皆困っているようだ。 (南三陸町志津川)
・仮設病院へ通院しているが、待ち時間が長い。重い病気の人は紹介状を書いてもらってすみやかに移す必要あり。 (南三陸町志津川)
・男の仕事はガレキの撤去がほとんどで、漁業の仕事に戻れるのは半年後か1年先で、見通しも立たないので不安。 (南三陸町志津川)
・仮設に限らず冬の準備は不安だらけ。暖房器具も十分ではないし、灯油代もかかる。お風呂の追い焚きなしも不便。 (南三陸町志津川)
・仮設病院は待ち時間が長い。 (南三陸町志津川)
・仮設にいるが、ほとんど不在の為、物資はもらえない。厚手毛布など、どこかもらえる団体があれば教えてほしい。食器も服も足りない物ばかり。これからも支援をお願いしたい。 (南三陸町志津川)
・話がしたい。話を聞いてもらいたい。 (南三陸町志津川)
・買い物が不便。近くに病院が1つ、そこしかないから混んでいる。仮設にあそび場がない。寒さ対策の不安。寒くなると思いだす。 (南三陸町志津川)
・家の工事を頼んでいるけれど、まだ来ていない。子どものあそび場がない。ガレキの片付けをしてほしい。 (南三陸町志津川)
・買い物が遠くて不便。移動販売車はあるようだが、仮設にいっているみたい。ベイサイドの仮設の病院へ行っているが、混んでいる。冬物衣料、暖房器具の支援をしてほしい。特に収入がなく、また自分で買い物に行けない高齢者の人たちに。(フリマではなくほしい人みんながもらえるような形での支援を)  (南三陸町志津川)
・今は周りに家もなく孤立状態。郵送で市の広報が届くのみ。 (南三陸町志津川)
・上下水道通ったが、飲用としては飲めないため配給の水を利用している。今後購入となると近くに店もないため不便 (南三陸町戸倉)
・近所に店はなく、移動販売車も来ない為、週1回くらい石巻まで来るまで買出しに1時間掛けていくことが不便である。(ちょっとしたものが気軽に購入できない) (南三陸町戸倉)
・以前は病院は近くにあったが、現在は仮設で診療所がある。しかし午後は休診となり、急な受診には車で移動となりアクセスが不便。 (南三陸町戸倉)
・風呂・外壁修理の予約をしているがまだ業者が来ない。 (南三陸町戸倉)
・周辺に近所がなく(高台にある)情報が入ってこないので自分たちだけでやっていかなければならない。(情報が欲しい) (南三陸町戸倉)
・周りに店がなく販売車も来ず不便。週1回40分くらいかけて買出しに行っている。 (南三陸町戸倉)
・水道は復旧したが台風で故障。修理依頼している。生活用水は復旧しているが飲用は不可。配給水がなくなったら購入の方向。 (南三陸町戸倉)

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

実はまだ紹介しきれていない所もあるのですが、ひとまずこれで報告させてもらいます。

メディアでは復興の話題ばかりが取り上げられていますが、東日本大震災による被害はまだまだ復旧できていませんし、心の問題は今後深刻化することが予想されています。
息の長い、現地によりそった支援が求められています。

先ほど、アンケートで出てきた問題の解決はほとんどできなかったと書きましたが、このヒアリングの途中で、小泉地区に子どもの遊び場がないという声を受けて「くりの木ひろば」が生まれました。
「住民の方のニーズに沿った支援」「住民主体の活動をサポートする支援」を目指し、くりの木ひろばは今後も続いていくことでしょう。
同じように、他の声についても、新RQでの新たな活動に繋がっていくことを祈っています。

最後に、地域支援チームとして活動してくれた皆さん、アンケートにお答えくださった皆さん、その他活動を支えてくれた皆さん、本当にありがとうございました!

地域支援チーム コアメンバーより

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz