こんにちは。文教大学文教ボランティアズ3年
松本佳奈です。以前もブログを書かせていただきました。

今回は私にとっては4度目の河北となります。
3月の終り頃よりRQには多くの文教生がお世話になっています。
みな、たくさんの経験をし、多くのことを学ばせて頂き、本当に感謝しています。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

さて、今日は石巻専修大学での石巻災害復興支援協議会のボランティアミーティングに同行させていただきました。

ミーティングには震災から1カ月頃に一度参加させていただきました。
その頃に比べるとみなさんの表情や報告内容に変化がありました。

私が初めて行ったミーティングでは泥出しやイカバスターズ(水産加工業者のイカの処理)等の作業の話が中心だったのに対し今回のミーティングでは主に仮設住宅における交流の場の提供や移送ボランティア、お祭りやキャンプの報告など、心のケアの話題が多く物理的な復旧と合わせて精神ケアに携わる団体さんも増えてきていることが分かりました。

もちろん、泥出しや漁具回収作業などの作業もまだまだ人手が必要だということも分かりました。
また、まだボランティアの手がいきわたっていない地域もあるということもわかりました。

今回、石巻災害復興支援協議会のミーティングに参加させていただき本当にたくさんの人が東北の復旧・復興に関わり、そして確実に復旧・復興へと進んでいると強く感じました。

・・・・・・・
帰りには、他のボランティア団体さんがやっている仮設銭湯によっていただきお風呂に入ってきました!!

東日本大震災ボランティア RQ河北 ミーティングからの…

中に入って、ホテルにある大浴場のようで本当にびっくりしました!^^
湯船につかりながらゆっくりおしゃべり出来るくらいの湯加減で気持ちよかったです。

東日本大震災ボランティア RQ河北 ミーティングからの…

あそこも住民の方々同士やボランティアさん達の交流の場や癒しの場になっているのだろうなあとちょっと幸せな気分になりました。

長々と読んでいただきありがとうございました!
RQのみなさん、今後とも、文教ボランティアズをよろしくお願い致します。

 

神奈川県 文教大学国際学部 
文教ボランティアズ3年
松本佳奈

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz