ボランティアにきたら、一日どのように動くのだろうか?
皆さん疑問をもたれる部分だと思います。

今回は、河北ボラセンの一日を紹介。
河北ボランティアセンターに来られる方は参考にしてください!
(尚、これは一般的な例です。早く作業に出たり、遅く作業に出たり、
天気やメンバー数によっても日々変わります。現地では、臨機応変に対応してます。)

一日のスケジュール

7:00
朝食
 ご飯とお汁は用意してあります。
 おかずは昨日の残りや、各自持参したものを食べています。

昼食準備
 おにぎりのご飯はまとめて炊いておきます。自分のおにぎりは自分で握ります。
東日本大震災ボランティア RQ河北 河北ボラセンの一日

準備
 各自の装備を準備したら、全体備品(スコップや一輪車等)を協力して積み込みます。

掃除
 日頃使わせていただいているセンターをお掃除。
 特に係は決めていませんが、皆さん時間があれば積極的に掃除してくれます。
東日本大震災ボランティア RQ河北 河北ボラセンの一日

8:00
朝のミーティング
 当日作業の最終確認。配車などを行います。
東日本大震災ボランティア RQ河北 河北ボラセンの一日

マッドバスターズ出動
 ちなみに本日は谷地地区で、ブロック塀の解体。
 暑い中、皆さん重労働に汗を流します。

ブロックをハンマーで細かく砕きながら、運び出します。
東日本大震災ボランティア RQ河北 河北ボラセンの一日

作業後は、見違えるほどきれいになりました。
東日本大震災ボランティア RQ河北 河北ボラセンの一日

全体を写しました。建物沿いにあったブロック塀がきれいになくなりました。
手前に見えるブロックの山が、今日撤去した塀です。
東日本大震災ボランティア RQ河北 河北ボラセンの一日

15:00
作業終了

16:00
マッドバスターズ帰還
 帰ってくるとこの笑顔。文教大学第6陣も本日合流しました。
東日本大震災ボランティア RQ河北 河北ボラセンの一日

片付け
 全員で個人や全体装備を片付けます。水洗いして整理整頓。
 次の日の出動に備えます。
東日本大震災ボランティア RQ河北 河北ボラセンの一日

夕食準備
 夕食は個人で用意するのではなく全体で作ります。そのほうが効率がいいので。
 皆さんで協力して準備をします。
東日本大震災ボランティア RQ河北 河北ボラセンの一日

入浴
 希望者はお風呂に行くことも可能です。
 近くの道の駅にある日帰り温泉に行きます。車がない人は乗りあわせで。
 時にはご近所の方のご好意で、お風呂をお借りすることも・・。

18:00
夕食
 18:00から20:30の間に、各自夕食を済ませます。

19:00
夜の勉強会
 地元中学生・高校生が数名来てお勉強。
 先生役は、ボランティアの皆さんです。
 お勉強は教えられない・・・。なんて遠慮は無用です。ぜひ先生役をお願いします。
東日本大震災ボランティア RQ河北 河北ボラセンの一日

 人生経験豊富な皆さんのお話、いろいろな地方から集まった皆さんのご当地自慢も、
 子どもたちは楽しみにしています。

20:30
夜のミーティング
 翌日の予定の確認は当然ですが、皆さんが気になったことなど意見交換をします。
東日本大震災ボランティア RQ河北 河北ボラセンの一日

フリー
 各自の体調に合わせて、就寝時間は自由です。
 ミーティング後すぐにお休みになるのもOK、
 皆さんとコミュニケーションをはかるのもOK。
 次の日の作業に支障がない程度でお願いします。

 以上が一日の流れです。
今紹介したのは、マッドバスターズの流れ。でもマッドバスターズだけではないのです。

今日も、次の作業箇所を探して北上・雄勝・牡鹿と現地調査を行っているチーム。

センターに残り、お茶を飲みに来た方のお話相手や、物資配布の手伝い。
夕食の下ごしらえを行ってくれる方

いろいろな方が協力してセンターの運営が成り立っています。
私も・・・。
本部や各ボラセンとやり取りしたり、イベントの調整。
新しく来たボランティアさんのオリエンテーションなどをしています。
東日本大震災ボランティア RQ河北 河北ボラセンの一日

慣れないパソコンとにらめっこしている時間も多く、
先日小学生に、「パソコンのおじさん」と言われてしまいました。
せめて、お兄さんにしてほしかった・・・。

 

(by河北ボラ 剣持)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz