この日の作業は以前も活動した牡鹿半島の小渕浜です。
牡蠣の養殖に使うほたての貝の選別を2日間かけて行いました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 百か日
東日本大震災ボランティア RQ河北 百か日
東日本大震災ボランティア RQ河北 百か日

普段はマッドバスターズとして瓦礫や泥出しをしていますが
こうした地道な作業も必要とされています。

東日本大震災ボランティア RQ河北 百か日

作業前、ほたて貝の山

東日本大震災ボランティア RQ河北 百か日

作業後、きれいになりました。

 

元の養殖状態に戻るには3年もの月日がかかるそうです。

 

震災百か日にあたる6月18日、河北では14:46の作業中に黙祷をし
夜ににはボランティア全員が花やキャンドルを持ち黙祷をしました。

それぞれの思いがつまった花は後日、全員を代表して1人のボランティアが
大川小学校へと献花をしに行きました。

東日本大震災ボランティア RQ河北 百か日

東日本大震災ボランティア RQ河北 百か日

さまざまなボランティアが集まっていますが、
みな思いはひとつです。

 

河北総務 荒納

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz