RQ2回目の参加で、実年齢よりかなり幼く見られる、きみ(24歳)です。
最近11月になったにも関わらず暖かい日が続いています。
そんな中、今日はくりの木ひろばで地域の方々との交流をさせていただきました。

小泉には子どもが思いっきり遊べる場所がありません。そこで、小泉に子どもが遊べる場所、地域の方々が気軽に集まれる場所を作る目的で活動しているのがくりの木ひろばチームです。
本日は子どもが12人、大人が9人、みんなでわいわい焚き火や、焼き芋、マシュマロ焼き、木登り、ぶらんこ、かけっこ・・・笑い声がずっとたえませんでした。

「ねぇねぇ、どの木が登りやすいかなぁ」
「こっちから吹いたらもっと火が強くなるかな」
「かっけこしようよ!ルールはぼくが決める!」
子どもはこうやって色々なことに疑問を抱いて試行錯誤しているんですね。
子どもたちはやっぱり火遊びが大好き。マシュマロ以外にも柿を焼いてみたり、葉がたくさん付いている枝の木を入れて大きな火を起こしたり・・・少しひやっとする場面もありましたが、大人が不可能だと思っていることを可能にしてしまう、そんなパワーを感じました。

今日来られた子どものおじいちゃんがロープでぶらんこを作ってくれました!
完成した瞬間みんな並んで順番待ち。
「はやくはやく」
子どもたちのはしゃぐ声でにぎわっていました。

11月の日没は早いもので、少し暗くなってきたかなと思った瞬間一気に暗くなってしまい、1人また1人と帰っていく子どもを見送りました。
「また明日もやってるよね。明日は友だちを連れてくる!」
これから徐々にくりの木広場の存在が広がり、地域の方のコミュニティを築いていく場となったらとても素敵だと思います。
元気を届けるつもりが、逆にたくさんの元気をいただきました。
関わってくれた方々、本当にありがとうございます!!

by登米ボラ きみ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz