‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQメルマ
2012-04-11 045号
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
東京・中野哲学堂公園でのイベントはボランティアもたくさん集まり、販売も大盛況だったようです。
http://www.rq-center.net/tokyo/26908
東北の被災地でもボランティアのニーズがたくさん出てきました。直近では登米の鱒淵華足寺春の例大祭や、歌津・伊里前川の清掃で皆さんの力が必要です。時間をみつけてぜひ参加ください。
(やまなか)

※メールが途中で切れてしまう方へ。RQサイトで最新号が読めます。
http://www.rq-center.net/blog/mailmag

————————————
今週のRQメルマ
————————————
1.新RQニュース
◆RQ災害教育センター
・4/25までのボランティア募集、ほか
◆RQ登米復興交流センター
・華足寺春季例大祭(4/22)ボランティア募集
◆RQ被災地女性支援センター
・冬の手づくり講座、ほか
◆歌津てんぐのヤマ学校
・シロウオ祭り、ほか
◆RQ唐桑海の体験センター
・RQ唐桑海の体験センター4月28日にオープン予定、ボランティア募集
◆くりの木ひろば
・春休みの様子とボランティア募集
◆聞き書きプロジェクト MEMOKKO
・最近の様子とボランティア募集

2.新RQ関連&被災地関連ニュース
・華足寺春季例大祭&被災地応援ツアー参加者募集
・華足寺参拝&春のキャンプのお知らせ&メンバー募集
・小田原での販売イベント、ボランティア募集
・中瀬町チームについてのお知らせ
・海辺の環境教育フォーラム2012 in ふくしま

————————————
1.新RQニュース
————————————
◆◆RQ災害教育センター◆◆◆◆
◆4/25までのボランティア募集中
現在の活動は、シロウオ漁前の歌津・伊里前川の清掃などです。併せて現場で安全管理を担当するリーダー経験者も募集します。メッセージ欄にご記入ください。
http://www.rq-center.jp/volunteer

◆RQ登米復興交流センター事務局ボランティア募集
長期にお願いできる事務局スタッフボランティアを募集します。
http://www.rq-center.jp/news/222

◆ボランティア保険(天災プラン)の加入のお願い
現地にボランティアで入る予定の人はすべて、4月1日より新たにボランティア保険にご加入の手続きをお願いします。往路の事故にも対応できますので、事前に住所のある社協等で手続きを済ませてお越しください。

◆会員・支援金カンパ募集
中長期にわたり被災地支援を続ける新たなRQをバックアップするとともに、災害教育の普及を目指します。活動支援金のカンパと、一般会員、団体会員、賛助会員を募集中です。
http://www.rq-center.jp/nyukai
http://www.rq-center.jp/supplies

◆フェイスブックも、「いいね」をぜひ。
http://www.facebook.com/RQDisasterEducationCenter
————————————

◆◆RQ登米復興交流センター◆◆◆◆
◆華足寺春季例大祭(4/22)ボランティア募集
鱒淵小学校の近くにある華足寺の例大祭が4月22日(日)行われます。坂上田村麻呂が建立したという日本最古の馬の霊場のため、古くは近隣の県からも大勢の人と馬が参拝したと伝えられます。このお祭りの際の幟旗の設営・飾り付け・炊き出しなどのお手伝いの依頼を受けています。住民の方の手作りのお祭りを一緒に体験できる貴重な機会です。
またお寺への参拝にお越しくださる方も歓迎です。暖かくなった鱒淵にこの機会にぜひお越しください。

また例大祭に合わせ、歌津てんぐのヤマ学校主催で歌津の子どもたちのキャンプを行います(ヤマ学校の項参照)。その準備や下見の進捗状況、その過程で住民の方から聞いた興味深いお話をお伝えするブログを立ち上げました。こちらもぜひご覧ください。
・特設サイト: http://kesokuji.blogspot.jp/

・ブログ http://rqfcenter.blogspot.jp/
————————————

◆◆RQ被災地女性支援センター◆◆◆◆
さくら、去年の今頃、こんなに穏やかな気持ちでいただろうかと、谷中銀座での販売を終え、夕焼けに照らされる桜並木を眺めながらしみじみした
栗林です。先月末現地出張しましたが、長い冬もようやく越えて、被災地にも春の風が吹いていました。仮設住宅の入居者にとっては、昨年の1年と比べて、これから変化の少ない仮設住宅暮らしが続きます。足腰が弱くなった、肥満の傾向、なんて声も聞こえて来ていますので、あったかくなる春、少し身体を動かせる新しい楽しい講座を企画したいなと思っています。
http://rqwomen.net/

◆『冬の手づくり講座』
ただいま地元力活性化中です。RQ東北本部の拠点を置いていた東和町鱒淵地区の女性たちが、講座の講師として活躍して下さっています。
http://rqwomen.blogspot.jp/2012/04/blog-post_05.html
その他にも、登米市内にある南方仮設には近隣にお住まいの編み物上手な女性たちが、講座のお手伝いに来てくださっています。地域間で支え合う、新しい関係性が生まれています。
[ご寄付のお願い]活動を継続していくためのご寄付をお願いしています!
http://rqwomen.net/archives/86

◆さざほざアトリエ企画「編んだもんだら」
エコたわしを編んでいる女性たちはどんな人たちなんだろう? 私が送ったメッセージは届いているかな? タコやマンボウをご購入下さったみなさま必見のVTRが完成しました。まだお持ちでない方もこれを見たら、宮城&三陸沿岸シリーズのエコたわしが欲しくなるはず。ぜひご覧ください。
http://rqwomen.net/archives/787

◆ファンクラブ(賛助会員個人、団体・企業)メンバー募集中!
一緒に東北の女性たちの元気を応援しませんか。
http://rqwomen.net/archives/90

◆RQW(現地、東京)の活動情報、お手伝い募集の情報は、RQWサポーターメールで随時お知らせしています。まずはこちらからサポーター登録をお願いします!
http://p.tl/MPfq

◆RQW東京支部の活動は、毎週木曜日10:00-18:00です。
サポーターのみなさま、お時間があればぜひ参加してください。今月から本格始動の「編んだもんだら」のタグ付け替え作業が発生する予定です。ご協力のほどよろしくお願いします!

・Facebook http://www.facebook.com/rqwomen
あなたの「いいね!」で、お友達に広めてください。
・Twitter  https://twitter.com/#!/rqwomen
・ブログ http://rqwomen.blogspot.com/
————————————

◆◆歌津てんぐのヤマ学校◆◆◆◆
◆シロウオ祭りに向けた伝統漁の復活を願って
10日より、伝統ざわ漁の復活に取り組む地域の作業に参加させてただきます。「元気な伊里前川プロジェクト」として、春になり水辺に少しずつ帰ってきはじめた動植物を感じつつ、清掃と石積みの作業体験などを行います。シロウオ漁については
http://utatsu.blogspot.jp/2012/03/blog-post_21.html
河口部での作業は、潮位、天候などにより、おこなえる条件が限られているので、他の作業にふりかえられる場合もあります。ご参加は、RQ災害教育センター一般ボランティア申し込みから。
http://www.rq-center.jp/volunteer

◆戸倉神社の春祈祷 4/15
津波で集落のほとんどが流された戸倉地区の、魔除けの獅子舞。南三陸町は、集落ごとにユニークな伝統行事が生きています。3月末に歌津三島神社春の祭典で子ども神輿を手作りで担いだ歌津の子たちが、今度は戸倉地区のお祭りを見に行きます。「天狗が戸倉のお祭りには出るらしい」という期待を込めて。伝統行事の復活を子供の手でニュースにする「復興ごよみ」の活動も、ヤマ学校の子供たちが始めています。
春は、お祭りや、生き物の動き出す季節。ヤマ学校の子ども活動支援をしてくださる方は、ヤマ学校までご連絡ください。

◆登米市米川鱒渕・華足寺(馬頭観音)お祭りに参詣遠足・キャンプ
4/21-22 RQ復興交流センター(登米鱒渕小)と共催で、歌津の子たちを鱒渕に招くキャンプをします。馬が交通運搬手段で家族同然だった時代には、何百頭もの馬が参詣日に集まった、東北随一の馬の寺。そして南三陸町と米川は、ものや人の交流深かった間柄。お寺の山道近くに前夜「お夜籠り」し、馬が通った道をたどり、絵馬やのぼり旗を子供達が準備して、お寺への道を歩きます。

◆歌津拠点の支援を求めています
土日のヤマ学校の子ども活動への参加、災害教育モニターツアーの受け入れ時のお手伝いをはじめ、写真レポート作り、三嶋神社応援、白テント商店街の活性化支援、駄菓子屋コーナーたちあげ、強風後のヤマ学校施設の復旧、等、事務から建設作業、創造活動まで。スキルを活かして、歌津拠点の活動実施のお手伝いしてくださる方を求めています。
ヤマ学校までご連絡ください。

歌津てんぐのヤマ学校 蜘瀧(くもたき)のりと
・電話 080-3933-3684
・メール yamagakkou@gmail.com
・ブログ http://utatsu.blogspot.com
————————————

◆◆RQ唐桑海の体験センター◆◆◆◆
RQ唐桑海の体験センターの開設準備を急ピッチで行っています。
現在ボランティア団体へモニターツアーなどを行って漁師さんたちと体験プログラムの実践練習を行っています。
体験センターのパンフレットを作成しました。
http://rqkarakuwa.blogspot.jp/2012/04/rq.html
個人のお申し込みも受け付けております。4月28日にオープンします。まだお受けする人数に余裕があります。ぜひ今度のゴールデンウィークに唐桑までお出でください。スタッフ一同お待ちしております。

RQ唐桑海の体験センター ほっしゃんより
・ブログ http://rqkarakuwa.blogspot.jp/
————————————

◆◆くりの木ひろば◆◆◆◆
くりの木ひろばを始めてからは初めての春休み。たくさんの子どもたちが遊びにきました。暖かい日には朝から夕方まで子どもたちの笑い声でいっぱい。先週末には中瀬、戸倉の仮設の子どもたちも遊びに来ました。そして、北は山形県、南は兵庫県、年齢層も様々のボランティアさんが活動に来てくれました。ありがとうございました!

広場は諸事情で縮小することが決まりました(夏くらいまでは今のまま使用ができますが)。その縮小した広場でも子どもたちが遊ぶには十分な広さがあるので、「くりの木ひろば」として広場は続け、サポート活動も続けることにしました。
春休みの間に地域の方がシーソーやテーブル、物置小屋などを作ってくれたり、いつも焼き芋を楽しんでいるのを知っている地主さんからの提案で畑でジャガイモ、さつまいもを育てることになりました。すると、ジャガイモの種芋をくれたお父さん、植え方を教えてくれたおばあちゃんたち、畑を耕してくれた近所のおじいちゃん…。子どもたちの為にと地域の方に協力して頂きながら、くりの木ひろばの活動は続いています。
春休み以降の活動については、活動に関わってくれるボランティアさんと検討しながら、土日を中心にGWや夏休みと活動をしていこうと考えています。

くりの木ひろばの活動は、子どもたちが遊びに来た時は子どもたちを見守りつつ一緒に遊び、いない時には広場の環境整備をして過ごしています。
長期・短期でも活動に関わってくれるボランティアを募集しています! 連絡お待ちしています!!

くりの木ひろば ゆっこ
・メール kurinokhiroba@gmail.com
・ブログ http://kurinoki-hiroba.blogspot.com/
————————————

◆◆聞き書きプロジェクト MEMOKKO◆◆◆◆
MEMOKKOメンバー2人がRQイベントチーム主催の中野哲学堂のイベント販売に参加してきました。
やっぱり「みやぎの美味いもの」の力ってすごい!みなさん、待ってましたとばかり、お酒も、海産物も飛ぶように売れて、食品は早々に完売でした。聞き書きの訪問先でもうれしいニュースとしてお伝えできそうです。
現在、自分史の公開に向けて準備中です。以下の独立サイトから発信予定。ぜひ、RSS、ブックマーク登録してくださいね!

◆ブログトップ:最新情報はこちらから http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/
【MEMOKKOがわかる!コンテンツ】
◆聞き書きプロジェクトのはじまり  http://bit.ly/Irdn3n
◆自分史ができるまで:アポイントから自分史お渡しまで http://bit.ly/HsJYsc
◆心配りを:活動時、訪問時の注意点 http://bit.ly/IvzVga
◆あなたの力を:こんな人を求めています http://bit.ly/Irdvjl
◆どうやって現地入りするの?:アクセスのご案内 http://bit.ly/I8ky1P
◆活動カレンダー http://bit.ly/Irrkis
【音声データ聞き取り助っ人募集中!】
南三陸沿岸部の方言に強い方、ご参加お待ちしています♪
・お問合せ、お申し込みフォーム http://bit.ly/HsK572
————————————

◆◆RQ小泉ボランティアセンター◆◆◆◆
・HP  https://sites.google.com/site/rqkoizumi/
・ブログ  http://rqkoizumi.blogspot.com/
・Twitter https://twitter.com/rqkoizumi

◆◆リオグランデ◆◆◆◆
・ブログ  http://blog.canpan.info/riogrande/

————————————
2.新RQ関連&被災地関連ニュース
————————————
●『華足寺春季例大祭&被災地応援ツアー』参加者募集
【登米で総務をしていた浦田さん(さっちゃん)の個人企画)】

春季例大祭の1週間前、華足寺後援会の方々が舞台設営を行います。
RQもそのお手伝いをさせていただきます。
作業をしながら住民の方たちと親睦を深めましょう。
その前日は被災地へ赴き、現状を視察、買い物・外食などで復興を応援しましょう。

【日程】4月14日(土)〜4月15日(日) 1泊2日
【対象】中学生〜大人 中学生の場合は大人の同伴が必要
【参加費】5000円(外食費・温泉入浴料等は含まれません) 学生2500円
【定員】8名
【スケジュール(予定)】
14日(土)
集合 旧鱒淵小学校10:00 または くりこま高原駅11:20
被災地の視察,復興商店街での買い物,営業再開した食堂での食事,海の見える露天風呂入浴 など
15日(日)
華足寺春の例大祭の準備お手伝い(舞台設営等の作業)
解散 旧鱒淵小学校16:00 または くりこま高原駅17:00
夜は翌週の例大祭に向けた「前夜祭」。宴会で地域の方たちと交流を深めます。
解散後も残れる方はご参加いただけます。
【宿泊】旧鱒淵小学校
http://kesokuji.blogspot.jp/

お申込み・お問い合わせ(担当:浦田)
・電話 050-5806-8193
・メール sachi.urata0903@gmail.com
————————————

●華足寺参拝&春のキャンプのお知らせ
【登米で総務をしていた水村さん(みいら)の個人企画)】

4月22日の鱒淵華足寺春の例大祭に合わせ、春の鱒淵キャンプを行います。鱒淵の里山の“春”を感じるキャンプです。
21日は金環日食もあり、天体ショーも楽しめるかも?!(現地では部分金環食です)歌津てんぐのヤマ学校の子どもキャンプとの合流もあります。

日程:4月21日(土)〜22日(日)  1泊2日
対象:高校生以上(保護者同伴の場合は小・中学生の参加も可)
集合:4月21日(土)10:00  登米市立旧鱒淵小学校
解散:4月22日(日)16:00  同上
主なプログラム:山菜採り、野外泊・炊事、鱒淵のおじいから伝統語り、春の里山トレッキング、川遊び?!、華足寺大祭参拝(お祭りの舞台裏を覗く準備手伝いができるかも?)
宿泊はテント泊を予定しております。また、希望の方には前後泊も可能です(鱒淵小泊;1泊1500円)のでお気軽にお問い合わせください。
キャンプチームメンバーも募集しています。(下記参照)

担当 水村昌司(みいら)
・連絡先  携帯:090-4844-0407
・メール rqcamp@gmail.com

●キャンプチームメンバー募集
【登米で総務をしていた水村さん(みいら)の個人企画)】
昨年夏・秋と被災地の子どもたちが自然の中でゆったりと羽を伸ばせるようにとRQでは子どもキャンプや親子キャンプを行ってきました。現在、歌津ではてんぐのヤマ学校という形で継続的に活動を行っていますが、登米鱒淵でも今後も長いスパンで活動を行っていこうと考えています。それに際し、一緒に活動していくメンバーを募集いたします。
[活動内容]
・歌津・鱒淵でのキャンプの際の運営スタッフ・上記スタッフの育成・鱒淵のキャンプ村(キャンプ場)作り・現地コーディネート・広報、集客・事務処理等・企画作り

などなど。組織作りなどから始めていきますので興味のある方はぜひご一報ください。キャンプ未経験の方でも研修などを行います。お気軽にお問い合わせくださいどうぞ。

担当 水村昌司(みいら)
・連絡先  携帯:090-4844-0407
・メール rqcamp@gmail.com
————————————

●中瀬町チームについてのお知らせ
【RQ登米で総務をしていた新垣さん(がっきー)からのお知らせ】
正式に「中瀬町チーム」というものはまだありませんが、鱒渕小で避難生活を送られていた南三陸町志津川中瀬町のみなさんとRQのOB・OGとの交流は続いています。4月7日〜8日には、子どもたちの春休みお泊まり会を行ないました。「くりの木ひろば」へ遊びに行き、仮設住宅の集会所で食事作りやこわい話などで盛り上がりました。次は夏休みかな?
また、4月22日(日)の鱒渕地区での華足寺大祭で、中瀬町の方々が踊りを披露されます。今、鱒渕の踊りの先生と一緒に練習に励んでおられます。中瀬町OB・OGの皆様、ぜひお祭り当日に遊びに来てください。

定期的な活動としては、RQWとして1月より毎月2回(基本は第2、4月曜日の午前中)、手作り&お茶っこ会を開催しています。こちらは鱒渕地区のお母さん方が協力してくださっており、津波被災地とその周辺地域の交流(繋がり作り)にもなっています。今の所ボランティア募集の予定はありませんが、今後なにか計画された際にはご協力のほどよろしくお願いします。(新垣)
————————————

●小田原での販売イベント、ボランティア募集
「タオル人形もって、おいちゃんも来ます!」

4月14日/4月21日/4月22日
春の小田原に、東北の風を運ぶイベント。お茶屋さん、ガス会社のイベントで、気仙沼、南三陸、石巻のお母さん方の手づくり品などを販売します。また、現地の物産販売も受け付けますよ!
近郊の方、販売ボランティアに参加してみませんか? RQボラリピーターのちんどん喜助こと、豆太郎さんご紹介の企画です。

お問い合わせ、ボラ希望の方、
里野立  mamechin@gmail.com
または塩本@RQW東京 shiomoto@rqwomen.net
————————————

●海辺の環境教育フォーラム2012 in ふくしま
第11回海辺の環境教育フォーラムを、福島県いわき市にあるア クアマリンふくしまで開催します。 東日本大震災以降、海の環境教育をとりまく状況にもさまざまな変化がありました。 “現在の海”をしっかりと見つめ、“これからの海”との関係を考え、いまいちど海の環境教育について語り合うために、ふくしまに集まってみませんか?

【開催日】2012年6月8日(金)〜10日(日)  ※2012/4/9申し込み受付開始
【開催場所】アクアマリンふくしま
【参加費】8500円(学生料金:6500円)
【申し込み開始】4月上旬。当HPに掲載  http://interpreter.ne.jp/umibe/next.html
【主催】アクアマリンふくしま&海辺の環境教育フォーラム2012実行委員会
【問い合わせ先】umibef@gmail.com
————————————

◆ツイッター、フェイスブックもチェックください◆◆◆◆
ツイッター <http://twitter.com/#!/rqcenter
フェイスブック http://www.facebook.com/rqcenter.f

◆RQボランティア参加者名簿にお名前を。
http://www.rq-center.net/aboutus/rq_volunteers
団体名での登録もお待ちしています。
http://www.rq-center.net/aboutus/partners

◆投稿募集中!「ありがとうRQ」
http://www.rq-center.net/aboutus/messages/thanksrq

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ゴールデンウィークが近づき、新RQも慌ただしくなってきました。
ボランティアもしっかり集めていかないといけません。このメールマガジンも、少しずつ改善してパワーアップしていく予定です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQメルマ
RQメルマ編集部発行 発行部数:3,680
http://www.rq-center.net
[twitter] <http://twitter.com/#!/rqcenter
[facebook]  http://www.facebook.com/rqcenter.f
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
受信解除される方はこちらからお願いします。
<http://www.rq-center.net/wp/mg/reg.cgi?reg=del&email=あなたの受信メールアドレスURL末尾は受信e-mailアドレスです。
*受信解除できない場合は下記アドレスに件名「解除希望」とメールをお願いします。
rqml-admin@ecotourism-center.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz