こんばんは^^
文教ボランティアズの前嶋です。
今回は私がブログを書かせていただくことになりました。
よろしくお願いします。

今日の活動は牡鹿半島鹿立浜の作業と、津波でながされた写真の洗浄とアルバム作成に携わり、持ち主に返すために展示していくといういわゆる「思い出」という作業のふたてに分かれての活動でした。

私は鹿立浜に行き、朝から公園に置くための看板作りと午後からは畑づくりに励みました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 心をつなぐ

東日本大震災ボランティア RQ河北 心をつなぐ

復興支援に携わる身として大切なことはそこに住んでいる人達の事を一番に考えること。目的を持って行動すること。

長くボランティアとしてここ宮城県石巻市に尽くしてきた方々のお言葉です。

私はその言葉にひどく心を打たれました。
人は人のために動こうと決めた瞬間が一番輝く瞬間だと思います。目的を持たなくなった人間はいくらでも手を抜きます。人の心は人に伝わります。またその心はひとを動かします。これはボランティアに限らず、全ての物事においてどうようのことが言えると思います。

与えられた仕事をただ淡々にこなそうと考えていた私は自分がいかに今まで軽率な気持ちでいたのか自覚し、羞恥の気持ちでいっぱいになりました。

わたしの心は河北にいる方々の心に訴えかけられました。
私もそのメンバーの一員として
責任を持って明日も活動していきたいです!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz