今日も、昨日と引き続き、雄勝町波板浜の清掃作業に出かけました。

海岸で作業をしていた午前10時前頃、三陸沖で地震があり、宮城県沖にも津波注意報が出ました。
現場では、いつもと違う地鳴りが聞こえたそうです。

作業を中断し、一度近くの駐車場に避難し、点呼後、山の上の駐車場に歩いて避難しました。
一緒に作業をしていたAPバンクさんの大型バスにみんなで避難。ラジオで情報をとりながら待機しました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 津波注意報!

その間、広島から来たボランティアさんの車両のパンク修理をしたり。

東日本大震災ボランティア RQ河北 津波注意報!

午前11時50分の気象庁の記者会見で、注意報の解除を確認。

リーダーだけで作業場に戻り、道具や私物、ゴミなどを回収して、再度山の上の避難場所に集合して、各団体撤収しました。

 

夜のミーティングでは、避難方法など現場での対応を再度確認しました。
まだまだ、このようなことも起こり得る現場の作業です。
一人ひとりが安全に対して意識が必要だと感じました。

 

明日も、同じ波板海岸での作業です。今年の海開きに向けてがんばっている区長さんの気持ちに応えられるよう、今日の分を取り戻したいです。

総務ツインタワー、荒納さんが1週間戻ってきてくれたので、明日は久々の作業に行ってきます。

 

(河北VC かいじゅう)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz