本日マッドバスターズは、雄勝地区水浜に出動!

漂着物を片付けて漁師さんの作業場作りや林の清掃活動、
民家の家財搬出や側溝清掃などさまざまなミッションに取り組んでいます。

一日にこれだけさまざまな活動を行うには、
多くの方にボランティアに参加していただくことが必要です。
本日も私たちは、36人で活動することが出来ました。

今、この人数確保に大きく協力してくださっているのが、
企業や団体さんです。

本日の36人のうち、23名は全日本通訳案内士連盟(JFG)の皆さん。
暑い中、昨日今日とがんばって作業をしてくださいました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 企業との連携

そして、私たちRQとJFGをつないでくれたのが、
日本旅行の有志からなる、「新橋義援隊」

新橋義援隊のブログ
http://blog.goo.ne.jp/shimbashi_gientai

新橋義援隊は、4月15日から毎週金・土・日とこちらに来て私たちと活動しています。
ただし彼らは他のボランティアとは違い、ボランティアセンターには宿泊しません。
秋保などの温泉旅館に宿泊しています。
なぜか?
彼らにとっては、旅館に泊まることもボランティア活動の一部なのです。
キャンセル等が続く旅館に少しでも協力できればと、
あえて旅館泊をしています。
さすが旅行会社有志!素敵です。

そして昨日まで活動してくださったのが、
カメラ等で有名な「オリンパス」の皆さん。
11名で谷地地区に入り、津波によりつぶされたビニールハウスの解体などを行いました。

2日目作業開始時の写真です。まだ、骨組みが残っています。

東日本大震災ボランティア RQ河北 企業との連携

3日目終了間際の写真です。きれいに片付きました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 企業との連携

今の時期、多くの方には仕事があります。学生には学校があります。
それはもちろん大事。
そういった中で、企業や団体さんが積極的に活動に参加していただけると、
体力のある世代の方が、たくさん来るきっかけになります。
それにそこから情報発信していただければ、新たなボランティアさんが足を運ぶきっかけになります。
本当にありがたいです。

企業や団体さん大歓迎です!
たとえば町の有志が集まって・・。友人同士で集まって・・。というのもうれしいです。
行き先に迷ったらRQ河北ボラセンへ!お待ちしています。
受け入れ態勢は整ってます。
また、団体で参加された方で、次回は個人で来たいというのも大歓迎。
RQのHPを通じて、河北ボラセンに連絡ください。

PS.明日(21日)は東京本部の説明会。新宿御苑で行われる「ソトコト」のイベントに行きます。
もしこちらを読んでくださっている方がいれば、声かけてください。
質問等あれば、何でも答えます!

 

(by河北ボラセン 剣持)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz