‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター・メールマガジン
2012-01-16 033号
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「今までは、もうこの家に住むことは半ばあきらめていました。でも、作業をした後に家を見ると、まだ住めるのではないかと思うようになりました。少し前向きになることができました。ありがとうございました」(河北ブログ)
「あなたたちがしてくれたことは死ぬまで私の心の中に残っている。ありがとうね」(歌津ブログ)
「『長く生きているといいことよりも悪いことのほうが多い』といって嘆いていたお年寄りも奉仕に徹する皆様の姿に『生きていく勇気をいただいた』と感激しておりました」(谷地地区の方のお手紙)

東京本部のイベント班が作成した「現地の皆さまからの声」(『ボランティアが綴った文集〜若者たち、現地の方の「想い」〜』)を先週末、アップロードしました。これを読むと、RQのボランティアたちは被災者の方々からさまざまな感謝の言葉をいただいたことが改めて分かります。
http://www.rq-center.net/report/25571

RQのブログには「被災者の方から逆に元気をいただいた」とよく書かれていましたが、被災者の方々は、ボランティアたちに感謝の声を発することで、ご自身を奮い立たせていたのかもしれません。
私たちも春には活動を再開できるよう、この文集やブログを読み直して、そろそろ暖機運転を開始したいものです。
今週のトップニュースでお知らせするように2月15日には学生が主催する「東北の真実〜生の声〜」東北震災支援講演会も開催されます。

RQではブログをはじめ「ありがとうRQ」や「参加者名簿」のページを設け、ボランティアに参加した皆さんの証を記録していますが、これらのページは単に過去の記録や思い出を残すものではなく、自分や周囲を改めて奮い立たせるページでもありたいと思っています。
http://www.rq-center.net/aboutus/messages/thanksrq
http://www.rq-center.net/aboutus/rq_volunteers

同文集の『若者の声(各拠点ブログ)』は、唐桑ブログの以下の声が最終ページに載っていました。皆さんの声もぜひ「ありがとうRQ」などでお聞かせください。

「多くの人がたくさんのものを失ったこの震災で、私たちボランティアはお手伝いをさせて頂きながらたくさんのものを得させて頂いています。そのことに感謝と、そして私たちには見えないたくさんの悲しみや苦しみに思いを馳せながら、これからも少しずつですがお手伝いを続けさせて頂きたいと思った、唐桑での生活でした。楽しいですよ!皆さんもぜひいらしてください」
(やまなか)

※メールが途中で切れてしまう方へ。RQサイトで最新号が読めます。
http://www.rq-center.net/blog/mailmag

————
1.今週のトップニュース
————
◆2/15「東北の真実〜生の声〜」東北震災支援講演会
南三陸町旧歌津町牧野駿 × RQ市民災害救援センター総本部長広瀬敏通
主催:震災支援学生団体「Legami(レガーミ)」
日時:2012年2月15日(水)19:00開場 19:20開演
開場:東京・中野ZEROホール(西館小ホール)
参加費:1000円
http://www.rq-center.net/announcement/25747

◆1/21 河本真吾さんNHK第一ラジオ「カケダセ!」出演
AKB48の島田晴香、仲俣汐里らが出演する番組。その震災支援コーナー(1月21日 午前9時32分頃)に、上記の震災支援学生団体「Legami(レガーミ)」代表の河本真吾さん(東海大学4年、RQ聞き書きチーム)が出演し、聞き書きプロジェクトや東北震災支援講演会についてお話する予定です(お相手はAKBかも???)。
http://www.nhk.or.jp/kakedase/

◆一般社団法人RQ災害教育センター ご入会・支援金カンパのお願い
被災地支援を続ける新たなRQをバックアップする「一般社団法人RQ災害教育センター」では、一般会員、団体会員、賛助会員の募集を開始しています。また、今後もボランティア活動を継続していくための活動支援金のカンパも募っています。どうぞよろしくお願いいたします。
http://www.rq-center.jp/

◆一般社団法人RQ災害教育センター 事務局ボランティア募集
事務局ボランティアを若干名募集しています。経理、総務経験者歓迎。以下でお問い合わせください。
http://www.rq-center.jp/contact

————
2.新RQの最近の動きとメッセージ
————
◆◆RQ登米◆◆◆◆
【さっちゃん、まーしー、がっきーより】
こんにちは。なかなかブログを更新できず、ごめんなさい。近々またアップします。RQ登米の最近の活動は、今後の支援に向けた現地調査や他団体との連携、鱒渕地区の方との交流などです。相変わらず、地元の方から旬のワカメや魚(ハゼなど)などのおすそわけをいただいたり、お風呂に呼んでいただいたり・・。冷える日は全身が凍りつくように寒いけど、東北の人のあったかさを感じる毎日ですよ。

さて、RQ登米は、春以降の活動の準備期間として、2月10日まで活動を休止します。その間、お急ぎの場合は一般社団法人RQ災害教育センターまでご連絡ください。

なお、唐桑・小泉・歌津・河北・女性支援の各拠点・チームは変わらず活動中ですので、そちらに御用の方は直接ご連絡いただきますよう、よろしくお願いします。

◆ブログ http://www.rq-center.net/blog/tome

◆◆RQ小泉ボランティアセンター◆◆◆◆
【RQ小泉VCより】
RQ自然学校研修が終わってRQ登米が冬期休暇に入り、鱒淵小は小泉VCと女性支援とチームにわとりで細々と?活動中です。

◆1月14日は新小泉VC初の移動カフェ「こいカフェ」を開催!
今年初めてのお茶っこということで、たくさんの方が集まってくださいました。おなじみのお母さんたちとRQメンバーでの同窓会的な雰囲気もあり、そういう意味では「濃い」カフェとなり、編み物をしながら和気あいあいと楽しい時間を過ごしました(^^)

また、1月15日は小泉どんと祭に参加させてもらいました。流されてしまった家々の基礎だけが残る市街地で、力強い炎が上がりました。
http://rqkoizumi.blogspot.com/2012/01/blog-post_15.html

しばらくはRQ登米活動休止にともない新規ボランティアの受け入れを考えておりませんが、在宅支援・学習支援・移動カフェなどの活動に興味のある方は、下記までお問い合わせください。
E-mail: rqkoizumi@gmail.com
Tel: 090-1713-7076

◆小泉関係者連絡用のメーリングリストを作成しました
リピーターの方は rqkoizumi@gmail.com 宛にお名前・連絡先等をお知ら
せください。
◆HP: https://sites.google.com/site/rqkoizumi/
◆Twitter: @rqkoizumi

◆◆RQ被災地女性支援センター◆◆◆◆
【栗林さんより】
RQWの活動も今年も本格的に始動しています。今月に入って、すでに参加者が100人を超える状況!!これにはボランティアスタッフも嬉しい悲鳴です。私たちの活動地域は被災地全体でいうとほんのわずか。それでも、調査を通じて、支援の手が十分に入っていない地区があることがわかってきました。そうなると、やっぱり放っておくことができないのが私たち。ただ、これだけ活動を続けていると現地長期ボランティアの体調も心配です。

そんな時、サポーターの皆さまの仕事ぷりに感動し、優しい愛に触れ、PCに向かって最近独り言が増えてきた東京スタッフ栗林より、以下、今週のお知らせです。
http://www.rq-center.net/aboutus/base/women_c

◆チャリティ販売のお知らせ
さぁて、もうすぐ恋の季節。定番シリーズに加えて、そんな季節におすすめの商品もご用意しています。ぜひ遊びに来てください。
日時:1月21日(土)11:00-19:00、22日(日)11:00-17:00(※)
場所:東日本復興応援プロジェクトfrom銀座(銀座TSビル1階)。
※販売終了後、近隣で第1回RQWファンクラブ交流会を開催します。RQW 現地運営メンバーも参加し、活動報告を行います。参加をご希望される方は、こちらまでメールをお送りください。
rqwomen@gmail.com

◆『冬の手づくり講座』
今週はお楽しみ企画第一弾として、水墨画講座を開催しました。参加者全員初心者ですが、挑戦する姿は真剣です。最後には、それぞれ立派な水墨画を完成させて、みなさんご満悦でした。なかなか外出ができない高齢者にとって、集会所でのイベントは、お待ちかねの大切な時間となっています。

[ご寄付のお願い]活動を継続していくためのご寄付をお願いしています!
http://www.rq-center.net/aboutus/base/women_c/teshigoto_project

◆ファンクラブ(賛助会員個人、団体・企業)メンバー募集中!
一緒に東北の女性たちの元気を応援しませんか。
http://www.rq-center.net/aboutus/base/women_c#supplies

◆RQW(現地、東京)の活動情報、お手伝い募集の情報は、
RQWサポーターメールで随時お知らせしています。
まずはこちらからサポーター登録をお願いします! http://p.tl/MPfq

◆RQW東京支部の活動は、毎週木曜日10:00〜18:00です。
サポーターのみなさま、少しでもお時間あればぜひいらしてください。

◆Facebook http://www.facebook.com/rqwomen
◆Twitter  https://twitter.com/#!/rqwomen
◆ブログ http://rqwomen.blogspot.com/

◆◆歌津てんぐのヤマ学校◆◆◆◆
【スパイダーさんより】
1/15に、テント商店街で盛大に「繭玉(まゆだま)」行事をヤマ学校主催で行いました。小正月を祝うために本来14日に行うもの。樋の口の地主さん宅と伊里前契約会の共有林から「メーダマの木」を切らせていただいて、前日から食紅で紅白の餅米を準備して。水道のまだないせせらぎ荘と、電気ガスのないRQ跡地のヤマ学校事務所では、こうした準備も容易ではありません。年末の商店街会議でヤマ学校もひと区画お店を置かせてもらうことにし、今回は水道電気もあるここを拠点に準備、当日は囲炉裏で餅を焼けるヤマ学校常設コーナーのお披露目ともなりました。

朝から米を蒸す準備の指導は、RQ時代に個人避難者として「6ヶ月で初めての水一本」をもらったことをいつも涙ながらに語っておられた、「オナゴ契約」の上町切さん。つき手の一番手は牧野元町長。以前水曜バーベキューの寄合で集まっていた面々の顔も。家族三代で参加して、おばあちゃんからまゆだまのやり方を手ほどきされる子どもたちと若者たち。ついた餅と鏡割りした餅をひたすら囲炉裏で町長さんが焼いて下さり、しょうゆ、クルミ餡、ぜんざい、わら納豆、きなこ、粉々もちは揚げ餅、など、餅バイキング三昧。

ヤマ学校こーなーでは、ちょくちょく「もちっこ」と称して、餅を囲炉裏や火鉢で食うおちゃっこスペースをつくる原型がこの日スタートしました。一関周辺のこのあたりは、年中いろんな餅を食う文化。まゆだまも、乾燥させて、6月ごろ揚げ餅で食べ、木のほうは初雷に魔除けに使うのだとか。一年の計としての正月ということわ感じさせられる行事です。
翌日には2mもある木を小学校に運んで、生徒が飾り付け。国道沿いのもう一つの商店街にもさしあげて、観光協会さんから「これから一緒に活動したい」とのご相談もいただきました。
小学校とも話し合いながら、「町に、安全な子供の活動ルート(学校、学童保育、子供のための店、野遊び場)を復興したい、とアイデアを熟成中です。

◆賛助会員募集中です。詳しくはヤマ学校ウェブページ
http://mirukashihime.cool.ne.jp/tengu/

◆ヤマ学校メーリングリスト:
(ボランティア参加や、拠点整備のため協力頂きたいことを、メーリス上でやりとりしていこうと思います。)
join-yamagakkou.9Bdh@ml.freeml.com

◆ブログ http://utatsu.blogspot.com/2012/01/blog-post.html

歌津てんぐのヤマ学校
宮城県元吉郡南三陸町歌津伊里前317-1
080-3933-3684(蜘瀧スパイダー)
090-6603-2030(山下やけん)

◆◆くりの木ひろば◆◆◆◆
【ゆっこさんより】
◆お休みのお知らせとブログ開設
くりの木ひろばの現地での活動は1月10日からしばらくお休みに入りました。しかし、広場としてはいつ誰が来てもいい場所なので、今週末も子どもたちが遊びに来ていたかもしれません。
この、お休みの間は広場の広報活動に力を入れようと思います。その1つとして「くりの木ひろばブログ」を作りました! 活動の様子や今後の予定などを発信していきますのでよかったら見てくださいね。

◆ブログ http://kurinoki-hiroba.blogspot.com/

◆聞き書きプロジェクト◆◆◆◆
ランティアスタッフを大募集しています!現地に行って一度お話を聞いてみたい!現地にはいけないけれど、聞き書き体験をしてみたい!そんな皆様のご参加をお待ちしています。

1. 聞き取り音声のテキスト化ボランティア
話し手から聞き取ったお話はすべて音声データに収められています。それを逐語録(語ったまま)として書き起こしていただく作業です。

2. 自分史執筆ボランティア
文章を書くのが好きな方または文筆業の方。(1)のテキストを元に自分史を書き起こします。

3. 年表作成、調査ボランティア
話し手の方が生きてきた時代はどんな時代だったのか、年表にまとめたり、地方のいろいろなことを調べていただける方。そのほかにも現地・在宅での活動があります。

お申込みは下記から。
http://www.rq-center.net/kikigaki

◆その他の新RQの動き◆◆◆◆
RQ全体、唐桑、RQWなど  http://www.rq-center.net/blogs
リオグランデ http://blog.canpan.info/riogrande/

◆ツイッター、フェイスブックもチェックください◆◆◆◆
ツイッター <http://twitter.com/#!/rqcenter
フェイスブック http://www.facebook.com/rqcenter.f

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
RQのウェブサイトには、ボランティア経験者ブログリンク集があります。
http://www.rq-center.net/aboutvol/vl_link
このリンク集に納められているブログはほんのわずかで、Googleでブログ検索をするとRQ市民災害救援センターについて語ったブログは約1万件あることが分かります。
http://bit.ly/AtJeps
皆さんのブログもぜひRQにご紹介ください。

ところで、このリンク集にはRQのアイドルこと「タオルおじさん」のブログも入っています。
http://blogs.yahoo.co.jp/shinbonboshin
アバターを見るといったい誰のブログ???と笑っちゃいますが(タオルおじさんごめんなさい)、今年の干支「龍」の新作タオル人形はすごい! 実物を見に、春になったら「とめ」に行きましょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/shinbonboshin/61048484.html

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター
「RQメルマ」発行部数:3,746
http://www.rq-center.net
[twitter] <http://twitter.com/#!/rqcenter
[facebook]  http://www.facebook.com/rqcenter.f
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz