(11月18日の日記です)

今日は、午後からくりの木ひろばで活動してきました。くりの木ひろばに行く前に小泉中学校の体育館のトイレ掃除を行いました。
 

 
その後、くりの木ひろばに向かいました。子供たちや地域の方が来る事を楽しみに、焚火ややきいもの準備等を行って待っていました。
何人か地域の方がくりの木ひろばを通って行ったり、立ち寄って下さりました。
しかし、子供は寒かったのか…用事があったのか…で一人も来ませんでした。少し寂しかったですが、子供に戻ったように遊んだり、火の起こしかたなどを学び、次回子ども達が来てくれた時に一緒に楽しむことができたらいいなと思います。
 

 
今回は子どもが来なかったので、美味しく出来たやきいもが二つ余ってしまいました。余った焼き芋をどうしようかなと思っていたら、八千代さんと言うお婆ちゃんが通られたのでお裾分けをしました。八千代さんはとても可愛らしいらしいお婆ちゃんで、私たちがあげたホクホクのやきいもをとても喜んで下さりました。お話しに花が咲き色々な話を伺える事が出来ました。素敵な出会いでした。
もう一つのやきいもはくりの木ひろばのお隣の方にお裾分けしました。その方も大変喜んで下さり、何度もお礼を言って下さりました。
素敵な出会いや時間を過ごすことが出来ました。
 
(
 

このようにくりの木ひろばは、ふらっと立ち寄って下さる地域の方とで会えるとても素敵な場所でした。

by登米ボラ 伊藤・高瀬

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz