今日は、10月に入って最初の仮設住宅での活動でした。
9月は足湯活動を行ってきましたが、10月からは毎週木曜日にいも煮会を始めました。

今月から、まきばフリースクールのみなさんと一緒に活動をします。

さて、今日は雄勝町大須小学校にある仮設住宅におじゃまをしました。
まずは、野菜など具材を切り、屋外のコンロでぐつぐつと煮始めます。

東日本大震災ボランティア RQ河北 いも煮会、始めました。

じつは、みんないも煮を作るのは初めて。
味付けもしんちょうです。

 

今日は、談話室に11人の方が足を運んでくださり、いも煮ができるまでの間、お茶を飲みながら、会話がはずんでいました。

これまでと違っていたところは、まず談話室の鍵の管理が総合支所からこちらの住民の方に移っていたこと。
まだ仮の管理者とのことですが、今回のいも煮会でも住民の方に呼びかけてくださったり、長机を持ってきてくださったりと、他の住民の方のことを考えて動かれていました。

そして、これから週に1回はこのようにみんなで談話室に集まって話をしようと呼びかけていらっしゃいました。それが軌道にのるまでのお手伝いができればと思います。

 

さて、心配していた、いも煮の出来上がりは・・・

東日本大震災ボランティア RQ河北 いも煮会、始めました。

みなさん、おいしいと言って食べていただけました。
宮城風味噌味と山形風しょうゆ味の食べ比べということで、2杯ずつ。
やはり味噌味の人気が高かったようです。

残った分は、夕食用に各自鍋に入れておみやげに。

今日は雨が降ったりやんだりで肌寒かったのですが、みんなでいも煮を食べて、少し汗ばむほどに体が温まりました。
みんなで食べるとおいしいねという声をきいて、心も温まりました。

 

(河北VC 海住)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz