先月、雄勝町名振の旅館で家財の運び出しなどのお手伝いをしましたが、そちらのお母さんから別のお家の作業を紹介していただき、今日も名振まで行ってきました。

 

この家の方の家屋が津波で全壊してしまい、取壊しが正式に決定したため、
家財道具や荷物などの運び出しが本日の作業内容。

 

まずは庭先にあった家財道具等の運び出し作業。
海水を含んだ畳などを運びます。
RQ河北 キレイになりました!

RQ河北 キレイになりました!

 

2階の家財道具等も運び出しました。
被災者の方の思い出の品等と海水に浸かって使えない物とを慎重に分けながら作業を進めていきます。
RQ河北 キレイになりました!

 

肉体労働のため1時間毎に休憩を取りながら作業を進め、午後から最後に1階の清掃を行いました。

 

本日のボランティアスタッフは計6名。
庭先、1階、2階に多くの家財道具等がありましたが、大体6時間程で作業を終えることができました。
RQ河北 キレイになりました!

 

震災からすでに8カ月が経過した現在でも、こういった清掃ボランティアの手を必要としている被災者の方がいること、残念ながらあまりニュースでは報道されていません。
私自身、今日現場に入るまで知りませんでした。
これから本格的に寒さが厳しくなる東北。
一日でも早く、通常の生活が戻りますように。

 

 

(RQ河北 武市)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz