‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター・メールマガジン
毎週ほぼ月曜日に配信 2011-11-28 027号
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
いよいよ今週で11月も終わり。
9カ月間に及ぶRQの活動も月末で区切りを迎えます。
しかし、これは区切りであって、終わりではありません。
12月9日の「RQシンポジウム」は、これまでの活動を振り返るとともに
今後の新たな支援の形について話し合う場になります。
現地からは、新たな活動に向けた話題も届いていますので
メルマガの各拠点の情報もぜひご覧ください。
RQは、“アメーバー”のように変幻自在に広がり始めています。
12月以降のボランティア支援についても、
近々、お知らせできると思いますので、
引き続きご支援のほどお願い申し上げます(やまざき)

————–
1.今週のトップニュース・お知らせ
————-
◆RQは11月末をもって、いったん活動を終了し、12月以降、新たな態勢で支援活動を行います。
これまで、さまざまな形で活動を支えてくださったすべての方々に、心より御礼を申し上げます。

◆12月9日「RQシンポジウム」参加申し込み受付中
→ http://www.rq-center.net/announcement/22442
RQのこれまでの活動を振り返り、今後の地域との関わり方を考えます。
途中参加も歓迎です。お誘い合わせの上ご参加ください!
日時:第2回 RQシンポジウム:12月9日(金)15時〜
会場:東京・国立オリンピック記念青少年総合センター

■第1部「RQの成立からこれまで」15:00〜18:05
○RQ活動とデータ 中垣真紀子さん(RQ東京本部)
○ボランティアリーダーからの報告
RQ登米・東北現地本部:新垣亜美さん
RQ唐桑ボランティアセンター:星野伸行さん
RQ河北ボランティアセンター:塚原俊也さん
RQ小泉ボランティアセンター:西村 登さん
RQ歌津センター:蜘瀧仙人(スパイダー)さん
RQ東京本部:塩本美紀さん、八木和美さん(予定)
RQ被災地女性支援センター:石本めぐみさん(予定)
釜石@ねおす:斉藤学さん
いわき@ホールアース:夫妻木学さん
○東北本部長としての総括 佐々木豊志東北現地本部長
○地域支援へとつながるRQとのきずな
畠山政則氏(宮城県漁業協同組合 唐桑支所 運営委員長兼組合長)
佐藤勝衛氏(登米市米川7区長・米川振興会長)
牧野駿氏(南三陸町歌津町元町長)
○地域・被災地のリーダーの声
○非公募基金会発展フォーラム(中国)セレモニー
■休憩(「ボラ飯」あり。デモンストレーション)
■第2部「中長期の復興支援に取り組むRQのこれから」18:45〜20:30
○新RQ組織と社団RQ災害教育センター 広瀬敏通総本部長
○登米センターと地域とつながる新現地組織 浦田紗智さん
○ディスカッション「ボランティアと新RQと地域の関わり方」
コーディネーター:広瀬敏通総本部長
パネリスト:佐藤勝衛氏、畠山政則氏、牧野駿氏、ボランティアリーダー、佐々木豊志氏
○閉会挨拶 高木幹夫RQ代表
(内容は変わる場合があります)

◆「ありがとうRQ」あなたのメッセージをWEBに残そう
http://www.rq-center.net/aboutus/messages/thanksrq
RQボランティアからのRQへのメッセージ、お世話になった方への感謝の言葉をウェブサイトに残しませんか?
12月2日ごろまでに投稿されたメッセージや写真は、12月9日のRQシンポジウムでも紹介します。

◆東京-現地間の無料送迎車すべて終了
エコセン号、まんてん号の運用が終了しました。関係者の皆さま、ありがとうございました。なお、くりこま号は11月末まで運用します。

————–
2.イベントのお知らせ
————–
◆「日本フィランソロフィー財団 定例セミナー」
RQ被災地女性支援センター(RQW)のリーダー、石本めぐみさんが登壇します。一般の方も申し込みが可能ですので、ぜひご参加ください。
期日:12月12日(東京・新木場 NECソフト本社内にて)
申し込み・お問い合わせ:日本フィランソロピー協会
http://www.philanthropy.or.jp/contents/activity/seminar_267.html

◆日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2011」に出展
期日:12月15日、16日、17日(東京ビッグサイト)
http://eco-pro.com/eco2011/
RQのブースは「あ」行、上から6番目です↓
http://eco-pro.biz/ecopro2011/events/list.html

————–
3.各拠点の最近の動きとメッセージ
————–
◎登米本部<http://www.rq-center.net/aboutus/base/tome_vc>
寒い日は雪がちらつきます。現在登米のボランティアは平日で30名〜50名ほど、休日は60名〜70名ほどで活動しています。

◆ボランティア受け入れは11月末でひとまず終了になります。今後は中長期を見据えた被災地支援に移行していきます。ボランティア受付は12月20日から再開予定です。これからもよろしくお願いします。

◆車でお越しの方へ
早朝・深夜は路面凍結がみられます。車の冬支度を忘れずに、注意してお越しください!

◆『週刊とめブログ』
各チームの様子、月、火曜日あたりに更新予定です。
http://www.rq-center.net/tag/週刊とめブログ

<ブログ>
・土俵づくり
・キッチン池田です。
・変化
・11月の雪と子どもの頭のやわらかさ
・メモっこレシピ集 〜姑直伝のスローフードの巻〜
・中町商店のおばあちゃん
・メモっこ活動記:海が、山が、田畑が育むもの
http://www.rq-center.net/blog/tome

◆地域支援チーム
http://www.rq-center.net/blog/cst

◆聞き書きプロジェクト
http://www.rq-center.net/kikigaki

◎唐桑VC<http://www.rq-center.net/aboutus/base/karakuwa_vc>
◆唐桑拠点は11月末でお世話になった海岸亭を離れます。震災以来、約8カ月間お世話になった感謝の気持ちをこめて現在最後の清掃を丁寧に行っています。

◆12月より新たな拠点へと移動することになりました。
唐桑半島の西側にある一軒家です。養殖作業の手伝い、瓦礫撤去や仮設住宅での生活支援など従来と同様の活動を継続します。皆さまには引き続きのご支援をお願いします。
http://www.rq-center.net/announcement/23252

<ブログ>
・記念日
・ボランティア初!わかめの養殖のお手伝い
・新拠点情報
・ホタテの耳吊り作業
http://www.rq-center.net/blog/karakuwa

◎歌津<http://www.rq-center.net/aboutus/base/utatsu_c>
先週から、拠点の片づけ撤去作業に追われています。さえずりの谷では冬でも子どもたちと遊べるように冬支度を進めています。気温がかなり下がっているので寒さ対策をしっかりして活動に臨みましょう。

◆歌津センターは火曜日定休日ですが、11月29日は特別営業し、最後の片づけ作業を実施します。
http://www.rq-center.net/aboutus/base/utatsu_c

<ブログ>
http://www.rq-center.net/blog/utatsu

◎河北<http://www.rq-center.net/aboutus/base/kahoku_vc>
11月末でRQ河北としてのボランティア募集は終了し、閉所となります。これまで活動してくださった皆さま、本当におつかれさまでした。ご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

◆12月からは、大川地区の子ども支援チーム「リオ・グランデ」として活動を続けます。
週末の活動時にボランティア募集を行う予定です。詳細は、近日中に河北ブログに掲載する予定です。今後ともよろしくお願いします。

<ブログ>
子どもたちの晴れ舞台in仙台
http://www.rq-center.net/blog/kahoku

◎RQ被災地女性支援センター<http://www.rq-center.net/aboutus/base/women_c>
◆11月19日付希望新聞に「毛糸を募集しています」記事を掲載後、全国から沢山のお問い合わせを頂き、誠にありがとうございます。
これから冬本番も「手作り講座」を展開してまいりますので、ご支援の程よろしくお願いいたします。(栗林)

◆Twitterをはじめました。
「冬の手作り講座」の実況中継などを中心にRQWの情報発信をしていきます。みなさん、ぜひフォローしてください!
http://twitter.com/#!/rqwomen

◆手仕事プロジェクトへのご寄付のお願い
http://www.rq-center.net/aboutus/base/women_c/teshigoto_project#supplies

<ブログ>
・歳の差80歳
・編み物に愛をこめて
・ツバキ編み物講習会(気仙沼 大島)〜歌津寄木へ
・ちくちく和布の小物作り講習会(石巻・南方)
・心と心をつなぐ糸
http://www.rq-center.net/blog/women

◎東京本部<http://www.rq-center.net/aboutus/base/tokyo_vc>
◆忘れ物していませんか。
持ち主を待つボランティアの忘れ物リストを公開しています。ご確認ください。
http://www.rq-center.net/tokyo/21746

<ブログ>
・ギャザリング報告
・「まんてん号」ラストラン!
http://www.rq-center.net/blog/tokyo

<レポート>
・2011年11月17-19日 被災地の今
http://www.rq-center.net/report/23161

<ギャラリー>
・gallery2011年11月17-19日 被災地の今
http://www.rq-center.net/aboutvol/gallery/gallery20111117-19
・RQ各拠点11月17〜20日
http://www.rq-center.net/aboutvol/gallery/rq11111720

————–
4.現地ボランティアについて
————–
★★★ 被災地でのボランティア活動は11月末でいったん中止★★★
★★★★★★12月以降、新たな態勢で支援を行います★★★★★★

これまで力を貸してくださった皆さんに、心より感謝いたします。
12月以降の支援の形は、メルマガやWEBを使ってお知らせしていきます。

▽東京←→登米「まんてん号」は終了しました。
▽東京←→登米「エコセン号」は終了しました。
http://www.rq-center.net/volunteer

————–
5.現地で活動に参加される方、ご注意ください
————–
◆東北はもう冬支度です。
*作業に使用する車両のスリップ防止対策を
*拠点の防寒対策、特に宿泊場所をコンパクトに
*光熱費を効率よく使おう
*車両利用は必要最低限にしよう
*運転者はマニュアル車の運転ができる人を優先
*厚手のフリースやヤッケなど防寒着が必要です。車も雪の備えを。
◆無料送迎車の運行スケジュールは必ずご確認を
◆河北VCは毎週月曜、歌津センターは毎週火曜が活動休止日です。
休止日は新規ボランティアの受入れはできません。
◆宮城県、災害派遣等従事車両証明書適用を12月10日まで延長
被災地までの有料道路の通行料金が免除される証明書の取得方法は、
ボランティア申込後の「ボランティア要請メール」でお知らせしています。

————–
6. クルマで現地に行かれる方にお願い
————–
【車】現地の活動にあなたの車を!
現地では移動用の車両が足りない状況が続いています。
大きめで、運転者・年齢制限のない任意保険に加入する車をお持ちの方は、ぜひ現地の活動に車をご提供ください。
実稼働3日以上の場合、「帰宅時のガソリン代補助」として3000円を支給しています。
http://www.rq-center.net/announcement/8299

【ボランティアのあいのり】
カーシェアリング(乗り合い)を推奨しています。「乗せて行けるよ」という方がいらっしゃいましたら、RQ東京本部までご連絡ください。

【事故・トラブルを起こさないために!】
(1)現地入り前に、災害ボランティア保険に加入するのを忘れずに!
現地に入る前に、お近くの社会福祉協議会でボランティア保険(天災プラン)に必ず加入してお越しください。
(2)車の事故に注意!
被災地での交通事故も少なくないようです。慣れない土地、慣れない車での運転に加え、作業車の往来、疲れ・寝不足からくる不注意など危険要素は直ぐ身近に。
支援先で事故を起こすなどもってのほか。くれぐれも気をつけていきましょう。

————–
7.無料送迎運行状況
————–
東京-東北間の運行はすべて終了しました。
http://www.rq-center.net/volunteer/rqbus

▼「くりこま号」の運行状況 (くりこま高原駅・石超駅〜登米・東北現地本部)
※受付は専用電話のみ
http://www.rq-center.net/volunteer/rqbus#kurikomago

————–
8.RQからのお願い
————–
できるひとが、できるところで、できることを。
被災地のためにあなたにできること、きっとあります。

▼東北/東京ボランティアに参加する
http://www.rq-center.net/volunteer

▼被災者・ボランティア活動に必要な物資を送る
http://www.rq-center.net/supplies/busshi

▼広める
現地の様子やニーズなどを身近な人に話したり、ブログなどで
沢山の人に伝えてください。
▽ボランティア募集チラシ
http://bit.ly/qw6CMK
▽イベント情報
http://www.rq-center.net/info/events
▽RQの活動写真ギャラリー(3月〜9月)
http://www.rq-center.net/aboutvol/gallery
▽ボランティアOBOGインタビュー
http://www.rq-center.net/aboutvol/experience
▽ボランティアOB/OGの皆さんへ
http://www.rq-center.net/aboutvol/obog
▽メディア掲載情報
http://www.rq-center.net/aboutus/media
▽各国語ページ
8か国語をご用意しました。海外の家族、友人にご紹介を!
(英)http://www.rq-center.net/home-en
(仏)http://www.rq-center.net/home-fr
(中)http://www.rq-center.net/home-zh-hans
(韓)http://www.rq-center.net/home-ko
(独)http://www.rq-center.net/home-de
(西)http://www.rq-center.net/es/aboutus_es
(葡)http://www.rq-center.net/pt-br/aboutus_pt-br
(蒙)http://www.rq-center.net/mn/aboutus_mn
▽活動データ「災害救援と野外教育」から「自然学校と復興支援」へ
(広瀬敏通総本部長の過去の活動記録より)
http://www.rq-center.net/aboutvol/reports/hirose_s01

◆◆◆
みなさまからのRQホームページやメルマガへの
ご意見・ご感想をぜひぜひお寄せくださいませ。
rqweb@ecotourism-center.jp

RQの活動自体はひと区切りとなりますが
聞き書きや手仕事、子どもキャンプ、地域支援と
RQからいくつもの活動が動き始めていることは、本当にスゴイ!
被災地のことも、新しい活動のことも
自分のできる範囲で応援していきたいと思います。
まだまだ、長い道のりですね。

次回は12月5日(月)発行予定です。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター
「RQメルマ」発行部数:3,733
http://www.rq-center.net
[twitter] <http://twitter.com/#!/rqcenter>
[Facebook] <http://www.facebook.com/rqcenter.f
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz