‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター・メールマガジン
毎週ほぼ月曜日に配信 2011-8-29 014号
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQの東日本大震災の被災者救援活動に対して
ご支援、ご関心をお寄せくださる方々に、心より感謝いたします。
RQの活動状況や今後の動きをお伝えします。

 

今週の説明会では子連れで現地に行ったお母さんの話がありました。
すごいなあ!と心から感動しました。

 

こうしてメルマガを書いたりツイッターでつぶやいている私ですが
実はまだ、現地に足を運んだことがないのです。
でも、人それぞれの生活のなかで、こんな形でのお手伝いも
できるのです、という意味を込めて敢えてカミングアウトします。

 

東京本部での物資整理なども人手がまだまだ足りません。
できることを、できる時から。
ちなみに、私の新しい作業は「聞き書き」の原稿整理です(やまざき)

 

※メールが途中で切れてしまう方へ。
RQサイトで最新号が読めます。
category/mailmag

 

—————————————————————
1.今週のトップニュース
—————————————————————
★★★ 9月のRQバス、当面は金曜東京発のみ ★★★

 

お待たせしました。9月からのRQボランティアバスの申込み受付を開始します。
当面、東京発は金曜朝出発(登米発は日曜)の1便となります。
ご予約は電話でのみ受け付けています。現地ボランティア申込み後に発行される「申込番号」を用意して、東京本部に電話をお願いします。
rqbus

 

★★★ 9月の現地ボランティア募集中です ★★★
雪の季節が来るまでに、やりたい作業は山ほどあります。
現地のボランティアは今が正念場。
夏休みのピークも過ぎ、人手不足は深刻です。
9月の大型連休や週末を利用した短期参加でもOK。
力仕事から事務仕事まで活動内容はさまざま。

 

たとえ1日でも、お願いしたい仕事は必ずあります!
もちろん、長期で活動できる方は熱烈歓迎!
東京本部でのお手伝いもお待ちしています。

 

▼ボランティア申し込みページ
volunteer
▽次回の説明会
現地ボラ  :9月3日(土)13:30〜15:00
東京本部ボラ:9月3日(土)15:00スタート
rqsetumeikai

 

★★★ 河北VCは毎週月曜が活動休止となります ★★★

 

河北VCでは、9月以降毎週月曜日は活動はお休みとし、
新規ボランティアの受入れも休止となります。
また、拠点の古民家の規模にあわせて1日の受入人数を20名までと改めました。
それに伴い、9月以降、web申込で希望活動日のいずれかが20名を超えると
エラーメッセージを表示して先に進めなくなります。
その場合は、現地での活動に応じて登米から応援を頼む体制がありますので
登米に登録をして調整をご相談下さい。

 

★★★ 宮城県、災害派遣等従事車両証明書適用を12月10日まで延長 ★★★
宮城県は災害派遣等従事車両証明書の適用を12月10日まで延長しました。
他の都道府県の対応はまだ不明です。

 

—————————————————————
2.現地で活動に参加される方へ
—————————————————————
★要確認!8月中旬にバスの運行スケジュールが一部改正されました。
★現地入り前に、災害ボランティア保険に加入するのを忘れずに!

 

【バス】無料バス ※いずれも要電話予約
週2便の東京-東北間の無料バス(RQボランティアバス)、
週1便の無料相乗車(エコセン号)、
毎日運行の東北現地本部-くりこま高原駅・石越駅の無料車(くりこま号)を用意しました。
※「くりこま号」はルートと時間が変わりましたのでご注意ください。
rqbus

 

・有料バス(新橋号)もあります。
rqbus#shinbashigo

 

※■新橋バス(金曜夜発)の予約は、9月16日まで。
翌週が祝日の関係で出発日変更の可能性があり、以降の予約はもう少しお待ち下さい。

 

【車】現地の活動にあなたの車を!
引き続き、現地では移動用の車両が足りない状況が続いています。
大きめで、運転者・年齢制限のない任意保険に加入する車をお持ちの方は、
ぜひ現地の活動に車をご提供ください。
「帰宅時のガソリン代補助」として3000円支給も実施しています。
pressrelease110618

 

■ボランティアのあいのり
カーシェアリング(乗り合い)を推奨しています。
「乗せて行けるよ」という方がいらっしゃいましたら、
RQ東京本部までご連絡ください。

 

【事故・トラブルを起こさないために!】

 

■ボランティア保険の事前加入を!
現地に入る前に、お近くの社会福祉協議会で
ボランティア保険(天災プラン)に必ず加入してお越しください。

 

■車の事故に注意!
被災地での交通事故も少なくないようです。
慣れない土地、慣れない車での運転に加え、作業車の往来、
暑さ・疲れ・寝不足からくる不注意など危険要素は直ぐ身近に。
支援先で事故を起こすなどもってのほか。くれぐれも気をつけていきましょう。

 

■日中の暑さ、朝晩の冷え込み対策を!
外作業では、飲料水はもちろん、首に巻くタオルを濡らすための水も余分に
持って行きましょう。塩分補給ができる塩水、塩あめ、梅干しなどもお忘れなく。

 

朝晩は冷え込むようになってきましたので、羽織れるものもご持参下さい。

 

≪必読のブログ記事≫ 英語でも読めます!
熱中症にならないために How to Prevent Heat Stroke
01emergency/10356
虫にご注意! How to Prevent Insect Bites
01emergency/10916

 

—————————————————————
3.本部からのお知らせ
—————————————————————
■WEBの多言語化を進めています!
英語  → http://www.rq-center.net/wp/lang/en.html
韓国語  → http://www.rq-center.net/wp/lang/kr.html
ドイツ語→ http://www.rq-center.net/wp/lang/de.html

 

フランス語、中国語も準備中です。
簡体中文、韓国語、ドイツ語の翻訳ボランティアも募集中!
announcement/11852

 

■聞き書きプロジェクト始動
RQの新たな活動の軸にひとつ「聞き書きプロジェクト」
被災された方のインタビューを通じて、ライフヒストリーを記録・お返しする活動です。
伺ったお話は原稿にまとめてご本人にお返しします。
震災による喪失感を埋めるだけでなく、失われた生活や郷土の文化を残すことは民俗学、社会学の面からも重要であるとして、専門家の指導も受けながら進めています。
tome/11962

 

—————————————————————
4.各拠点からのメッセージと最近の動き
—————————————————————
◎登米本部
日中は真夏の日ざしですが朝晩は冷え込んできました。両方に対応できる服装でお越しください。
支援活動は片づけ作業、お茶っこなどに加えてメモっこや地域支援も住人の方々の状況を確認しつつ進めています。
他のボランティア団体と毎週会議を行ないながら、組織的な支援活動を続けている地域もあります。
拠点が校舎に移り、ボランティアの住環境もグレードアップしました。
初めての方もリピーターの方も、お待ちしています!

 

・RQでの10日間 〜韓国人高校生の登米レポート〜
・メモっことは? 〜RQの聞き書き、通称メモっこ!〜
・小学校の調理室に引っ越しました!RQキッチン
・できることから一歩踏み出せば 〜福島釣りの手伝い〜
・4泊5日の子どもキャンプ 〜無事、終わりました!〜
category/tome

 

◎河北
9月以降、河北VCの運営は
・基本的に平日はがれきの撤去、週末は仮設住宅支援に入ります。
・1日の受入定員を20名としました。
・毎週月曜は活動を休止し、新規ボランティア受け入れは行いません。仮設支援では、入居者の声を聞く足湯体験、サロンの運営などを考えています。このような活動に興味のある方、仮設での活動アイデアのある方、お待ちしてます。

・潜水艦発見!海岸での清掃作業
・今後のRQ河北 〜VCの運営体制が変わります〜
・ミーティングからの 〜石巻災害復興支援協議会〜
・全員で!〜思い出の品クリーニング、その後〜
・陶芸教室 〜プロの手ほどきで土ひねり〜
category/kahoku

 

◎女性支援センター(RQW)
おばあちゃんたちが楽しく集まって話をしたり、手仕事をすることで生き甲斐を見いだせるような場作りをしていきたいと考えています。現在、準備段階として、仮設住宅などを訪問し、ニーズ調査を行っています。
・おばあちゃんの手仕事を調査!
category/women

 

◎唐桑
8月26〜28日、唐桑のカキ養殖業の復活再生を願って、広島県がカキ養殖用いかだ200台分の竹と10名のいかだ組職人を派遣し、唐桑の養殖事業者と一緒に組み立てる支援事業が行われました。RQも筏の竹運びなどをお手伝いしました。
・唐桑今日の作業 〜泊まり込みボラ大募集!〜
・筏作り 〜復興!牡蠣養殖〜
・九九鳴浜 〜鳴き砂の復旧作業〜
category/karakuwa

 

◎歌津
・8月21日の歌津日記 〜家の片づけ〜
・8月13日の歌津日記 〜お盆の活動〜
・RQでの10日間 〜韓国人高校生の唐桑レポート〜
category/utatsu

 

◎東京
・ボランティアグループ連絡・交流会でRQの活動を報告
・RQでの10日間 〜韓国人高校生の東京レポート〜
・団体同士のつながりもだいじに@防災フェア2011
・ゆかたをお届け道中記
・現地の最新情報をボランティア説明会で!
category/tokyo

 

—————————————————————
5.Twitterで拾ったRQに寄せられた想い
—————————————————————
RQの公式アカウントは@rqcenter
日々の活動やブログの更新などをつぶやいています。
RQのハッシュタグは#rqcenter
あなたの感じたこと、活動もどうぞつぶやいてください。
みんなで共有し、活動を広げていきましょう。

 

「RQの救援現場に足を運んだのは4月のことですが、その時に学んだことが
今も参考になっている。 」

 

「今更ながらブログを見つけました。歌津センターの太陽光パネルは
こうやって設置されたんですね。感動。」

 

「ボランティアのかたち」が変化していく様は、見ていてどきどきする。
当事者に寄り添い、具体的な手触りや実感をもとに支援の在り方を工夫し、
育んでいく姿は、まさにまちづくりだ。」

 

—————————————————————
6.RQからのお願い
—————————————————————
できるひとが、できるところで、できることを。
被災地のためにあなたにできること、きっとあります。

 

→東北/東京ボランティアに参加する
volunteer
▽ボランティア説明会(毎週土曜13:30から15:00)
RQ市民災害救援センター 東京本部(西日暮里)
rqsetumeikai

 

→支援金を送る
8月26日11時現在74,784,833円です。
ありがたく支援活動に使わせていただきます。
donation

 

→被災者・ボランティア活動に必要な物資を送る
supplies

 

→広める
現地の様子やニーズなどを身近な人に話したり、
ブログなどで沢山の人に伝えてください。
▼報告会・イベント情報一覧
event_calendar
▼ボランティアOB/OGのネットワーク
volunteer_obog
▼英語版RQ活動紹介
http://www.rq-center.net/wp/lang/en.html
▼韓国語版RQ活動紹介
http://www.rq-center.net/wp/lang/kr.html
▼ドイツ語版RQ活動紹介
http://www.rq-center.net/wp/lang/de.html
▼その他のメディア情報、過去の講演などのライブラリーとして
report_data

 

◆◆◆

 

今週のRQメルマはいかがでしたか?
先日、大学時代の宮城出身の先輩と会いました。
教え子たちの復興への決意を書画にして
その言葉が人々の励みになればと各地で書画展を開いています。
大学時代の仲間と東京でも応援の輪を広げています。
いろんな場所でいろんな形の「がんばろう」を見かけます。
まだまだ、これからが正念場。

 

みなさまからのRQホームページやメルマガへの
ご意見・ご感想をぜひぜひお寄せくださいませ。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今までのメルマ、バックナンバーは、こちらから。
category/mailmag

 

次回は9月5日(月)発行予定です。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター
「RQメルマ」発行部数:3,652
http://www.rq-center.net
[twitter] <http://twitter.com/#!/rqcenter
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz