‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター・メールマガジン
毎週ほぼ月曜日に配信 2011-12-05 028号
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
師走に入りました。
年末に向けて慌ただしい日々が続き、気が付けば
年が明けているという人も多いかもしれませんね。

そこであえて提案ですが、
「今年はあんなことも、こんなこともあった」
と一年を振り返る時間をとってみてはどうでしょう。

私の場合、東日本大震災とRQとの出会いから、
夜業が続く二束のわらじ生活が始まりまして、
RQが11月末で終了し、もう年も終わるのか、
しみじみする一方、長く続く復興の道のりを思って、
さまざまな思いでいっぱいなのでした。(くりばやし)

*RQは11月末をもって、いったん活動を終了いたしました。
12月以降の支援と新体制については、ウェブページで随時お伝えして
まいります。どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.rq-center.net/announcement/23462

————–
1.今週のトップニュース・お知らせ
————-
◆参加者募集中!12月9日東京での「RQシンポジウム」
→ http://www.rq-center.net/announcement/22442
RQのこれまでの活動を振り返り、今後の地域との関わり方を考えます。
途中参加も歓迎です。また、ボラ飯や二次会などのお楽しみもご用意して
いますので、お誘い合わせの上ご参加ください。
日時:第2回 RQシンポジウム:12月9日(金)15時〜
会場:東京・国立オリンピック記念青少年総合センター

■第1部「RQの成立からこれまで」15:00〜18:05
○RQ活動とデータ 中垣真紀子さん(RQ東京本部)
○ボランティアリーダーからの報告
RQ登米・東北現地本部:新垣亜美さん
RQ唐桑ボランティアセンター:星野伸行さん
RQ河北ボランティアセンター:塚原俊也さん
RQ小泉ボランティアセンター:西村 登さん
RQ歌津センター:蜘瀧仙人(スパイダー)さん
RQ東京本部:八木和美さん
RQ被災地女性支援センター:足立千佳子さん、石本めぐみさん
釜石@ねおす:斉藤学さん
いわき@ホールアース:夫妻木学さん
○東北本部長としての総括 佐々木豊志東北現地本部長
○地域支援へとつながるRQとのきずな
畠山政則氏(宮城県漁業協同組合 唐桑支所 運営委員長兼組合長)
佐藤勝衛氏(登米市米川7区長・米川振興会長)
牧野駿氏(南三陸町歌津町元町長)
○地域・被災地のリーダーの声
○非公募基金会発展フォーラム(中国)セレモニー
■休憩(「ボラ飯」あり。デモンストレーション)
■第2部「中長期の復興支援に取り組むRQのこれから」18:45〜20:30
○新RQ組織と社団RQ災害教育センター 広瀬敏通総本部長
○登米センターと地域とつながる新現地組織 浦田紗智さん
○ディスカッション「ボランティアと新RQと地域の関わり方」
コーディネーター:広瀬敏通総本部長
パネリスト:佐藤勝衛氏、畠山政則氏、牧野駿氏、ボランティアリーダー、佐々木豊志氏
○閉会挨拶 高木幹夫RQ代表
(内容は変わる場合があります)

◆シンポジウムの記録づくりにご協力ください!
シンポジウム当日に会場に来られる方で、以下のボランティアを募集します。

1.各発表者の記録(書き起こし)
2.写真撮影
3.ビデオ撮影(デジタルビデオ、三脚をお貸しいただける方も募集しています。)

ご協力くださる方は、次のメールアドレスまでご連絡ください。
宛先: rqweb@ecotourism-center.jp (ウェブチーム宛て)
件名:シンポジウム記録サポート
締め切り:12月7日(水)までに

◆投稿募集中!「ありがとうRQ」
RQボランティアからの「RQへのメッセージ」、
お世話になった方への感謝の言葉「ありがとう皆さん」
の投稿ページを設けました。
http://www.rq-center.net/aboutus/messages/thanksrq

これまでの投稿は、上記ページよりご覧いただけます。
もし、あなたへのメッセージ、あなたと同じ頃活動したボランティア
の声をみつけたら、ぜひその声に応えてご投稿ください。

————–
2.イベントのお知らせ
————–
◆「日本フィランソロフィー財団 定例セミナー」
RQ被災地女性支援センター(RQW)のリーダー、石本めぐみさんが登壇します。
一般の方も申し込みが可能ですので、ぜひご参加ください。
日時:12月12日(月)15:00〜17:00(東京・新木場 NECソフト本社内にて)
申し込みはこちらのページから。
http://www.philanthropy.or.jp/contents/activity/seminar_267.html

◆日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2011」に出展
日時:12月15日、16日、17日 10:00〜18:00(東京ビッグサイト)
http://eco-pro.com/eco2011/
RQのブースは「あ」行、上から6番目です↓
http://eco-pro.biz/ecopro2011/events/list.html

————–
3.各拠点の最近の動きとメッセージ
————–
(1)登米本部
<http://www.rq-center.net/aboutus/base/tome_vc>
【新垣さんより】
こんにちは。RQの活動を終了した鱒淵小学校には、今も
残務処理や新体制準備のために15名ほどが残っています。
寒さも厳しくなり、とうとうストーブを出しました。

今後のボランティア受け入れについては現在検討中ですので、
もう少しお待ちください。鱒淵小学校を、多くの方が
気軽に何度も通える場所にしたいと考えています。
その第一歩として・・・↓

■年末年始  鱒淵小ステイのお誘い
【みいらより】
現在は新体制への移行期間のため、作業などの被災地支援活動は休止していますが、
鱒淵の地域の方との交流や、ボランティア同士の親交、被災地のこれからを考えるなど、
年末年始を登米で過ごしませんか?

<年末年始の予定>
12月20日〜 クリスマス&忘年会準備(地域の方に踊りを習うなど)
24日 クリスマス&忘年会(地域の方&RQメンバー)
27日 地域交流餅つき大会
28日〜 大掃除
31日 年越し(華足寺に除夜の鐘をつきに行きます)
1月 1日 初詣
14日 どんと祭(地元のお祭り)

鱒淵地区の方から「お正月お家においで〜」などお声掛けいただいています。
RQの活動中にお知り合いになった方々と再開する機会としてもぜひどうぞ!
ご家族でのお越しも大歓迎です。
なお、急なボランティアニーズ(雪かきなど)が発生した際には、
ご協力をお願いします。

<滞在に関しての変更点>
これまで全国の沢山の方々からお寄せいただいた活動支援金のサポートにより
滞在費は無料としていましたが、今後は光熱費・食費等の滞在費(¥1,500/1泊)を
いただく形になります。食事の用意は当番制で行なう予定です。
(長期滞在者や学生などの割引を検討中)
なお、くりこま号(くりこま高原駅など⇔登米)送迎についても検討中です。
申し込み方法などの詳細が決まり次第、ウェブページでお知らせします。
また、新体制の詳細は12月9日のシンポジウムにて発表いたします。

◆車でお越しの方へ
早朝・深夜は路面凍結がみられます。
車の冬支度を忘れずに、注意してお越しください!

◆『週刊とめブログ』最終回
http://www.rq-center.net/tome/23671

<ブログ>
・メモっこ活動記:お仲間に入れていただきました
・メモっこ活動記:番外編・冬晴れの登米
・コロッケ
・最後のミーティング
・最後のボランティア
http://www.rq-center.net/blog/tome

◆地域支援チーム
・気仙沼ソフトボール大会
http://www.rq-center.net/blog/cst

◆聞き書きプロジェクト
http://www.rq-center.net/kikigaki

(2)唐桑
<http://www.rq-center.net/aboutus/base/karakuwa_vc>
【 星野さんより】
新RQ唐桑VCは12月1日から新拠点に引越しました。
詳細はRQHP拠点情報や唐桑活動ブログをご参照ください。
http://www.rq-center.net/announcement/23252

12月に入っても、前号でお知らせしたとおり養殖の作業が継続して
行われています。相変わらず人手が足りない状況です。
是非、皆さまのご支援をお願いします。
また団体の受け入れも12月3日に行い、3現場で作業をして
いただきました。現地のニーズはまだ多くあります。
日々皆さまの活動したいという気持ちを汲むベく現地を飛び回っています。
新拠点は一軒家でアットホームな雰囲気で居心地も快適です。
また、外作業も防寒対策さえしっかりすれば、皆さんが想像するより
寒くありません。どうか唐桑にお越しいただき一緒に作業しましょう。
よろしくお願いします。

<ブログ>
・唐桑拠点移転作業
・新RQ唐桑の最後の活動・・・やっぱり海でしょ!
・3人だけの開所式
http://www.rq-center.net/blog/karakuwa

(3)歌津<http://www.rq-center.net/aboutus/base/utatsu_c>
【佐藤さんより】
拠点の片づけ撤去作業を継続して行い、11月30日にはRQ歌津センターの
コンテナが撤去されました。さらに数日中には、宿泊施設としてお借りして
いた「活性化センター」からも撤退をするので大掃除に取りかかっています。
そして、今後「歌津てんぐのヤマ学校」や、現在も協力下さっている他団体の
ボランティアの方々の拠点となる「せせらぎ荘」の補修・大掃除を行っています。

◆歌津のスパイダーこと、蜘瀧さんのボランティアOBOGインタビュー
歌津の魅力、さえずりの谷の「歌津てんぐのヤマ学校」のこれからについて
も語って下さいました。
http://www.rq-center.net/aboutvol/experience/obog_spyder

「歌津てんぐのヤマ学校」は、冬でも子どもたちと遊べるように冬支度を
行っています。場所はこれまでのRQ歌津センターのお隣にひっそりとあります。
また、谷には10人以上入れる小屋が出来ました。
お問い合わせ先: スパイダー 080-3933-3684

<ブログ>
・デイキャンプ
・「せせらぎ荘」の補修、急ピッチ!
http://www.rq-center.net/blog/utatsu

(4)河北
<http://www.rq-center.net/aboutus/base/kahoku_vc>
RQ河北VCは、12月から「復興支援チームリオグランデ」
大川地区の子ども支援チームとして活動が続けられます。
【海住さんより】
12月9日のRQシンポジウムでは、仮設住宅支援活動をしてきた
雄勝町名振のお母さんたちが作った「マザーミサンガ」を販売します。
漁網の補修糸を使っていて、デザインが作り手によって一つ一つ違います。
売上は全額お母さんたちに届きますので、どうぞよろしくお願いします。

<ブログ>
・全国の仲間たちへ
・最後の作業
http://www.rq-center.net/blog/kahoku

(5)RQ被災地女性支援センター
<http://www.rq-center.net/aboutus/base/women_c>
現地には寒い冬がやってきましたが、大勢のおかあさんたちが
「冬のてづくり講座」に集まって編み物を楽しんで下さっています。
RQWはこの冬を仮設やみなし仮設で乗り切るみなさんに寄り添って
いきたいと元気に活動を続けていきますので、応援よろしくお願いします。
(RQW 塩本さん)

◆手仕事プロジェクトへのご寄付のお願い
http://www.rq-center.net/aboutus/base/women_c/teshigoto_project#supplies
◆RQWのツイッター、Facebookはじめました。
ぜひフォローや「いいね!」をお願いします。
Twitter http://twitter.com/#!/rqwomen
Facebookファンページ http://www.facebook.com/rqwomen

<ブログ>
・さざほざに遊びに来てください!
・ちゅうちゅうタコかいな
http://www.rq-center.net/blog/women

(6)東京本部
<http://www.rq-center.net/aboutus/base/tokyo_vc>
東京本部の活動は11月末で終了いたしました。
東京ボラの活動を支えてくださった谷根千駄地域の子育てサークル
「たねっこ」のかあさんたちに、心からありがとうございました。
<ブログ>
・RQ東京本部最終日
http://www.rq-center.net/blog/tokyo

————–
4.RQからのお願い
————–
できるひとが、できるところで、できることを。
被災地のためにあなたにできること、きっとあります。

▼ボランティアに参加する
新RQのボランティア受付は、ウェブやメルマガでお知らせ
いたします。もうしばらくお待ちください。

▼広める
現地の様子やニーズなどを身近な人に話したり、ブログなどで
沢山の人に伝えてください。
▽イベント情報
http://www.rq-center.net/info/events
▽RQの活動写真ギャラリー(3月〜9月、
New 2011年11月17-19日 被災地の今)
http://www.rq-center.net/aboutvol/gallery
▽ボランティアOBOGインタビュー
http://www.rq-center.net/aboutvol/experience
▽ボランティアOB/OGの皆さんへ
http://www.rq-center.net/aboutvol/obog
▽メディア掲載情報
http://www.rq-center.net/aboutus/media
▽各国語ページ
8か国語をご用意しました。海外の家族、友人にご紹介を!
(英)http://www.rq-center.net/home-en
(仏)http://www.rq-center.net/home-fr
(中)http://www.rq-center.net/home-zh-hans
(韓)http://www.rq-center.net/home-ko
(独)http://www.rq-center.net/home-de
(西)http://www.rq-center.net/es/aboutus_es
(葡)http://www.rq-center.net/pt-br/aboutus_pt-br
(蒙)http://www.rq-center.net/mn/aboutus_mn
▽活動データ「災害救援と野外教育」から「自然学校と復興支援」へ
(広瀬敏通総本部長の過去の活動記録より)
http://www.rq-center.net/aboutvol/reports/hirose_s01

◆◆◆
みなさまからのRQホームページやメルマガへの
ご意見・ご感想をぜひぜひお寄せくださいませ。
rqweb@ecotourism-center.jp

RQトップページ写真がボランティアのスマイルに
なったのはもうお気づきですか。
ボランティアが笑っていいのか、楽しいと思っていいのか、
と戸惑いがあった人が多いはず。でも、このスマイルが
活動の力になったんだと思います。見ているだけで、
つられて微笑んでしまうのですからスマイルの力は偉大です。

次回メルマガは12月12日(月)発行予定です。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター
「RQメルマ」発行部数:3,754
http://www.rq-center.net
[twitter] <http://twitter.com/#!/rqcenter>
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz