‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター・メールマガジン
毎週ほぼ月曜日に配信 2011-9-19 017号
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

最近のRQボランティア活動ブログの更新頻度がとても高く、
現地の様子を知るのにとても参考になります。
現地の様子を伝えることもRQボランティアの一員としての大きな役目だと思います。
試しにブログで読んだことをぜひお友達に話してみてください。
RQが見た「現地の今」を知らない方も多いと思います。
日本語を読めない方にネットワークを持っていらっしゃる方は
RQの多国語ページをご利用ください。ドイツ語も加わり、5か国語となりました。
RQ全ページ右上にリンクが表示されています。
(かおり)

 

※メールが途中で切れてしまう方へ。
RQサイトで最新号が読めます。
category/mailmag

 

——————————————
1.今週のトップニュース
——————————————
◆ボランティアの申し込み状況が一目で分かるようになりました。
トップページ左真ん中辺りのカレンダーをご覧ください。

→10月は真っ赤っか(ガラ空き)です…ご参加をお待ちしております。

 

◆今後の活動について
「RQ市民災害救援センター」としての被災地でのボランティア活動は新たなステージへと入っていきます。
今後は震災1周年を目途に、被災者の自立支援、生活支援とともに、地域支援を中心の活動とする新たな組織を稼働させたいと考えています。

 

詳しい内容は、
「広瀬総本部長:9/10RQ説明会「RQを発展させ、さらなる支援を続けよう」
tokyo/14657

 

※12月9日(金)にRQシンポジウムを開催します。

 

☆☆☆カタチは変わろうとも被災地支援のボランティア活動は
もちろん継続されます!ボランティア申し込みページはこちら。
volunteer

 

▽次回の説明会
現地ボラ  :9月23日(金)13:30〜15:00
rqsetumeikai

 

◆RQシンポジウムpdf版公開
6月30日に開催したRQシンポジウムの内容がまとまりました。
pdfでダウンロードできますので、ぜひ、お読みください。
announcement/13613

 

——————————————
2.RQからのお知らせ
——————————————
◆地球にやさしいエコ祭「ツインシティフェスタ(9月18日(日))」に文具提供の協力と掲示出展します。
日時:9月18日(日) 10:00〜17:00 場所:区立 原公園(荒川区町屋)
http://www.chokai.info/areanews/007732.php

 

◆「第20回全国ボランティアフェスティバルTOKYO」
(11月12日(土)13日(日)@両国、青山ほか)、
11月12日(土)両国会場で行われる分科会「自然学校の社会的意義〜災害対策の拠点として〜」に広瀬総本部長が出演します。
http://volunteerfestival.jp/721

 

◆日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2011」にエコセンとともに
RQも出展します(12月15日、16日、17日)
http://eco-pro.com/eco2011/

 

◆引き続き、ライター募集中です!
寒さが厳しくなる前に、まだまだやらなければいけない仕事が残っています。
そのため、沢山のボランティアに参加してもらいたい!
RQの特徴を明確にし、正確な情報を開示していくこと、そして、これまでのRQの活動をまとめ、RQを通して、より多くの人に被災地への関心を持ってもらうため、ウエブサイトの改善を計画しています。
そこで、現役、あるいは元プロのライター、ウエブサイトの記事作りに参加していただけませんか?
《応募・問い合わせ先》 rqweb@ecotourism-center.jp

 

◆エコセンコンセプトワークinいわき
RQ設立の中心となったNPO法人日本エコツーリズムセンター(代表・広瀬敏通)が「福島を考えるコンセプトワーク」と題するワークショップを9月27日(火)〜28日(水)、福島で開催します。
津波被災、放射能被災の現地を視察し、地域でできる取り組みを考えます。
《詳細・申込み》
http://www.ecotourism-center.jp/article.php/cw_iwaki

 

——————————————
3.各拠点の最近の動きとメッセージ
——————————————
◎登米本部
(新垣さんより)
■運動会に参加しませんか?
10月2日(日)、東北本部の近くにある米川小学校で地域の運動会が行なわれます。そこに、地域住人の方々との交流のためRQもチームとして参加させていただくことになりました。
その時期に来られる方は、ぜひご参加ください。

 

「ボランティアなのに運動会?」と思われる方もいるでしょう。しかし、今後も長きにわたる支援活動は、ボランティア拠点のある地区の方々のご理解・ご協力がないとできません。

 

すでに半年間もRQを支えてくださっている米川地区の方々と一緒に、
青空の下で1日を楽しみましょう!

 

・もう一度畑を@小泉
・9月11日 復興祈念!小泉八幡神社のお祭り
・仮設住宅の改善お手伝い
・9月11日の聞き書き活動
category/tome

 

◎女性支援センター(RQW)
(足立さんより)
16日(金)、コンテナハウスを南方仮設住宅前に設置しました。このコンテナハウスは、ハミングバードチャリティ一般財団法人さまにご寄付いただいたもので、岩手県北上市のこけめ農園さまが運搬、設置をしてくださいました。

 

避難所から仮設住宅へのお引越しもほぼ完了し、これから、生活再建にむけて新たなスタートの時期となっています。
が、現地では就職難の状況。まして、海や畑など、第一次産業で生涯現役でがんばっていらっしゃったおばあちゃまたちにとっては、何もすることがないのはとっても苦痛です。
毎日、何か手仕事をしながら、それがささやかでも現金収入になる、そんな仕組みをRQWでは作っていきます。
おばあちゃんたちの商品、どうぞお買い求めくださいね。

 

・60年の歴史と人生訓
・コンテナハウスの設置
・河童堂さんにて支援物資の配布!
・気仙沼の手仕事
category/women

 

◎唐桑
・東舞根(ひがしもうね) がれき撤去
・築120年の古民家を再生させよう
・種ガキ作業
・藤浜の1日
category/karakuwa

 

◎歌津
・15日 歌津「魚竜の湯」移転地の整理作業
・「やりがい」とボランティア
・漁の再開に向けて
・想いの詰まった写真たちが旅立ちました
category/utatsu

 

◎河北
・足湯で少しでも「癒し」になれれば。
・漁業支援
・どんな一日?足湯活動
・漁港の瓦礫撤去
category/kahoku

 

◎東京
9月24日(土)はお休みします。

 

・ありがとう!ゆかた(写真ギャラリー)
・ゆかたをお届け道中記(3)
category/tokyo

 

——————————————
4.現地で活動に参加される方へ
——————————————
★★★ 河北VCは毎週月曜が活動休止となります ★★★

 

河北VCでは、9月以降毎週月曜日の活動はお休みとし、新規ボランティアの受入れを休止しています。
また、拠点となる古民家の規模にあわせて1日の受入人数を20名までと改めました。それに伴い、9月以降、web申込で希望活動日のいずれかが20名を超えるとエラーメッセージを表示して先に進めなくなります。
その場合は、現地での活動に応じて登米から応援を頼む体制がありますので登米に登録をして調整をご相談ください。

 

★★★ 宮城県、災害派遣等従事車両証明書適用を12月10日まで延長 ★★★
被災地までの有料道路の通行料金が免除されるこの証明書については、ボランティア申込後の「ボランティア要請メール」で取得方法をお知らせ
しております。また現地で3日以上、活動のために車輌をご提供いただける方には10日ほど、お時間をいただきますが、証明書の代行取得を行っています。
代行取得の詳細についても要請メールでご確認ください。

 

——————————————
5.現地までのボランティアバス運行状況
——————————————
東京と東北現地本部を結ぶ
RQボランティアバス(無料)、新橋号(有料)、相乗り車「エコセン号」
くりこま高原駅・石超駅〜東北現地本部を結ぶ「くりこま号」に運行状況をお知らせします。

 

《現在の運行状況》
★★9月23日東京発のバスが急遽変更になり、定員オーバーの可能性が出てきました。
当日現地に車で出発する方で、ボランティアの方を乗せてくださる方はご協力をお願いします。東京本部(03-5834-7977)にご連絡ください。

 

★★★ エコセン号臨時便決定
9月23日(金)東京発7名→9月25日(日)登米発7名
RQバス23日(金)東京発、25日(日)登米発も満席のためエコセン号臨時便出します。
通常便:月曜東京⇒登米、火曜登米⇒東京、水曜東京⇒登米、木曜登米⇒東京の便も運行中

 

★★★ RQバス、当面は金曜東京発のみ
9月末分までのRQボランティアバス(無料)の申込み受付を開始しています。
当面、東京発は金曜朝出発(登米発は日曜)の週1便となります。
ご予約は電話でのみ受け付けています。現地ボランティア申込み後に発行される
「申込番号」を用意して、東京本部に電話をお願いします。
rqbus

 

なお、河北VCでの活動をご登録された方で、RQボランティアバスに乗車される場合は、河北VCに立ち寄りが可能になりました!
ご希望される場合は、まずボランティア登録で河北を選択し、受入れ定員に達していないことをご確認の上、お申込みください。

 

★★★「くりこま号」はルートと時間が変わりましたのでご注意ください。
rqbus#kurikomago

 

★★有料バス(新橋号)臨時便が出ます。★★★
9月22日(木)新橋22:30発⇒登米・河北

 

9月24日(土)登米12:00、河北13:00⇒新橋
rqbus#shinbashigo

 

——————————————
6.現地で活動に参加される方にお願い
——————————————
【車】現地の活動にあなたの車を!
引き続き、現地では移動用の車両が足りない状況が続いています。
大きめで、運転者・年齢制限のない任意保険に加入する車をお持ちの方は、ぜひ現地の活動に車をご提供ください。
「帰宅時のガソリン代補助」として3000円支給も実施しています。
pressrelease110618

 

【ボランティアのあいのり】
カーシェアリング(乗り合い)を推奨しています。
「乗せて行けるよ」という方がいらっしゃいましたら、
RQ東京本部までご連絡ください。

 

【事故・トラブルを起こさないために!】
(1)現地入り前に、災害ボランティア保険に加入するのを忘れずに!
現地に入る前に、お近くの社会福祉協議会でボランティア保険(天災プラン)に必ず加入してお越しください。

 

(2)車の事故に注意!
被災地での交通事故も少なくないようです。
慣れない土地、慣れない車での運転に加え、作業車の往来、暑さ・疲れ・寝不足からくる不注意など危険要素は直ぐ身近に。
支援先で事故を起こすなどもってのほか。くれぐれも気をつけていきましょう。

 

(3)そろそろ、防寒着が必要です!
東北の冬は早いといいますが、朝晩は冷え込むようになってきました。
フリースなど防寒着をお持ちください。

 

——————————————
6.Twitterで拾ったRQに寄せられた想い
——————————————
RQの公式アカウントは@rqcenter
日々の活動やブログの更新などをつぶやいています。
RQのハッシュタグは#rqcenter
あなたの感じたこと、活動もどうぞつぶやいてください。
みんなで共有し、活動を広げていきましょう。

 

「4泊5日の初めてボランティア。考えさせられる事も多くあったけど、たくさんの人に出会えて、本当に充実した時間を過ごせた。人生の転換期となることを。」

 

「だれか10月ボランティア行かん?」

 

「RQ東京本文なう。ボランティア経験者としてお話をさせて頂くことに。ボランティアを通していろんなことを学び、沢山の大切なものを頂いた。だから、それをしっかり伝えたい。」

 

——————————————
7.RQからのお願い
——————————————
できるひとが、できるところで、できることを。
被災地のためにあなたにできること、きっとあります。

 

▼ボランティアに参加する
volunteer
▽ボランティア説明会(今週は金曜日に変更(9月23日(祝)、13:30から15:00)
RQ市民災害救援センター 東京本部(西日暮里)
rqsetumeikai

 

▼支援金を送る
9月15日12時現在75,379,503円です。
ありがたく支援活動に使わせていただきます。
donation

 

▼被災者・ボランティア活動に必要な物資を送る
supplies

 

▼広める
現地の様子やニーズなどを身近な人に話したり、
ブログなどで沢山の人に伝えてください。
▽報告会・イベント情報一覧
event_calendar
▽ボランティアOB/OGのネットワーク
volunteer_obog
▽その他のメディア情報、過去の講演などのライブラリーとして
report_data
▽海外の家族、友人に紹介する。各国語ページ
(英)en/aboutus_us
(仏) fr/aboutus_fr
(中)zh-hans/aboutus_cn
(韓)ko/aboutus_ko
(独)de/aboutus_de

 

◆◆◆

 

聞き書きチームのテキスト作成ミーティングに参加しました。
個人の人生を記録に残し、話し手の生きる糧になる有意義な、
そして本当にRQらしい活動だと思います。
緊急支援だけではなく、いろんな人間がそれぞれの特技を活かせる、
そんな創意工夫にあふれる団体が「全員ボランティア」なんて、
本当にすごいことだと思います。

 

みなさまからのRQホームページやメルマガへの
ご意見・ご感想をぜひぜひお寄せくださいませ。
rqweb@ecotourism-center.jp
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今までのメルマ、バックナンバーは、こちらから。
category/mailmag

 

次回は9月26日(月)発行予定です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz