今日と明日、石巻地域の最大のお祭りである、石巻川開き祭りが開催されます。
このお祭りには、石巻市で活動するボランティアも協力しています。

本日は、朝から石巻駅前広場にて、川開き祭りの事前準備を行いました。

最近続いている不機嫌な天気を吹き飛ばすような数のひまわりと、石巻市民やボランティアが心をこめて描いたひまわりの絵をばーんと展示しました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 灯籠流し

午後は、夜に行われる燈籠流しの会場で事前準備を行いました。
ボランティアを中心に、大切な燈籠を丁寧に組み立てました。
休憩中も、本番のためにミーティングが続きます。

そして、本番。
1万個の燈籠を、ボランティアが手渡しでリレーをして運び、流していきます。

東日本大震災ボランティア RQ河北 灯籠流し

東日本大震災ボランティア RQ河北 灯籠流し

東日本大震災ボランティア RQ河北 灯籠流し

燈籠の一部には、事前に市民の方に、亡くなった方のお名前を書いていただいていました。
順不同に置かれたたくさんの燈籠の中から、その燈籠を探し出されたご家族の方もおられたそうです。本来はボランティアが流すことになっていた燈籠ですが、そのような場合には、ライフジャケットを着ていないその家族の方をボランティアが支えながら燈籠を流してもらったそうです。

他にも、亡くなったおばあちゃんの燈籠を流したいと一人でやって来た子どもさんがいたり。

また、強風の為に並んでいたたくさんの燈籠が倒れてしまったのを、元に戻すのを手伝ってくださる市民の方がいたり。

 

普段のがれき撤去作業では感じられない、心の奥に来るものを感じられた、と今日参加したボランティアが話してくれました。

それぞれの思いが、どうか届いていますように。

東日本大震災ボランティア RQ河北 灯籠流し

そして、今日は19歳のななちゃんが、燈籠作りのリーダーと、燈籠流し陸上の統括をがんばってくれました。大役、おつかれさまでした。

 

(河北VC かいじゅう)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz