以前から地域のみなさんにチラシなどでお知らせしていた、オリンパスさん主催の「わくわく科学教室」が昨日RQ河北ボランティアセンターで開催されました。

 今週は、オリンパス第5陣のみなさんが谷地地区の作業に参加していますが、昨日は作業後夕方6時から教室が始まりました。

 万華鏡を作るコーナーや、立体映像を見るコーナー、カメラオブスキュラという、虫めがねを使って紙の上に結像させる装置を作るコーナーなど、光を駆使した体験コーナーを子どもたちが順番にまわりました。
 なかでも一番人気は、顕微鏡を使って小石の中に隠された小さい宝石を探す、宝石さがしコーナー。探しあてた宝石がもらえるとあって、子どもだけでなく大人の方も熱中しました。私も挑戦させていただき、われを忘れて宝石さがし。人間、欲が出ますね。

東日本大震災ボランティア RQ河北 わくわく
東日本大震災ボランティア RQ河北 わくわく

ボランティアさんたちも体験させていただきました。
この日来てくださったお客様は25名でした。

 

 この前日、14日は近くの避難所でも開催したこの「わくわく科学教室」。RQのメンバーは風船コーナーを出店。この日は約50名の方が来てくださいました。そのうち、半分は大人の方で、「楽しかった」と言って笑顔で戻って行かれる様子が見られました。
少しでも日常とはちがう「わくわく」を感じてもらえたのならうれしいです。

 

(河北総務 海住)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz