今日は、雄勝町立浜の仮設住宅にて、芋煮会を行いました。

 

まずおじゃまして、目にとまるのは、家の前でホタテ養殖の作業をしていらっしゃる方がいることです。
今月末に北海道から稚貝が届くのだそうで、ロープにほたて貝をつり下げるための、返しのついたピンを、機械を使って等間隔でロープに差し込んでいました。

 

そのまわりで、男性の方が数人、囲むように座って会話をされています。

 

芋煮の準備を始めると、少しずつ集まってきてくださって、ビールケースと板で即席のテーブルを作ってくださいました。椅子を並べて、出来上がるまでまずはお茶っこです。

 

具材を煮込んでいると、一人のおかあさんが、ご自分の作っているきのこを使ってと言いにきてくれました。
仮設住宅の裏を見に行くと、立派なきのこが!
RQ河北 仕事のお昼休みに、芋煮会

 

土の上で作れるきのこを、もう6年も栽培しているのだそうです。
せっかくなので、芋煮に使わせていただきました。

 

芋煮ができあがると、まず、待っていらしゃった10人くらいの方がテーブルを囲み、
そのあと、海岸に養殖の仕事で出ていた方が少しずつ来てくれました。
RQ河北 仕事のお昼休みに、芋煮会

 

海岸に出ている女性の方にも「お昼帰ってきて、こうやって食べるものあるとうれしい」と言っていただきました。

 

早朝から夕方まで、ご自分の作業と共同の作業を両方されているそうです。
するべき仕事を持っていらっしゃる方が多く、静かながらも活気を感じました。

 

みなさんが、海岸での仕事に戻られたあと、静かになって、片づけをしていると、今日お世話になった一人のおかあさんが戻って来られました。
そして、私たちに震災当日や避難所に移るまで道がふさがれていた9日間、そして、避難所での生活で感じていたことなどを話してくれました。

 

今まで聞くことのなかった、直後の様子。避難所では、これからどうなるのか不安で夕方になると涙をながしていたこと。

 

話をされながら、目には涙が浮かんでいました。
「ここはみんな被災した人だから、まわりの人とあまりそういう話はできない」と。

 

外からきた相手だから、話せることもあるのかもしれないと感じました。
また来たいと思います。

 

 

(河北VC 海住)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz