(11月20日の日記です)
 
 
今日、くりの木に不思議な物体が!!!


 
新種のきのこ発見か!? 
さて、一体何でしょう?

続きは、最後まで読んでいくと判ります。お楽しみに!
 
 
今日のくりの木ひろばの朝は、よく顔をみせてくれる男の子1人でした。
でもなんだか楽しそう!!

最近の彼の日課?となっている「じゃんけんコース作り」前回(参照:前ブログ)より、かなりレベルアップ!
 

作っただけあって、じゃんけんも強かったです。
さて、次回はどんなコースを作るのかな?後期待!!
 
 
その後、午後には、幼児からお年寄りまで、幅広い年齢の集う場所となりました。
初めて高校生も来て、子どもたちの遊びは、豊かで不思議な展開に・・・!

子どもの頃やっていた、柿取りへの想いから生まれた柿取り機(男の子と来ていたお母さん作)で、たくさんの柿を取ったり・・・


 
下の森に繋がる空き地で鬼ごっこをしたり・・・

 
 
お馴染みの焼き芋や焼き柿!?と共に、今日、焚き火遊びの仲間入りしたのは、始めに登場した不思議な物体。おたまで作るワイルドべっこうあめです。
いつの間にか、べっこう職人となったマッキーを中心に、繰り広げられ、おいしい笑顔をたくさんのぞかせていました。
次回の焚き火遊びの際には、皆さんも是非試して見て下さいね。

べっこうあめと共に、新登場の不思議遊びがもうひとつ。
家を作ると言って、子どもたちが始めたのは、穴掘りです。他の遊びを挿みながら掘り続けた穴は、いつの間にか、子ども数人が入れる位の大きな穴に!!
まだまだ大きくしたい様子で、帰っていったので、次回も続きそうですね。
寒い季節です。穴の中は、風除けにもなって、冬眠にも最適!?
寒いときには、皆さん、穴を掘りましょう。

今日、初めて参加して、時々子どもたちが、淡々と話す震災の話しを聞いて、改めて出来事の大きさや、これからのことを考える機会となりました。
 
 
BY:神谷

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz