今日は、仙台から来てくれたネイリストのふみさんと一緒に、雄勝町大須の仮設住宅に行ってきました。
いつもは自転車で地域をまわって活動してくれていますが、今回は一緒に仮設住宅を訪問しました。

今日は、ハンドマッサージとネイル、そしてお茶会です。
11時頃から少しずつ女性の方が来てくださいました。

1対1で向かい合ってハンドマッサージをしていると、いろいろと心の内を話してくださるのだそうです。
アメリカで看護師をしているボランティアのトシエさんも、ハンドマッサージをしてくれました。

今日来てくださったみなさんが選んだネイルの色は、落ち着いた色でそれぞれによくお似合いでした。

東日本大震災ボランティア RQ河北 元気のもと

なかには、まだ仏事が続いていて、派手な色は選べないという方もいました。

きれいになったご自分の指さきを見て、みなさん明るい表情をされていました。
女性にとって自分をきれいにすることは、気持ちを元気にすることにつながるのだと感じました。

雨で家に残っていらっしゃる方が多かった先週にくらべると、来て下さった人数は少なめでしたが、たくさん、いろんなお話をして行ってくださいました。
家族のお話から、地震当日のお話、みなさんが今過ごしている仮設住宅のある場所を昔、だんなさんと一緒に開墾したというおばあちゃんのお話。

みなさんが、この土地に生きてこられた長い年月に思いを馳せました。

また次回、どんなお話ができるか楽しみにしています。

 

(河北VC 海住)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz