昨日は前日とはうってかわって、雨模様。
海岸清掃の作業は中止となり、行くはずだったメンバーで6月末のボランティアセンター引っ越しにむけて、掃除や片づけを行いました。

そんな雨の中、予定通り出発したのは、北上町での作業チーム。木工所で泥をかぶった木材や襖、障子をきれいにする作業に出かけました。洗浄するには、雨で全体を濡らした方が好都合とのこと。

東日本大震災ボランティア RQ河北 雨の日の作業

東日本大震災ボランティア RQ河北 雨の日の作業

無事、2日間の作業を終えました。

 

RQ河北では、6月の中旬から北上町の作業に入っています。以前に一度、作業に入ってからは久しぶりです。作業に入った家の紹介で、次の家の作業に入るというふうに、少しずつニーズがあがっています。周囲の家は徐々にきれいになっても、高齢者を含む女性2人暮らしのお宅で、人出がなくて庭の泥出しや片づけができなかったという家もありました。今後、ニーズを拾っていきたいです。

 

今後、雨の日の作業として、河北ボランティアセンターのすぐ近くの施設で行われている、写真などの思い出の品の修復作業に参加できないかどうか調整中です。
雨の日に問わず、今後ボランティアさんが増えると予想される夏休みの時期にも、このような作業に入ってもらったり、仮設住宅での地域サロンづくりや、公民館で子どもたちと遊んだり、移動図書館を出動させるといった活動を考えています。
これまで主に、マッドバスターズとして活動してきたRQ河北ですが、今後、状況やニーズの変化に伴い、このような体力仕事以外の活動も行っていくことをご理解ください。
体力に自信がなくても、このような活動に関心がある方、ぜひお待ちしております。

 

(RQ河北 海住)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz