今日はいよいよ、田代島の瓦礫撤去作業への出発。
朝7時、作業チームははりきって出かけていきました。
今日から2泊3日の予定です。

東日本大震災ボランティア RQ河北 静けさのなかにも

みんなを見送ったあとのボランティアセンターの静けさ。
しかし、今日は一仕事あります。

先日、雄勝小学校の祭りに参加させていただいたときに、ゆかたプロジェクトのチラシを配布しました。その後、小学生が家に持って帰ったチラシを見た家族の方から、ゆかたのリクエストをいただいていました。

そのゆかたと一緒に、以前に物資としていただき、納屋に置いたきりになっていた大量のお皿セットや鍋を持っていってもらおうと、一緒に残ってくれたちかこさんと一緒に大量のダンボールを家の中に運び入れました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 静けさのなかにも

実際にゆかたをとりに来ていただいた方に話をきくと、お皿や鍋は必要とのことで、たくさん持って行っていただきました。
現在10人で住んでおり、お皿や鍋が足りず、津波でながされた家の中からお皿を探して洗って使っていたり、とりあえず100円均一で買ったお皿を使っているとのこと。

この方は、仮設住宅ではなく、民間の賃貸の家に住んでいるそうですが、物資がほとんど届かず、いちから全部買いそろえなくてはならない負担を話しておられました。

このような現状を聞くことはとても大事だと思いました。

明日も、引き続きお皿セットやなべをお渡しします。

 

(河北VC かいじゅう)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz