‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター・メールマガジン
毎週ほぼ月曜日に配信 2011-8-16 012号
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQの東日本大震災の被災者救援活動に対して
ご支援、ご関心をお寄せくださる方々に、心より感謝いたします。
RQの活動状況や今後の動きをお伝えします。

 

暑いなか、現地で汗を流しているみなさん、お疲れさまです!
どうぞ、無理せず、元気に作業を続けてくださいね!
RQのWEBも、いつのまにかハングル、英語、ドイツ語のページができ
トップページのレイアウトも変更されるなど
汗も土埃の気配もないなかで着々と進化を続けています。
翻訳チームには、まさにネットだけでつながる海外ボランティアさんも!
お盆が過ぎて人手不足が心配されていますが、
頑張って、活動をつないでいきましょう(やまざき)

 

※メールが途中で切れてしまった方へ。
RQサイトで最新号が読めます。
category/mailmag

 

—————————————————————
1.今週のトップニュース
—————————————————————
★夏休みは現地ボランティアに行こう!★★★
9月末までのボランティア受け付けも開始しました!
お盆も過ぎて、現地のボランティアも減少ぎみ。
8月の後半は、RQバス(無料)、新橋号(片道5000円)とも残席があります。
力仕事だけでなく、求められるニーズはさまざまです。
老若男女、問わず!ぜひ現地ボランティアへ!
なお新橋号は東京発:9月2日、9日、16日、現地発9月4日、11日、18日の
受付を開始しました。
rqbus

 

■次回の説明会日程&イベント
現地ボラ  :8月20日(土)13:30〜15:00
東京本部ボラ:8月20日(土)15:00スタート

 

■8月21日(日)防災推進協議会・NPO法人夢職人主催の2011防災フェアの一環として開催される「東日本大震災ボランティア合同説明会」に出展します。
スタッフも募集中。
http://volunteer.pr-info.biz/index.html

 

★エステで女性に笑顔を!「被災地に笑顔をプロジェクト」★★★
8/22、23の2日間、陸前高田と住田町で、被災地の女性に限り無料でエステを受けられます。
国際理容美容専門学校を中心としたボランティアさんによる「被災地に笑顔をプロジェクト」
詳しくはこちらを
http://bit.ly/mZUBBH

 

★ねおす釜石ボランティアセンターからSOS!★★★
北海道を拠点とするNPO法人ねおすは、RQの協力団体として釜石で支援活動を行っています。
重機の入りにくい場所での片付け仕事が、まだまだ残っていますが、お盆明け以降、ボランティアの激減が予想されています。
ねおすの活動への参加もよろしくお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/neos_hokkaido

 

★女性支援センターのブログが始まりました★★★
登米に本部を置き、多くを語らない東北の女性特有の性質に配慮しながら、
女性の視点からの細やかな支援、継続的な自立への援助活動を行います。
category/women

 

—————————————————————
2.現地で活動に参加される方へ
—————————————————————
【バス】交通費無料の現地ボランティア用RQバスが週2便運行中です
月曜・金曜:東京本部(西日暮里)発(朝)≫東北現地本部(登米)着(夜)
日曜・木曜:東北現地本部(登米)発(昼)≫東京着(夜)
rqbus#rqbus01

 

新幹線などによる東北入りには、毎日運行「くりこま号」がおススメです。
金曜夜便が増発になり、18:56東京駅発新幹線で東北現地本部入りが可能に!
東北現地本部(登米)-登米市役所(1日1往復)、
東北現地本部-くりこま高原駅(1日2往復)
rqbus#kurikomago

 

毎週水曜発「エコセン号」や金曜夜発「新橋号」など、現地入りする方法はたくさん!
予約は、ボランティア参加申し込み登録完了後、電話にて受け付けています。
ホームページ上の注意事項を事前にご確認ください。

 

【車】現地の活動にあなたの車を!
引き続き、現地では移動用の車両が足りない状況が続いています。
大きめで、運転者・年齢制限のない任意保険に加入する車をお持ちの方は、
ぜひ現地の活動に車をご提供ください。
「帰宅時のガソリン代補助」として3000円支給も実施しています。
pressrelease110618

 

ボランティアのあいのり
ボランティア参加者のカーシェアリング(乗り合い)を推奨しています。
「乗せて行けるよ」という方がいらっしゃいましたらRQ東京本部までご連絡ください。

 

【事故・トラブルを起こさないために!】
■車の事故に注意!
被災地での交通事故も少なくないようです。
慣れない土地、慣れない車での運転に加え、作業車の往来、暑さ・疲れ・寝不足からくる不注意など危険要素は直ぐ身近に。
支援先で事故を起こすなどもってのほか。くれぐれも気をつけていきましょう。

 

■ボランティア保険の事前加入を!
現地に入る前に、お近くの社会福祉協議会でボランティア保険(天災プラン)に必ず加入してお越しください。

 

■日中の夏の暑さ対策は万全に
外作業では、飲料水はもちろん、首に巻くタオルを濡らすための水も余分に
持って行きましょう。塩分補給ができる塩水、塩あめ、梅干しなどもお忘れなく。

 

≪必読のブログ記事≫ 英語でも読めます!
熱中症にならないために How to Prevent Heat Stroke
01emergency/10356
虫にご注意! How to Prevent Insect Bites
01emergency/10916

 

—————————————————————
3.本部からのお知らせ
—————————————————————
■WEBの多言語化を進めています!
英語  → http://www.rq-center.net/wp/lang/en.html
韓国語  → http://www.rq-center.net/wp/lang/kr.html
ドイツ語→ http://www.rq-center.net/wp/lang/de.html

 

フランス語、中国語も準備中です。
簡体中文、韓国語、ドイツ語の翻訳ボランティアも募集中!
announcement/11852

 

■聞き書きプロジェクト始動
夏休みから年末までRQの新たな活動の軸として「聞き書きプロジェクト」が始まりました。
被災された方のインタビューを通じて、ライフヒストリーを記録・お返しする活動です。
震災による喪失感を埋めるだけでなく、失われた生活や郷土の文化を残すことは民俗学、社会学の面からも重要であるとして、専門家の指導も受けながら進めています。
tome/11962

 

この活動は心を癒すカウンセリングとは異なる視点が必要となります。
興味がある方は、ぜひ研修レポートも読んでみてください。
Repo1;tokyo/12214
Repo2:tokyo/12221

 

■子どもキャンプ、まだまだ募集中!
announcement/10497
登米/RQ子どもキャンプ
8月17日(水)〜8月21日(日)4泊5日

 

登米/RQ親子キャンプ
8月27日(土)〜8月28日(日)1泊2日

 

歌津/子どもキャンプ
8月18日(木)〜8月20日(土)

 

■そのほかのイベント
8月6日〜28日
栃木・日光「第2のふるさと〜いついつ日光ロングステイ〜」夏休みの子ども疎開プラン
http://www.nots.gr.jp/2011/06/20110613.html

 

—————————————————————
4.各拠点からのメッセージと最近の動き
—————————————————————
◎広瀬敏通(総本部長)レポート
RQ市民災害救援センター活動レポート19「日本災害史に残る志津川中瀬町の結束力」
tag/hirosereport

 

◎登米本部
「小泉キッチン 続編」 キッチンにピエロがやって来た?
「おばけ野菜にチャレンジ!」 小泉キッチン活躍中
「人の力」 瓦礫撤去に必要な力とは
「8.11 14:46  黙祷」 気仙沼市小泉にて
「被災地に唄を届けに −第2弾−」 東京大衆歌謡楽団再来!
category/tome

 

■登米本部 新垣さんからのお知らせと近況報告。
こんにちは!登米市では、猛暑日が続いています。
作業で疲れた体を休めるために、ボランティア宿泊施設となる校舎の
環境整備も重要です。参加される方一人ひとりの協力をお願いします。
また、ゆかたの配布を完了しました。レポートは近々HPにアップ予定です。

 

こちらでは仮設住宅への入居が進み、避難所は8月末にほぼ解散の見込みです。
東北本部で行なっている仮設住宅サポートは
 ↓
■小泉VC(公園)での「風の丘カフェ」「夏祭りお手伝い」による仮設住宅・避難所・地域の方々の交流の場作り。
※小泉VCの野外テント生活も定着してきましたので、アウトドア好きな方はぜひ小泉VCへ!

 

■南三陸町志津川中瀬町の仮設住宅集会所での「お茶っこ」
「仮設訪問(物資配り)」による、交流の場作り・地域コミュニティ再建のお手伝い。

 

被災地の方々は各々状況は違えど、一歩一歩頑張っていらっしゃいます。
現状を知るために、ボランティア初めての方もリピーターも、ぜひ東北へ!

 

◎唐桑
「追悼と復興の花火」 追悼と復興の花火が一斉に
「旅する本」  被災した本も整理されて次の持ち主へ
「唐桑への恩返し」 5年間、勤めた地に何かできないかと
category/karakuwa

 

◎歌津
「第1回 歌津子どもキャンプ」
火起こし、川遊び、秘密基地、そして祭りの復興まで?
子どもたちとともにRQらしいキャンプを作り上げました!
category/utatsu

 

◎河北
「準備ばんたん」 地区の夏祭りにボラの特技も光ります
「足湯プログラム」 足湯は心もほぐします
category/kahoku

 

◎東京
「RQでの10日間:第1日@東京本部」 韓国の高校生の単身ボラ体験
「ゆかたのお届け@気仙沼市」 夏祭りに、花火大会に、間に合った!
category/tokyo

 

◎女性支援センター
「もうひとつの浴衣ストーリー」外国人被災女性たちとゆかた
「おおあみ拠点オープン」登米市の拠点をご紹介
category/women

 

—————————————————————
5.Twitterで拾ったRQに寄せられた想い
—————————————————————
RQの公式アカウントは@rqcenter
日々の活動やブログの更新などをつぶやいています。
RQのハッシュタグは #rqcenter  !
あなたの感じたこと、活動もどうぞつぶやいてください!
みんなで共有し、活動を広げていきましょう!

 

現地の人と直で繋がること 西日本で気持ちを持続するために最重要!

 

震災から5ヶ月。早いものですね。現地には2回ほどボランティアに行きましたが、行っても行ってもやりたい事ややらなきゃいけない事がたくさんあります。私はまだまだRQでボランティアに行こうと思います!少しでもお役に立たせていただくために…!

 

まだ南三陸町の歌津では水もガスも電気も通ってないそうです…私が行った4月は水をトイレまで運んだっけ。5ヶ月も経ったのに、この現状はどういう事だろう?

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
●RQからのお願い
できるひとが、できるところで、できることを。
被災地のためにあなたにできること、きっとあります。

 

→東北/東京ボランティアに参加する
volunteer

 

▽ボランティア説明会(毎週土曜13:30〜15:00)
RQ市民災害救援センター 東京本部(西日暮里)
rqsetumeikai

 

→支援金を送る
8月9日11時現在 74,583,995円です。
ありがたく支援活動に使わせていただきます。
donation

 

→被災者・ボランティア活動に必要な物資を送る
supplies

 

→広める
現地の様子やニーズなどを身近な人に話したり、
ブログなどで沢山の人に伝えてください。

 

▼報告会・イベント情報一覧
event_calendar
▼ボランティアOB/OGのネットワーク
volunteer_obog
▼英語版RQ活動紹介
http://www.rq-center.net/wp/lang/en.html
New! ▼韓国語版RQ活動紹介
http://www.rq-center.net/wp/lang/kr.html
New! ▼ドイツ語版RQ活動紹介
http://www.rq-center.net/wp/lang/de.html
▼その他のメディア情報、過去の講演などのライブラリーとして
report_data

 

   ◆◆◆

 

今週のRQメルマはいかがでしたか?
お盆休みのこの期間、ニュースでは心にしみる映像が増えました。
日本の花火にこんなに感動したことははじめてです。
そして、そんな間にも黙々と汗を流している
現地のみなさんがいることを思い出して
ボランティアの灯火もつないでいかなければと思いました。

 

みなさまからのRQホームページやメルマガへの
ご意見・ご感想をぜひぜひお寄せくださいませ。
rqweb@ecotourism-center.jp
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今までのメルマ、バックナンバーは、こちらから。
category/mailmag

 

次回は8月22日(月)発行予定です。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター
「RQメルマ」発行部数:3,491
http://www.rq-center.net
[twitter] <http://twitter.com/#!/rqcenter>
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz