(11月16日の日記です)

小泉のがれきの撤去に5人で行ってきました。
天気は気持ち良いくらいの晴れでした。
小泉では、震災から日が経って生えてきた草を抜いてから、重機では取りきれなかった小さな漂流物を拾いました。
 

 
午前中は鎌を片手に沢山の草を刈りました。刈った草を集めると小さな山がいくつも出来ました。綺麗になった場所を見ると達成感を味わえました。
皆で真剣に作業をしつつも話しながら和気あいあいと楽しく作業しました。手も動かし、口も動かし忙しかったですが、楽しく作業を進める事が出来ました!
 

 
昼は海が一望できる公園でご飯を食べました。風が強かったですが、天気が良かったのでとても気持ち良かったです。素敵な時間を過ごすことが出来ました。
午後は、がれきを拾い分別しました。様々な漂流物が出てきました。まだまだ、がれきが残っているということが分かりました。アルバムが出てきたので、持ち主の手に届けばいいなと強く思いました。
 

 
まだがれきが残っているので、この作業は大切だなと感じました。がれきが無くなり、出てきた思い出の品等が持ち主の元に少しでも多く届ける事が出来ると良いなと感じました。

by登米ボラ りさ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz