はやいもので、今日から9月です。
さっそくやってきた台風の影響で今日は昼前から大雨。ここ数日は雨が続きそうです。

さて、今月からRQ河北は、仮設住宅での支援を始めます。
足湯ボランティアや、お茶をしながら入居者の方同士が交流できるようなサロン活動を考えています。

8月のはじめに、日本財団の方に足湯の講習会をお願いしてから、期間があいてしまったので、今日はまず、ボランティア同士で講習会を行いました。

おしえてもらった要領で、まずお湯をわかして、

東日本大震災ボランティア RQ河北 足湯部隊始動!

足はお湯につけたまま、手と腕をもみほぐします。

東日本大震災ボランティア RQ河北 足湯部隊始動!

今日は、一番最初のお客さまとして、日ごろお世話になっている地域の方々に来ていただきました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 足湯部隊始動!

うれしいことに、たくさんのお客さま。足湯が終わったあとのお茶っ子ももりあがっていました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 足湯部隊始動!

こんな輪が、仮設住宅の集会所でも見られればいいなと思いました。

仮設住宅で足湯を行う大きな目的は、入居者の方の「つぶやき」を聞くことです。
じつは、こんなことに困っているとか、こんなものがあればいいのに、という声です。

明日がはじめての仮設住宅での足湯活動。
少し緊張しますが、どんな方に出会い、お話ができるかを楽しみに、伺いたいと思います。

 

(河北VC 海住)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz