昨日仙台駅からの路線バスについて紹介しましたが、
本日早速バス移動の方がいらっしゃったので追波川運動公園バス停に迎えに行きました。

バス停に着くと、あれっ?

 そこにいたのは、土曜日の東京本部説明会で、説明会終了後に私に声をかけてくれて、
こっちの状況や持ち物などについてお話したカトウさんでした。

 正直ものすごくうれしかったです。
先日禎さんのことを紹介したブログ(「人のちから」5月17日)のコメントで、
ミッチャンがうれしくなった気持ちが、ものすごくわかりました!
 石巻から群馬経由で東京に行ってよかった~。
早速カトウさんは本日、谷地地区で大活躍です!

今日の谷地地区の作業の様子↓
オリンパス第2陣チームと共同作業で、畑の漂着物撤去を行っています!

東日本大震災ボランティア RQ河北 つながり

埋もれた漂着物も丁寧に掘り返して回収

東日本大震災ボランティア RQ河北 つながり

大きなアスファルトは、砕きながら運び出します。

東日本大震災ボランティア RQ河北 つながり

それと・・・。
 ブログを読んでくださった方からまれに、ブログを書くのにどのくらい時間をかけてるの?
と、聞かれることがあります。

 実は結構かかってます。文章力があるわけでもないので・・・。
でも、ここでボランティアが一日作業する時間よりは、かなり短い。
 このブログを読んで、河北入りを希望する人が一人でも増えているとしたら、
これを書いている意味はあると思っています。

 

 行動すれば、何かしらの結果が戻ってくる。
前から好きだった本田宗一郎の言葉
「チャレンジして失敗することを恐れるよりも、何もしないことを恐れろ。」
常に前を向いて行動していきたいものです。
身の回りの環境が許すのであれば、ぜひボランティアにチャレンジしてみてください!!
私は身を持って体感しましたが、何か得るものはあると思います。

 

(by河北ボラ 剣持)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz