先日から引き続き、マッドバスターズは雄勝地区で任務遂行中です。

昨日スタッフの撮影した写真の中に、「人のちから」を感じさせる写真があったので紹介します。

こちらが作業開始時↓

東日本大震災ボランティア RQ河北 人のちから
東日本大震災ボランティア RQ河北 人のちから

こちらが作業終了時↓

東日本大震災ボランティア RQ河北 人のちから
東日本大震災ボランティア RQ河北 人のちから

これは同じ日に撮った写真です!
マッドバスターズは、トヨタ自動車さんのチームと協力して作業を行いました。
両チームの協力の源である「同じ目的」。それを持った人たちが集まったときの、
「人のちから」を感じさせてくれる写真です。

そして今日のボランティアセンター。
昨日・今日とマッドバスターズで活動してくれた、禎 一馬(てい かずま)さん。
実は徳之島出身のプロの歌手だったんです。
オフィシャルサイト → http://teikazuma.com/   

今日はボラセンに戻った後、急遽住民の方たちを前にライブを行ってくれました。
伝統楽器「三線」を奏でながら歌う曲は、
オリジナル曲あり。涙そうそうあり。島んちゅぬ宝あり。
優しく、そして力のこもった歌声は、私を含め多くの方の心に響きました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 人のちから

そして昨日からここに来てくれた、理容師のコウガさん。
今日は近くの避難所に行って、10人以上の方を散髪。
ボラセンに戻ってからも、地域の方から長期滞在のボランティアまで、
さらにたくさんの方の散髪をしてくれました。
散髪を終わった方は、皆さん笑顔。
彼女も多くの方に喜んでいただいたことに、喜びを感じていた様子。
最後も疲れを見せず、素敵な笑顔を見せてくれました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 人のちから

何かしようとする想いがあるときの「人のちから」ってすごい!
作業を効率的に進ませ、人の心を感動させ、多くの笑顔を引き出す。
全部「人のちから」。
何より私がジーンときた一日でした。

 

(by河北ボラセン 剣持)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz