石巻市雄勝町は、硯が有名。

雄勝硯と言われ、その歴史は古く600年前の室町時代から作られているそうです。
国の伝統工芸品にも指定されています。

原料となる石の生産量は、全国の天然すずり原石の90パーセントを占め日本一です。

5月3日・4日の両日。その雄勝町に行き、津波で流された石や硯の回収を手伝わせていただきました。
がれきとして処分される前に、再利用可能なものは極力回収しようというこのプロジェクト。
今回も他の団体さんとタッグを組んでの作業となりました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 すずり石回収プロジェクト

↑中には、すずり自体はじめて見るのではないかと思われる外国の方も!

 

がれきに埋もれた硯を回収する作業は、途方も無い作業のように思われましたが、
やはり人の力は絶大。驚くほどのペースで回収は進みました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 すずり石回収プロジェクト

↑一面の硯です。でもボランティアは、たとえがれきに埋もれていても、
一つ一つを作品として丁寧に扱っていました。一つでも多く再利用してほしいですからね。

 

なかには、重さ500kg・長さ156.5cm・幅76cmの日本一大きいすずりもあります。

東日本大震災ボランティア RQ河北 すずり石回収プロジェクト

ここにはすずりばかりではなく、スレートもあります。
ここでは壁材に使われていましたが、同様のものが東京駅の屋根に使われているそうです。
東京駅の屋根材は、石だったんですね!

東日本大震災ボランティア RQ河北 すずり石回収プロジェクト

今回集めたすずりが、いつか皆さんの町のお店にも届くかもしれません。
すずりをご購入の際には、ぜひ雄勝硯を!

私は書道を中学校以来していません・・・。
でも知人が硯を購入するという話を聞いたら、積極的にお勧めしたいと思います!
(知人が硯を買うという話を聞くこと自体、かなり稀だとは思いますが・・・。)

 

(by河北ボラ 剣持)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz