2011年10月30日(日)

くりの木広場ポスター

こんにちは。
地域支援チームのゆっこです。

今、小泉の地域には子どもたちのあそび場がありません。公園は仮設の駐車場になっています。公民館は津波で流されてしまいました。「あそび場がほしい」という地元の方からの声を聞いて、あそび場づくりを始めました。
地元の方のご厚意で広場を解放していただけることになり、栗林があるので「くりの木ひろば」という仮名称で11月2日にオープンします。
この広場はいつ誰が来てもいい場所です。今はまだ何も手をつけていない広場ですが、これからこの広場に来てくれる子どもたちをはじめ地域の方々と広場を作っていきたいと思っています。

くりの木広場の様子

広場での過ごし方は「秘密基地をつくりたい」「おにごっこがしたい」「木登りがしたい」「おしゃべりがしたい」など、何でもありです。「自転車が乗れる場所がないから、自転車に乗りたい」「砂場とかあったら」なんて声も聞きました。
子どもたちを見守る大人たちがいて、大人たちが子どもたちを見守りながらおしゃべりを楽しんだり、地域の憩いの場のような広場になったらいいな、と思っています。

くりの木ひろば看板

その中でRQは平日の月・水・金の14時~暗くなるまでと土・日の10時~暗くなるまでの時間を広場での活動時間として、一緒におもしろいことを考えていきます。ちなみに…私はたき火で焼き芋をやりたいと思っています。
こうして、みんなのやりたい!を形にしていける広場づくり、どんな広場になるか楽しみです。

先日、広場のポスターの色塗りをRQボラの人たちに手伝ってもらいました。

くりの木ひろばちらし塗り絵

どれも個性的な仕上がりでしたよ。

今日はご近所の方と広場の運営についてお話をしたり、広場に500ℓのタンクを設置して水場の準備、消防署へたき火の申請、栗林の広場なので栗のイガがたくさん落ちているので、イガを集めたりと、オープンに向けての準備をしました。

(by 登米ボラ ゆっこ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz