本日の河北では、しとしと雨の降る中、12人で石巻市内の工場の片付けをしました。

こちらの工場は、3月11日の津波で生産設備や工場建屋、事務所が流されてしまい、
今は骨組みだけが残っています。

本日の作業は、工場敷地内に堆積したヘドロを掘る泥かきと、
流れ着いた瓦礫やゴミの撤去です。

東日本大震災ボランティア RQ河北 石巻市内泥かきとたこ焼き

東日本大震災ボランティア RQ河北 石巻市内泥かきとたこ焼き

東日本大震災ボランティア RQ河北 石巻市内泥かきとたこ焼き

工場の専務さんが教えてくれました。
「石巻市内は、震災直後、10日間停電、2週間断水、ガスは1か月止まっていた。
 みんな風呂に2週間入っていなかった。」
今も、工場がある地区は、電話回線も下水道も止まったままで、
住める状態ではないということです。

震災から8カ月が経ったにも関わらず、いまだに片付いていない場所があることに
正直驚きました。工場の専務さんも再建に向けて戦っていらっしゃいます。
スコップで堆積した泥を掘り起こすと、魚が腐敗したような鼻をつく臭いが
いまだに臭ってきます。復興はまだまだ完了していないと感じました。

明日も今日と同じ工場に行くので、工場の方の力になれるように
頑張って片付けます。

東日本大震災ボランティア RQ河北 石巻市内泥かきとたこ焼き

東日本大震災ボランティア RQ河北 石巻市内泥かきとたこ焼き

*****

夜は、関西出身の方が、持参したMyたこ焼き鉄板を使って
みんなにたこ焼きを振るまってくれました!

東日本大震災ボランティア RQ河北 石巻市内泥かきとたこ焼き

夕飯のキーマカレーをおかわりしたのに、みんなたこ焼きを食べる食べる。

今日夜のミーティングでは、こんな声が聞かれました。
・RQが復興支援ボランティアに参加する敷居を下げてくれた
・週末のみの参加を受け入れてくれるRQに感謝している
・ボランティアに参加して地域の方にお会いしてこちらが癒される

ボランティアへの思いは人それぞれです。
こうして様々な思いを持つ人との出会いがRQの良さだと思います。
ありがとうございました。

 

(河北VC 水野)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz