‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター・メールマガジン
毎週ほぼ月曜日に配信 2011-10-07  019号
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
被災された方のライフヒストリー(自分史)を記録して残す「聞き書き」の活動を始めています。普段ではなかなか聞くことのできない人生の話が聞けます。おじいちゃん、おばあちゃんの話は、味わい深く、若者の話は、案外、都会的な暮らしぶりが見えたり、へぇー、すごい、おもしろい、の連続のようです。(byなべ)

 

10月22日に聞き書きに参加するための研修(2回目)が東京本部で開催されます。
研修といっても、堅苦しいものではありません。興味がある、どんなものか知りたい、という方もぜひお越しください。
また、当日経験者の方のご出席も歓迎します。いまからこの活動に参加しようとされる方の背中を押してあげてください。
より良い活動を行うために、みなさんのご意見をお待ちしています。
other/18173

 

※メールが途中で切れてしまう方へ。
RQサイトで最新号が読めます。
category/mailmag

 

————–
1.今週のトップニュース
————–

 

◆支援金の受付は終了させていただきました。
暖かいご支援をいただき、ありがとうございました。

 

支援金 76,210,970円 (9/30現在。最終確定額ではありません)
支援者数 757件

 

6月末のRQシンポジウムでご報告したように、ボランティア活動は年内までとし、これに伴い、活動支援金をいただくことも9月30日に終了させていただきました。
おかげさまで公的機関ではなかなか手を差し伸べにくい避難所に物資を届け、泥だしや清掃活動などを行うほか、このサイトでご覧いただけているようにRQ独自のさまざまな活動ができました。皆さまからの支援金は大きな励みとなり、活動を順調に支え、試算では年内の活動が残金で続けられる見通しです。
改めて御礼を申し上げます。

 

しかしながら被災地を支援するボランティア活動はまだまだ必要です。被災地を長期的に支援する新たな体制づくりを始めていますので、引き続きご支援をいただければと願っております。改めて支援金のご案内いたしますので、ぜひよろしくお願いいたします。

 

なお、RQに支援金をお寄せいただいくにあたり、お名前の公表の了承をいただいている方のリストを近日中にこのサイトにアップいたします。遅れに遅れていますが、もう少々お待ちいただければ幸いです。
donation

 

◆夏に好評だった「RQ子どもキャンプ・RQ親子キャンプ」秋バージョン10月8日〜
RQ東北現地本部のある登米市東和町のみなさまの全面的なご協力をいただき、米川鱒淵地区・里山の豊かな自然を生かしたキャンプを計画しました。参加者・スタッフ大募集中です。交流のため、被災地以外の子どもの参加も歓迎です。

 

◇RQ子どもキャンプ(秋編)
日程:10月8日(土)〜10月10日(月・祝) 2泊3日
場所:登米市東和町米川字鱒淵
※小学生以上

 

◇RQ親子キャンプ(秋編)
日程:10月29日(土)〜10月30日(日) 1泊2日
場所:登米市東和町米川字鱒淵
※年中〜小3の親子

 

詳しくはチラシをダウンロードしてご覧ください。
announcement/17990

 

◆10月のボランティア、大募集中!団体参加、歓迎します。
大学も始まるこのシーズン、一気に人手が減っています。トップページの左にあるカレンダーで申し込み状況が分かります。

→10月中旬以降はピンチです…ご参加をお待ちしております。

 

団体での参加も大歓迎です。
15名以上での参加は、通常のボランティアとは別に登録窓口を設け、RQの担当者がご希望と人数に合わせて支援活動をコーディネートさせていただきます。
詳しくは→volunteer/groupapp

 

バスのチャーターをお考えの方には、下記の記事が参考になりますよ!
tome/18331

 

◆震災1周年を機にRQは新たなステージへ
「RQ市民災害救援センター」としての被災地でのボランティア活動は新たなステージへと入っていきます。
今後は震災1周年を目途に、被災者の自立支援、生活支援とともに、地域支援を中心の活動とする新たな組織を稼働させたいと考えています。
※12月9日(金)に、RQシンポジウムを開催予定です。
※RQの新たなステージに関してはこちらもお読みください。
「広瀬総本部長「RQを発展させ、さらなる支援を続けよう」9/10RQ説明会より
tokyo/14657

 

★★★ 被災地でのボランティア活動はもちろん継続します★★★
▽ボランティア申し込みページはこちら。
volunteer

 

▽次回の説明会
10月8日(土)13:30〜15:00
rqsetumeikai
10月からの説明会は、現地に行きたい人(初めて行かれる人)と、現地にすでに行った経験のあるOB/OGのみなさまとの交流会型の説明会を行っています。

 

————–
2.RQからのお知らせ
————–

 

◆東京ボラ イベント班 気仙沼に出張してきます!
ホルスタインと広大な牧草地。モーランド・元吉で今週末毎年の恒例の草原牛肉パーティが開催されます。イベント班も参加して、地元のみなさんにRQの活動をご紹介します。

 

がんばろう!気仙沼・南三陸 モーランドまつり2011
10月9日(日)A.M.10時〜P.M.2時
http://www.mooland.jp/modules/news/index.php?storytopic=2&storynum=5

 

◆ボランティア募集チラシリニューアル!
現地で今必要な支援やRQの特徴がA4サイズにまとまっています。
ぜひ、ダウンロードしてボランティア募集を拡散してください!
http://www.rq-center.net/wp/wp-content/uploads/2011/04/volunteer_chirashi2.pdf

 

◆おらほの復興市〜石巻・女川・東松島〜 開催!
10月16日(日)石巻市総合運動公園ほか9時〜15時、地域の名産の販売などの復興イベントが開催されます。
RQ河北も協力します!詳細は追ってお知らせします。

 

◆全国ボランティアフェスティバルTOKYO
期日:11月12日(土)13日(日)(両国、青山ほか)
11月12日(土)両国会場で行われる分科会「自然学校の社会的意義
〜災害対策の拠点として〜」に広瀬総本部長が出演します。
http://volunteerfestival.jp/721

 

◆「エコプロダクツ2011」に出展
期日:12月15日、16日、17日(幕張)
日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2011」に日本エコツーリズムセンターとともにRQも出展します。
http://eco-pro.com/eco2011/

 

————–
3.各拠点の最近の動きとメッセージ
————–

 

◎登米本部
(新垣さんより)
もう10月ですね。秋らしく、運動会やお祭り、敬老会などのお手伝い(参加)が続いています。交流を通し、人々に、地域に元気をお届けできたらと思います。
朝晩冷え込んでいます。これから東北へ向かう方の服装は、日中は薄い長そでシャツ+寒いときはおるもの、夜は厚手のフリースがあるといいと思います。

 

・アーカイブ:フランス人通訳者から見たRQボランティア
・自分たちでバスをチャーターして現地入り!こげぱん隊
・ぜひあたたかい服装で
・冬のおすすめアイテム♪
・ある日の地域支援
・松島を元気づけよう!
・土俵作り
・今日は早馬神社の神幸祭に参加させていただきました。

 

◆気仙沼市小泉地区の「風の丘カフェ」が、仮設住宅を定期的に回る「ひなたカフェ」に形を変えてスタートします。
category/tome

 

◎女性支援センター(RQW)
◆女性の手仕事プロジェクト開始!
仮設住宅へのお引越しもほぼ完了し、新しい環境での生活が始まっています。そんななか、日中も外出する機会が少ない女性たち、特におばあちゃまたちが集い、手仕事に取り組むことで、現金収入が得られる仕組みづくりを始めています。

 

ミシン、アクリル毛糸、香袋や裂き織りに使う着物や帯を集めています。
詳しくは→ supplies

 

・コンテナ壁絵:白いペンキ
・気仙沼のケンケンの七五三
・コンテナ壁絵:取材
category/women

 

◎唐桑
・本日の作業と唐桑の看板犬
・俵作り
・今日は早馬神社の神幸祭に参加させていただきました。
・「未来へ向けての一歩」
category/karakuwa

 

◎歌津
・天狗が谷へ呼んでいる (10/9-10 さえずりの谷キャンプ)
・引っ越し作業と網のクリーニング
・泊浜清掃と子どもDayキャンプ
category/utatsu

 

◎河北
・河北10月の活動予定と、「おらほの復興市」お知らせ
・6ヵ月たって、
・台風後のしだち浜で
・トマトの収穫祭!!
・台風後の福地で
category/kahoku

 

◎東京
◆ライティングのできるボランティア募集中!
ウエブサイトの改善、聞き書きやボランティア体験談のまとめなど文章をまとめる仕事が増えています。
《応募・問い合わせ先》 rqweb@ecotourism-center.jp

 

◆翻訳ボランティアを募集中!
WEBチームでは多言語化を目指し、スペイン語・ポルトガル語のできる方、お待ちしています。
category/tokyo

 

————–
4.現地で活動に参加される方へ
————–

 

★★★東北新幹線は9月23日から震災前の通常ダイヤに戻っています。

 

★★★ そろそろ、防寒着が必要です! ★★★
東北の冬は早いといいますが、朝晩は冷え込んできました。
厚手のフリースやヤッケなど防寒着もお持ちください。

 

★★★ 河北VCは毎週月曜が活動休止となります ★★★
河北VCでは、9月以降毎週月曜日の活動はお休みとし、新規ボランティアの受入れを休止しています。
拠点の古民家の規模にあわせて1日の受入人数は20名となるためweb申込で希望活動日が定員を超えるとエラーメッセージがでます。
その場合は、登米に登録をして活動地の調整をご相談ください。

 

★★★ 宮城県、災害派遣等従事車両証明書適用を12月10日まで延長 ★★★
被災地までの有料道路の通行料金が免除される証明書の取得方法は、ボランティア申込後の「ボランティア要請メール」でお知らせしています。
また現地で3日以上、活動に車輌をご提供いただける方には証明書の代行取得を行います。詳細は要請メールでご確認ください。

 

————–
5.ボランティアバス運行状況
————–

 

☆☆☆ RQバス、10/23まで、エコセンバス10月末までの申込み受付中
当面、東京発は金曜朝出発(登米発は日曜)の週1便のみ。
ご予約は電話受付のみとなります。現地ボランティア申込み後に発行される「申込番号」を用意して、東京本部に電話をお願いします。
rqbus

 

なお、河北VCの活動を登録された方はRQバスで河北VCに行くことができます。
ご希望の方は、ボランティア登録で河北を選択し、受入れ定員に達していないことをご確認の上、お申込みください。
※ボラバス「新橋号」の運行は9月24日で終了しました。

 

▼くりこま高原駅・石超駅〜東北現地本部(登米)
「くりこま号」の運行状況
登米行きの予約は、こちらの専用電話でのみ受付けます。
090-6065-1409(受付時間8:00〜19:00)
乗車日の前日(17:30)までに予約の電話をしてください。

 

☆☆☆「くりこま号」はルートと時間が変わりましたのでご注意ください。
rqbus#kurikomago

 

————–
6.現地で活動に参加される方にお願い
————–
【車】現地の活動にあなたの車を!
現地では移動用の車両が足りない状況が続いています。大きめで、運転者・年齢制限のない任意保険に加入する車をお持ちの方は、ぜひ現地の活動に車をご提供ください。実稼働3日以上の場合、「帰宅時のガソリン代補助」として3000円支給も実施しています。
pressrelease110618

 

【ボランティアのあいのり】
カーシェアリング(乗り合い)を推奨しています。「乗せて行けるよ」という方がいらっしゃいましたら、RQ東京本部までご連絡ください。

 

【事故・トラブルを起こさないために!】
(1)現地入り前に、災害ボランティア保険に加入するのを忘れずに!
現地に入る前に、お近くの社会福祉協議会でボランティア保険(天災プラン)に必ず加入してお越しください。

 

(2)車の事故に注意!
被災地での交通事故も少なくないようです。慣れない土地、慣れない車での運転に加え、作業車の往来、疲れ・寝不足からくる不注意など危険要素は直ぐ身近に。
支援先で事故を起こすなどもってのほか。くれぐれも気をつけていきましょう。

 

————–
7.Twitterで拾ったRQに寄せられた想い
————–
RQの公式アカウントは@rqcenter
日々の活動やブログの更新などをつぶやいています。
RQのハッシュタグは#rqcenter
あなたの感じたこと、活動もどうぞつぶやいてください。
みんなで共有し、活動を広げていきましょう。

 

「東北に笑顔をもたらす、お国言葉のラジオ体操」 http://ow.ly/6Mn7N 中頃に
RQ河北のスタッフが出てくるよ。

 

今日のRQ河北。石巻市内工場清掃。石巻市福地地区の家財搬出及び畳上げ。
雄勝町名振地区住宅片付け。団体も入り54人で活動しました!

 

被災神社もたくさんのボランティアに支援戴いています。多謝

 

————–
8.RQからのお願い
————–

 

できるひとが、できるところで、できることを。
被災地のためにあなたにできること、きっとあります。

 

▼東北/東京ボランティアに参加する
volunteer
▽ボランティア説明会(毎週土曜日、13:30から15:00)
RQ市民災害救援センター 東京本部(西日暮里)
rqsetumeikai

 

▼被災者・ボランティア活動に必要な物資を送る
supplies

 

▼広める
現地の様子やニーズなどを身近な人に話したり、ブログなどで沢山の人に伝えてください。
▽報告会・イベント情報一覧
event_calendar
▽ボランティアOB/OGのネットワーク
volunteer_obog
▽その他のメディア情報、過去の講演などのライブラリーとして
report_data
▽海外の家族、友人に紹介する。各国語ページ
(英)en/aboutus_us
(仏) fr/aboutus_fr
(中)zh-hans/aboutus_cn
(韓)ko/aboutus_ko
(独)de/aboutus_de

 

◆◆◆

 

最近RQのウエブサイトに、Facebookのウインドウが出現しています。お気づきの方もあるかと思いますが、FacebookでRQ市民災害救援センターのページができました。

 

もうひとつお知らせ。

 

RQの活動も年内終了と、新しい長期的な地域を支援する活動の準備に向け、ホームページでお伝えしなければならないことも変わってきました。いまウエブサイトのリニューアルが進行中で、まもなく公開できそうです。

 

みなさまからのRQホームページやメルマガへの
ご意見・ご感想をぜひぜひお寄せくださいませ。
rqweb@ecotourism-center.jp

 

次回は10月10日(月)発行予定です。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター
「RQメルマ」発行部数:3,680
http://www.rq-center.net
[twitter] <http://twitter.com/#!/rqcenter
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz