今回は桑原が担当させて頂きます。

本日は石巻市総合運動公園「おらほ復興市」に参加しました。

おらほの復興市とは地元の方が中心となって地域を元気にするお祭りで、
各ボランティア団体もお手伝いさせて頂きました。

RQの出店はビニールと竹ひご製の「ぐにゃぐにゃたこ作り」。
子供達が好きな絵を書いて笑顔と一緒に飛ばして欲しいという願いを
込めています。

 

前日は雨と強風によりテントを建てることができず、
天幕を張って脚を畳んだ状態で作業中止。

一晩明けた早朝は激しい雨音で始まった。
天気予報を確認すると復興市の開始時間に合わせて天候が回復するという予報。

会場入りした時は、土砂降りの中でテントや各ブースの設営を手伝います。
設営作業が終了する頃には雨も上がり、遠くに青空が覗く中で復興市が始まりました。
RQのブースはバルーンの花を飾って子供達を歓迎します。

開場直後から人出があり、11時頃までは順調でした。

東日本大震災ボランティア RQ河北 笑顔が飛んだ復興市

作った凧は隣にある芝生広場で空へ。
大空に舞う凧が増え始め、凧を見た子供達がブースに来ます。

東日本大震災ボランティア RQ河北 笑顔が飛んだ復興市

正午を過ぎる辺りで急に人が増え始め、凧作りのスペース確保に連携しながら
対応します。

東日本大震災ボランティア RQ河北 笑顔が飛んだ復興市
東日本大震災ボランティア RQ河北 笑顔が飛んだ復興市

おらほの復興市は15時終了予定でしたが、1時間程前に凧の材料が無くなって
凧作り教室は終了。
たくさんの笑顔が青空に舞った復興市。
地域の復興が進むことを願わずにはいられない一日でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz