総務の仕事にも徐々に慣れた…と思いたい。そんな荒納です。

先日オープンしたばかりのみんなのとしょかん。
初めての貸出利用者は、夜の勉強会に来てくれている中学生の子たちでした。
なんだか彼らの中で図書委員のようなるものも存在しているようです。
返却された本をノートに書いて、済みのハンコを押す姿はとっても頼もしい!

東日本大震災ボランティア RQ河北 週末は遊び場所

小学生の男の子もさっそく漫画やおもちゃで楽しそうに遊んでいました。
おりがみでかぶとむしとくわがたを作ってあげるととっても喜んでくれました。
お家でひもをつけて散歩させたいそうです。
駅のホームの上に乗せて、ムシ駅となずけていました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 週末は遊び場所

午後からも、2・3歳の小さな子から中学生まで地元の子どもたちが遊びにきていて
かわいらしい声がそこら中に響いていました。
中には歌い声もあって、小学生の子がSPEEDを熱唱していてびっくりです。
(…私が小学生の時、流行っていて当時大好きだった記憶があります。)

今日は天気がとってもよかったので、途中からは外遊び開始!
サッカーや回るブランコ、バドミントン、シャボン玉…遊びはそれぞれ。
思い思いの時間を過ごしてたようです。
私も誘われてサッカーに参戦してきたのですが
現場での作業とはまた違ったガッツが試されました。
久しぶりに走り回って、とても気持ちのよい汗をかきました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 週末は遊び場所

マッドバスターが主な活動の河北ですが、本とおもちゃが増えて
週末は遊びにくる子どもたちの遊び場になっていて、とってもにぎやかでした。
そして、子どもたちのお母様方が私達の晩御飯を作ってくださいました。
本当にありがとうございます。

楽しそうに笑って、走り回って、今どきなガールズトークをしている子どもたちを
見ていると、ふとここがどこなのか忘れてしまいそうになります。
剣持さんに初めに言われた「地域の方々の優しさに答えて欲しい。」
毎日いろんな形で頂く優しさや気持ちに行動で答えたい、
と、改めて全身で感じた1日でした。

 

最後に、特に週末にボランティアに来ようと思っていらっしゃる方にお願いです。
現在車がたりません。
作業の現場までは車で向かうため、公共交通機関でいらっしゃる方が増えると
移動手段を考えるだけで、慣れない新・総務は6+7が出来なくなるくらい
思考回路がものすっごい勢いで急降下します。
なので都合がつく方は、車で来ていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。
あ!車でなければ来てはいけない、という事ではありませんよ。

 

(河北総務 荒納)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz