2 / 212

第1回・RQボランティア報告会レポート(動画含む)[1/7]

第1回・RQボランティア報告会

文:今井麻希子 4月14日、RQ東京本部で現地報告会が開催されました。 会場には約150人もの人たちが来場、関心の高さを伺わせました。   今回の報告会では、4月上旬に現地入りしたRQスタッフやボランティアの活 … 続きを読む

ボランティアが去るときに持って帰るもの

東日本大震災ボランティア RQ河北 ボランティアが去るときに持って帰るもの

先週末、久々に戻りました。 奥さんの待つ家に持ち帰るのは、「お土産」・・・ではなく「ごみ」です。 RQでは、すべてのごみを地元の自治体で処理してもらうのではなく、センターからの持ち帰ることを基本としています。(たまにやさ … 続きを読む

広瀬敏通:RQ市民災害救援センター活動レポート13「災害地は戦地ではない」

昨夜は一日早い佐々木豊志さん(現地本部長)と、RQ現地の活動に当初から様々に関わって支えてくれている宮城教育大の島野さんの、二人の誕生祝をしました。 ひげ面のオジさん二人ですが満面の笑いで、登米の本部になっている体育館が … 続きを読む

ラブボウラーズ「チャリティボウリングイベント」4/24

ラブボウラーズ

ラブボウラーズとは、タレントがプロボウラーを目指し、各地で活動を行うタレントユニットです。全国各地の“ボウリング信善大使”にも認定され、通称「ラブボ」と呼ばれ活動中です。 そのラブボウラーズが、ボウリングを通じて被災地へ … 続きを読む

泥だし作業で名言キラリ☆

東日本大震災ボランティア RQ河北 泥だし作業で名言キラリ☆

明日(13日)はいよいよ、大川中学校での泥だし作業です。先ほど夜のミーティングが行われました。 こちらチームは混成ですが、かなり団結しています。私は明日もセンター詰めですが、皆さんにはけがの無いようがんばってほしいです。 … 続きを読む

ふんどしタオル!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現地本部では、毎晩19:30〜21:30頃まで、ボランティアが集まってミーティングをしています。 はじめに各作業チームのリーダーから報告があり、明日の役割分担を決める。 ↓ その後、作業チーム毎に分かれて問題点を話し合い … 続きを読む

長野県グリーンウッド発!想いを積んでジム君が走る!!

greenwood2

写真提供:NPO法人グリーンウッド   グリーンウッドでは、4月1日から、被災した子ども2人を受け入れています。 ここでは、暮らしの学校「だいだらぼっち」に滞在している子どもたちと一緒の生活。4月6日には始業式 … 続きを読む

「被災地を訪ねて」大浦佳代レポート

「海と漁の体験研究所」の、大浦佳代と申します。 本職はフリーライター&カメラマンですが、スキンダイビング(素潜り)インストラクターとして、海辺の体験活動、漁業体験などにかかわっています。 3月28日から4月1日まで、登米 … 続きを読む

薪ストーブが到着!

-1

4月8日、長野県にある「工房ジオ・パラダイス」さんが、すてきな薪ストーブを届けに来てくださいました。名前は『暖助』。 使われなくなったプロパンガスボンベを利用したもので、取り付け簡単、廃材を燃料に、30畳ほどを暖めること … 続きを読む

広瀬敏通:RQ市民災害救援センター活動レポート12「もっとボランティアを現地に!…

『迷惑ボランティア』という合唱が日本中で起きているようです。 「こんな時期に物不足の被災地にボランティアがいけば被災者にいくはずの物資を取ってしまうことになる」 「阪神や中越のような感じでいけるような災害地じゃない。何も … 続きを読む

広瀬敏通:RQ市民災害救援センター活動レポート11 片付けは希望への道

RQ現地本部では既報の通り、登米の本部一本体制から、気仙沼市北部の唐桑半島にひとつ、石巻市北部の河北町にひとつのRQボラセンがオープンしています。   唐桑半島では『森は海の恋人』の著者で、自らも被災された畠山 … 続きを読む

校舎が避難所に

IMG_6164-m

4月3日より、旧鱒淵小学校の校舎が避難所になりました。私たちは、体育館のみ使用しています。(写真は体育館の様子です) RQのボランティアで、この地域の町おこしを手掛けた方が、避難所の方とのやりとりを一任しています。デリケ … 続きを読む

2 / 212