初めてブログを更新します飯島・中島です☆

今日は立浜の仮設住宅で約一か月ぶりの足湯を行い、お茶っこなどでお話し好きのお母さん方と楽しい時間を過ごすことが出来ました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 仮設住宅でみつけた絆
(午前中の練習風景です。)

その中でも特に元気なお母さんはご自身でしめじの栽培をされているらしく、大きなしめじを持った写真を見せて頂きました。
震災でアルバムが流されてしまったので、これから作る新しいアルバムの一枚にしていただけるよう、最後にみんなで集合写真を撮りました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 仮設住宅でみつけた絆

お母さんのお話の中で、震災にあったことで「縁と絆と愛」を大切にしたいと再確認したんだ~という言葉がとても印象に残りました。
今まで何回か河北に足を運んだ中でも、様々な方と出会い、沢山のことを学ばせてもらい、今回も深い言葉をいただきました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 仮設住宅でみつけた絆

沢山お話して頂いた後には新鮮で大きな鮭をいただき、夕飯にみんなでおしくいただきました。ちなみにメニューは、チャンチャン焼き・鮭のあら汁・これまた頂き物の大根とチキンの煮込みと超豪華!
明日からの活動にも精がでます!

東日本大震災ボランティア RQ河北 仮設住宅でみつけた絆

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz