‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター・メールマガジン
毎週ほぼ月曜日に配信 2011-11-01  023号
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
気がつくと今年もあと2カ月。本格的な冬が来る前に、仮設住宅での寒さ対策など、やることはたくさんあります。OBOGのみなさん、冬が来る前にもう一度、現地で活動してみてはどうでしょう。もちろん初参加も歓迎です。
ウエブサイトでOBOGのインタビュー記事の掲載を始めました。
http://www.rq-center.net/aboutvol/experience
リアルな経験談、聞けます。  (なべ)

 

————–
1.今週のトップニュース
————-
被災地支援やRQの活動のために、多くのみなさまから活動資金、物資をいただきました。感謝の気持ちを込めてウエブサイトでお名前を公開させていただきます。ご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。
http://www.rq-center.net/supplies/supplies_m/supplies_meibo
http://www.rq-center.net/supplies/busshi/bussi_meibo

 

首相官邸「私の復興便り」(2011.10.25)にRQの活動が紹介されました。
http://www.kantei.go.jp/fukkou/tayori/20111025_index.html

 

朝日新聞 asahi.com(2011.10.13)気仙沼に本格「番屋」建設の記事が掲載されました。
http://www.asahi.com/edu/news/TKY201110130239.html

 

————–
2.イベントのお知らせ
————–
◆〆切直前!! 聞かせてください!あなたのRQ体験!
11月5、6日に開催される「全国生涯学習ネットワークフォーラム2011」の分科会「震災ボランティアと若者たちーその学びと支援を考えるー」ではRQに集まってくれた“若者の声”を大募集しています。あなたの体験を広げることが、支援の輪を拡げます。ぜひ、ご協力ください。
募集締め切り:11月3日(木)
http://www.rq-center.net/announcement/20130

 

◆全国ボランティアフェスティバルTOKYO
期日:11月12日(土)13日(日)(両国、青山ほか)
11月12日(土)両国会場で行われる分科会に広瀬総本部長も参加。
テーマは「自然学校の社会的意義 〜災害対策の拠点として〜」
http://volunteerfestival.jp/721

 

◆日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2011」に出展
期日:12月15日、16日、17日(東京ビッグサイト)
http://eco-pro.com/eco2011/
RQのブースはこちら「あ」行、上から6番目
http://eco-pro.biz/ecopro2011/events/list.html
(お詫びと訂正)
前回のメルマガで「エコプロダクツ2011」の開催場所を、幕張メッセと紹介しましたが、正しくは東京ビッグサイトです。関係者のみなさまにはご迷惑をおかけしました。

 

■12月9日(金)にRQシンポジウムを開催します!
詳細は決まり次第、お知らせします。

 

————–
3.各拠点の最近の動きとメッセージ
————–
東北はそろそろ冬支度です。活動に参加される方へのアドバイスです。
*作業に使用する車両のスリップ防止対策を
*拠点の防寒対策、特に宿泊場所をコンパクトに
*光熱費を効率よく使おう
*車両利用は必要最低限にしよう
*運転者はマニュアル車の運転ができる人を優先

 

では各拠点の活動から。

 

◎登米本部
こんにちは。朝晩冷え込み、早朝は、登米本部がお借りしている校舎が白いモヤで包まれて、とても幻想的です。平日は40名ほどで活動しています。(新垣さん)

 

<今週の登米、新着情報>
◆RQホームページで『週刊とめブログ』コーナーを始めました。
月、火曜日あたりに更新予定です。各チームの様子をご覧ください。
http://www.rq-center.net/tag/週刊とめブログ
◆子どもの遊び場「くりの木ひろば」オープン
小泉中学校から少し上がった栗林で、『くりの木ひろば(仮名称)』というあそび場を11月2日にオープンすることになりました。
活動は月・水・金の14時〜暗くなるまで、土・日の10時〜暗くなるまでです。
みんなのやりたい!ことができる広場で、RQのメンバーがいる時には、子どもたちと一緒におもしろいことを考えたり、散歩の途中で寄ってくれたおばあちゃんとおしゃべりをしたり。たき火で焼き芋も計画中です。(地域支援チーム・ゆっこさんより)

 

<今後の予定>
◆11月3日(祝)RQ地域交流会
子どもキャンプチームの協力で、着々と準備が進んでいます。アウトドアクラフト作り、バームクーヘン作りなども計画中。
http://www.rq-center.net/announcement/20825

 

<地域の行事>
◆11月5日(日)道の駅「林林館」で秋祭り
東北の魅力を味わえるイベント。RQも活動を展示紹介! 地元の秋の味覚や文化芸能を満喫できます!

 

<気仙沼市での活動など>
◆11月3日(祝)小泉中学校、東京・恵比寿へ
恵比寿ガーデンプレイスのバカラのシャンデリア点灯式で、気仙沼市小泉中学校の生徒・教職員全員で第九を合唱します。ぜひ応援に駆けつけてください。16:30からです。

 

<ブログ>
・中瀬町運動会!
・小泉でのがれき撤去
・冬が来る前に。。
http://www.rq-center.net/blog/tome
地域支援チーム
http://www.rq-center.net/blog/cst

 

◎河北
<ブログ>
・小学校の秋祭り
・つながるということ
・仕事のお昼休みに、芋煮会
・さんまの味
http://www.rq-center.net/blog/kahoku

 

◎唐桑
◆唐桑では養殖のお手伝いを継続中
牡蠣の養殖と併用してホタテの養殖のお手伝いが始まりました。震災後の作業の遅れを少しでも取り戻そうと、お手伝いさせていただいてます。
地元のお母さんのお手伝いをしながら、養殖事業のことや津波のこと、いろいろなお話を聞きながら作業をしています。
◆仮設住宅でのお茶会
お茶を飲みながら、ふと会話したことで、その日が少しでも良くなればという思いから、お茶会を継続的に開かせていただいてます。例えば音楽を聴きながら、気分転換をしていただくなどの活動をしています。(犀川さん)

 

<今後の予定>
◆11月3日 大沢地区 賀茂神社の祭典
◆11月5日 お茶会 小原木小学校、小原木中学校

 

<ブログ>
・コミュニティー作りのいも煮会
・You-SuKeさん「じいちゃんの海」完成披露ライブ
・ホタテの養殖ロープづくりと竹やぶ清掃
http://www.rq-center.net/blog/karakuwa

 

◎歌津
毎週、火曜日は活動休止日になります。
休止日は、新しいボランティアの受け入れはできません。
RQ歌津Cは本格的な冬を前に、
10月より宿泊場所を近くの地域の施設に移転しています。
サイトの生活情報欄を更新しましたのでご覧ください。
http://www.rq-center.net/aboutus/base/utatsu_c

 

<ブログ>
・マキ子の部屋
・子供たちの笑顔
・土俵づくり
http://www.rq-center.net/blog/utatsu

 

◎小泉ボランティアセンター
<ブログ>
・水仙ロードの復活に向けて
・小泉でのがれき撤去
http://www.rq-center.net/blog/koizumi

 

◎RQ女性支援センター
タコさんエコたわし、バラのエコたわしなど、仮設住宅での編み物教室が好評です。今までの参加者のべ150人。先週は5か所で編み物教室を行ないました。手仕事プロジェクトの拠点となる「さざほざ」アトリエがオープンしました。登米市南方仮設住宅から徒歩2分ほどの立地です。記念すべき初講座は、稲わらリースづくり教室を行ないました。(塩本)

 

<先週の活動>
◆10/25日 気仙沼水梨で編み物教室・歌津寄木で編み物教室
◆10/26日 気仙沼大島で編み物教室・気仙沼階上で編み物教室
◆10/27日 登米市南方仮設住宅で編み物教室、参加者は驚異の52人
◆10/29日 さざほざアトリエオープニングセレモニー
さざほざアトリエで稲わらリースづくり教室

 

<今後の予定>
◆11月2日 気仙沼階上で編み物教室・河北名振仮設で編み物教室
◆11月2日 着物の解体、洗濯ボランティアの日(東京本部にて)
参加者募集中! 東京本部に直接お越しください。

 

<ブログ>
・今週の講座予定
・「さざほざアトリエ」オープンのお礼
・「さざほざ(和気あいあい)アトリエ」 オープン!
・驚きの52人
http://www.rq-center.net/blog/women

 

◎東京本部
◆ライティングのできるボランティア募集中
ウエブサイトの改善、聞き書きやボランティア体験談のまとめなど文章をまとめる仕事が増えています。
《応募・問い合わせ先》
rqweb@ecotourism-center.jp

 

◆翻訳ボランティアを募集中
Webサイトの多言語化に取り組んでいます。
スペイン語・ポルトガル語のできる方、お待ちしています。
http://www.rq-center.net/announcement/11852

 

東京本部のブログ
http://www.rq-center.net/blog/tokyo

 

————–
4.現地ボランティア受付中
————–
★★★ 被災地でのボランティア活動は継続します★★★
冬支度たすけ隊!真っ赤な日は人手不足の赤信号!ぜひあなたの力を!
http://www.rq-center.net/volunteer/genchi#moshikomi_cal
15名以上での参加は、通常のボランティアとは別に登録窓口を設け、RQの担当者がご希望と人数に合わせて支援活動を手配します。
http://www.rq-center.net/volunteer/groupapp
▽ボランティア申し込みページ
http://www.rq-center.net/volunteer
▽説明会
10月29日(土)を最後に終了しました。なお、土曜日の東京本部は12時から5時まで活動しています。ご質問等がありましたら、気軽にお越しください。
http://www.rq-center.net/volunteer/rqsetumeikai

 

http://www.rq-center.net/aboutvol/reports/hirose_s01

 

ボランティアOBOGインタビュー 山本明弥香さん公開しました。
http://www.rq-center.net/aboutvol/experience/obog_yamamoto

 

ボランティア活動の記録ギャラリー 3〜5月分公開しました。
http://www.rq-center.net/aboutvol/gallery

 

————–
5.現地で活動に参加される方、ご注意ください
————–
◆無料送迎車の運行スケジュールは必ず確認を
◆厚手のフリースやヤッケなど防寒着が必要です。車も雪の備えを。
◆歌津は火曜、河北VCは毎週月曜が活動休止日です
休止日は新規ボランティアの受入れはできません。
◆宮城県、災害派遣等従事車両証明書適用を12月10日まで延長
被災地までの有料道路の通行料金が免除される証明書の取得方法は、
ボランティア申込後の「ボランティア要請メール」でお知らせしています。
また現地で3日以上、活動に車輌をご提供いただける方には証明書の
代行取得を行います。詳細は要請メールでご確認ください。

 

————–
6. クルマで現地に行かれる方にお願い
————–
【車】現地の活動にあなたの車を!
現地では移動用の車両が足りない状況が続いています。
大きめで、運転者・年齢制限のない任意保険に加入する車をお持ちの方は、
ぜひ現地の活動に車をご提供ください。
実稼働3日以上の場合、「帰宅時のガソリン代補助」として3000円を支給しています。
http://www.rq-center.net/announcement/8299

 

【ボランティアのあいのり】
カーシェアリング(乗り合い)を推奨しています。「乗せて行けるよ」という方がいらっしゃいましたら、RQ東京本部までご連絡ください。

 

【事故・トラブルを起こさないために!】
(1)現地入り前に、災害ボランティア保険に加入するのを忘れずに!
現地に入る前に、お近くの社会福祉協議会でボランティア保険(天災プラン)に必ず加入してお越しください。
(2)車の事故に注意!
被災地での交通事故も少なくないようです。慣れない土地、慣れない車での運転に加え、作業車の往来、疲れ・寝不足からくる不注意など危険要素は直ぐ身
近に。支援先で事故を起こすなどもってのほか。くれぐれも気をつけていきましょう。

 

————–
7.無料送迎運行状況
————–
出発日や時間、増発便情報など、送迎車の運行状況は日々更新しています。
http://www.rq-center.net/volunteer/rqbus

 

▼新橋号臨時便が運行されます。ただいま受付中!
・11月17日(木)新橋12:00発⇒河北・登米(10名)
・11月20日(日)登米12:00・河北13:00⇒東京(10名)
*予約は11月11日(金)まで受け付けます。
http://www.rq-center.net/volunteer/rqbus#shinbashigo

 

▼「くりこま号」の運行状況 (くりこま高原駅・石超駅〜登米・東北現地本部)
※10月11日(火)より1日1往復となっています。
※受付は専用電話のみ
http://www.rq-center.net/volunteer/rqbus#kurikomago

 

————–
8.Twitter、Facebookで拾ったRQに寄せられた想い
————–
RQの公式アカウントは@rqcenter、RQのハッシュタグは#rqcenter
あなたの感じたこと、活動もどうぞつぶやいてください。
みんなで共有し、活動を広げていきましょう。

 

(Twitterより)
唐桑半島でも特産物であるカキ養殖が復活しようとしています

 

怒涛の一週間の始まりは、南方仮設住宅での300人越え芋煮会から、でした。。。コンテ
ナおおあみさんのブログから → http://t.co/1wP1qQp2

 

————–
9.RQからのお願い
————–
できるひとが、できるところで、できることを。
被災地のためにあなたにできること、きっとあります。

 

▼東北/東京ボランティアに参加する
http://www.rq-center.net/volunteer

 

▼被災者・ボランティア活動に必要な物資を送る
http://www.rq-center.net/supplies/busshi

 

▼広める
現地の様子やニーズなどを身近な人に話したり、ブログなどで沢山の人に伝えて
ください。
▽ボランティア募集チラシ(更新!)
http://bit.ly/qw6CMK
▽イベント情報
http://www.rq-center.net/info/events
▽ボランティアOB/OGの皆さんへ
http://www.rq-center.net/aboutvol/obog
▽メディア掲載情報
http://www.rq-center.net/aboutus/media
▽海外の家族、友人に紹介する。各国語ページ
(英)http://www.rq-center.net/home-en
(仏)http://www.rq-center.net/home-fr
(中)http://www.rq-center.net/home-zh-hans
(韓)http://www.rq-center.net/home-ko
(独)http://www.rq-center.net/home-de
(西)http://www.rq-center.net/es/aboutus_es
(葡)http://www.rq-center.net/pt-br/aboutus_pt-br
(蒙)http://www.rq-center.net/mn/aboutus_mn

 

◆◆◆
みなさまからのRQホームページやメルマガへの
ご意見・ご感想をぜひぜひお寄せくださいませ。
rqweb@ecotourism-center.jp

 

10月26日にスペイン語版が公開でき、RQのウエブサイトは9カ国語に対応できました。
これも翻訳ボランティアさんたちの力があったからこそ、
ご協力いただいたみなさま感謝です!

 

次回は11月7日(月)発行予定です。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター
「RQメルマ」発行部数:3,710
http://www.rq-center.net
[twitter] <http://twitter.com/#!/rqcenter
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz