‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQメルマ
2012-05-29 052号
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

RQ登米復興交流センター(旧鱒淵小学校)がある鱒淵地区・鱒淵川は、源氏ボタルの北限の群生地として国の天然記念物として指定されています。6月24日頃から発生のピークを迎えます。
・昨年の発生状況
http://www.city.tome.miyagi.jp/oshirase/towa/hotaru23.html
・鱒淵の源氏ボタルの動画
http://www.youtube.com/watch?v=TfT4Yzqt918
http://www.youtube.com/watch?v=RWI1KXooLx8
・RQの昨年のホタル祭りのブログ
http://www.rq-center.net/tome/10290
大勢の来訪者があるこの時期、RQ登米復興交流センターでは、ホタル祭りを地域の人たちと支えるボランティアを募集しますので、ぜひご協力ください。
(やまなか)

※メールが途中で切れてしまう方へ。RQサイトで最新号が読めます。
http://www.rq-center.net/blog/mailmag

※ボランティア活動カレンダー
http://www.rq-center.jp/volunteer/v_calendar

————————————————
今週のRQメルマ
————————————————
1.新RQニュース
◆RQ災害教育センター
・ホタルボランティア募集ほか
◆RQ唐桑海の体験センター
・現地スタッフボランティア募集ほか
◆RQ小泉ボランティアセンター
・農地再生プロジェクト、水仙ロード復活プロジェクトほか
◆歌津てんぐのヤマ学校
・さえずりの谷の遊び場作りほか
◆聞き書きプロジェクト MEMOKKO
・田束山のツツジ、歌津迎賓館ほか

2.新RQ関連&被災地関連ニュース
・みんなで会えたらそこは鱒淵! 新宿御苑ソトコト出展報告

————————————
新RQニュース
————————————
◆◆RQ災害教育センター◆◆◆◆
◆ますぶちホタルウィーク始まるよ! 6/24〜7/8 登米復興交流センター・ホタルボランティア募集!
ことしも鱒淵にホタルの季節がやってきます。昭和54年、国の天然記念物に指定された鱒淵地域の源氏ボタルは、地域の人たちの環境保全活動によって保護されてきました。ホタルが乱舞する期間中の週末、鱒淵地域にはたくさんの来訪者があり、それに伴う車の渋滞や駐車場の混雑も予想されます。鱒淵地域の源氏ホタル保存会のみなさんと一緒に、この初夏のイベントを支えていただけるボランティアを大募集。
そしてそして・・・まだ公表できませんが、ただいま、この指とまれでいくつかの妄想企画が密かに進行中。「気になる」方も以下から申込みを!
◇ますぶちホタルウィーク:6月24日〜7月8日(予定)ボランティア申込み
http://www.rq-center.jp/volunteer

◆RQ登米復興交流センター中・長期事務局ボランティア募集中。
新RQ各団体の調整、ボランティアコーディネートなど、人と人をつなぐ仕事です。特に、夏休み期間終了まで継続して可能な方、お待ちしています!
【対象】
6月1日以降(開始日は要ご相談)、長期で現地(登米鱒淵小学校)で活動可能な方。
当センターの活動を理解して賛同し、以下の条件をすべて満たす方。
健康で柔軟性のある方を求めています(年齢・性別不問)。
・普通免許有り ・パソコン操作ができる
・できるならRQのOGOBで、現地の事情をご存じのかた。
・生活費:補助あり
・交通費:現地までの交通費一往復分を半額補助します。(上限15,000円)
*応募者多数の場合は選考があります。
【お問い合わせ】
一般社団法人RQ災害教育センター
http://www.rq-center.jp/contact
メッセージ欄に、以下を必ず記入してお送りください。
1.開始可能日 2.終了予定日 3.これまでのボランティア経験、特技など

◆会員・支援金カンパ募集
会員のみなさまには、月に1度のペースで活動報告を発信しています。
中長期にわたり被災地支援を続ける新たなRQをバックアップするとともに、災害教育の普及を目指します。活動支援金のカンパと、一般会員、団体会員、賛助会員を募集中です。
http://www.rq-center.jp/nyukai
http://www.rq-center.jp/supplies

◆フェイスブック更新中。「いいね」をぜひ。
http://www.facebook.com/RQDisasterEducationCenter

◆RQ登米復興交流センター ブログも更新中。
http://rqfcenter.blogspot.jp/
————————————

◆◆RQ唐桑海の体験センター◆◆◆◆
◆夏の繁忙期に向けて「RQ唐桑海の体験センター」現地スタッフボランティアの募集です。
みなさんのご支援により「RQ唐桑海の体験センター」を無事立ち上げることができました。 夏には「唐桑創生村」にBBQ場を作り、みなさんやご家族、親子を体験センターにお迎えする体験プログラムを準備しています。
そこで現地で体験センターのスタッフとして働いていただける方を募集します。
【募集要項】
1.スタッフ期間:6月〜9月
2.ボラ期間:1週間以上〜要ご相談
3.業務内容:パソコンによる各種業務(ワード、エクセル)。体験センター受付リスト作成。参加者の名札作成。当日の受付。リストと来場者のチェック。パンフレットの配布。昼食の調理手伝い。昼食時の給仕。唐桑創生村村民受け付け(集金・領収書発行)。体験センターのお客さんの状況を写真撮影。集合写真撮影。唐桑創生村村民リスト作成。片付け・掃除。
4.賃金・給与:時給制を考えています。お問い合わせください。1ヶ月以上の長期の方は宿泊費を免除します。
5.ご案内:ボランティア宿泊場所、。RQ唐桑センターで2ヶ所準備しています。女子には個室を使っていただきます。畳の部屋で布団を準備しています。
☆体験センター開催日以外で準備等が終了している時は唐桑の観光や自由に見学をしていただき唐桑の魅力を堪能してもらいます。週一日は完全休息の日にします。体験センターの業務以外は自由時間とします。唐桑の生活を楽しんでください。

◆6月16日〜17日に日本旅行さんが魅力的なツアーを組みました
16日は世界遺産の中尊寺を中心とした東北福興祭と17日は唐桑海の体験センターに参加です。ご参加ご検討をお願いします。
http://www.ntainbound.com/volunteer/20120616-hiraizumi.pdf

RQ唐桑海の体験センター
気仙沼市唐桑町宿浦330-5
・メール rqkarakuwa@gmail.com
・ブログ http://rqkarakuwa.blogspot.jp/
・電話 090-4608-0072
————————————

◆◆RQ小泉ボランティアセンター◆◆◆◆
農地再生プロジェクトでは、懸案だった土が入り、カゴメさんから頂いたトマトの苗を地域の皆さんと一緒に植えることができました!
今後も新たな苗植えのため、畑の整備を続けていきますので、ボランティア大募集です。
https://sites.google.com/site/rqkoizumi/new

◆運営スタッフの募集
水仙ロード復活プロジェクト担当、総務担当者を募集します。長期でボラセンの運営に関わってくださる方、お待ちしています。
http://rqkoizumi.blogspot.jp/2012/05/blog-post_12.html

◆病院内の案内ボランティア募集(〜7月末まで)
津波で1階が浸水し、工事をするために診察・受付などが2階に移動します。そのため、1階で来院者の案内をするボランティアが求められています。
https://sites.google.com/site/rqkoizumi/volunteer

◆災害派遣等従事車両証明書の発行について
がれき撤去(農地再生)などの作業に従事する場合、災害派遣等従事車両として高速料金無料措置を受けることが出来ます。(バイク不可)
https://sites.google.com/site/rqkoizumi/volunteer/saigaihaken

RQ小泉ボランティアセンター
・電話 090-6065-2346 (代表)
・メール rqkoizumi@gmail.com
・HP https://sites.google.com/site/rqkoizumi/
・ブログ http://rqkoizumi.blogspot.com/
・Twitter https://twitter.com/rqkoizumi
————————————

◆◆歌津てんぐのヤマ学校◆◆◆◆
◆さえずりの谷の遊び場作り、今年も進行中!
昨年夏に、被災地地元で自然の中思いっきり大きな遊びをできる場を、との地元のお母さんたちの声から生まれた「さえずりの谷」。今年もキャンプや土日活動で使うために、草刈りや建物整備に忙しく取り組んでいます。
土日の活動では、歌津の様々な場所に出かけたりも。森や川、田畑の周りに秘密基地を作り探検しては自分たちの遊び道を広げて行く「ヤマ学校」の伝統を、被災で町の遊び場を奪われた子たちと復興していきます。

◆遊び場作りの支援、子どもと遊ぶスタッフを募集中
さえずりの谷は、日々生き物の息吹を感じられる自然の中のキャンプ地です。夜の寒さ対策や大雨対応に準備が必要ですが、テント泊&ボランティアの滞在も受け入れています。作業は、川の自然観察用の水辺整備、遊びロードの草刈り、さえずりの谷の遊び場作り、など。
ヤマ学校までお問い合わせください(080-3933-3684 yamagakkou@gmail.com)。

◆「歌津復興ごよみ」 子ども新聞とヤマ学校の活動報告
昨年12月のRQ事務所撤収以来、てんぐのヤマ学校は、地元の人たちと交流しつつ、子供の遊び文化の復興を要として、休みなく活動してきました。コミュニティ行事である年末正月の伝統の復活への取り組み、三嶋神社例祭に子供手作り神輿かつぎ、しろうお漁の再開にむけて川の清掃と「しらうのザワがっこう」、避難路でもある「てんぐの山道」復活作戦(名づけて「猿の高台」など)。
これらに参加した子どもやボランティアの声を集めて、「歌津復興ごよみ」と題した報告集を作ります。皆さんのメッセージや、撮って帰った写真記録を募集します。

歌津てんぐのヤマ学校
988-0453 宮城県南三陸町歌津伊里前317-1白テント商店街内
・電話 080-3933-3684
・メール yamagakkou@gmail.com
・ブログ http://utatsu.blogspot.com/
・フェイスブック http://ja-jp.facebook.com/kumotaki

◆◆聞き書きプロジェクト MEMOKKO◆◆◆◆
【今週の最新トピック】
今が一番見頃の田束山のツツジ。仮設住宅の集会場で知り合った地元の方のガイドで満喫してきました。
http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/#!/2012/05/blog-post_27.html
次回はその方のお話(自分史)をうかがうことに・・・
ふとした出会いや、ご紹介を得て、どんどん聞き書きの輪が広がっています。

歌津の平成の森仮設にできた歌津迎賓館を?御存知ですか?
http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/#!/2012/05/blog-post_23.html

⇒活動に興味のある方は下記よりメールでどうぞ♪
・お問合せ、お申し込みフォーム http://bit.ly/HsK572
(現地活動予定日は 活動カレンダー http://bit.ly/Irrkis でご確認ください)

◆聞き書きプロジェクトのはじまり http://bit.ly/Irdn3n
◆自分史ができるまで:アポイントから自分史お渡しまで http://bit.ly/HsJYsc
◆心配りを:活動時、訪問時の注意点 http://bit.ly/IvzVga
◆あなたの力を:こんな人を求めています http://bit.ly/Irdvjl
◆どうやって現地入りするの?:アクセスのご案内 http://bit.ly/I8ky1P
◆活動カレンダー http://bit.ly/Irrkis

聞き書きプロジェクト MEMOKKO
・ブログ http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/
————————————

————————————————
2.新RQ関連&被災地関連ニュース
————————————————
◆◆ロハスデザイン大賞出展報告(イベントチーム)◆◆◆◆
◆みんなで会えたらそこは鱒淵! 新宿御苑ソトコト出展報告
総務のあの人も、タオルおじさんもみんなやって来た!
http://www.rq-center.net/report/27475

————————————

◆◆くりの木ひろば◆◆◆◆
・ブログ  http://kurinoki-hiroba.blogspot.com/
◆◆リオグランデ◆◆◆◆
・ブログ  http://blog.canpan.info/riogrande/
————————————

◆ツイッター、フェイスブックもチェックください◆◆◆◆
ツイッター <http://twitter.com/#!/rqcenter
フェイスブック http://www.facebook.com/rqcenter.f

◆RQボランティア参加者名簿にお名前を。
http://www.rq-center.net/aboutus/rq_volunteers
団体名での登録もお待ちしています。
http://www.rq-center.net/aboutus/partners

◆投稿募集中!「ありがとうRQ」
http://www.rq-center.net/aboutus/messages/thanksrq

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
昨年、慌ただしくボランティア活動をしたり、登米に行く時期がずれたりしたために、鱒淵のホタルを見損なったという人は大勢いるでしょう。
ホタルだけでなく鱒淵小学校周辺の自然はとても魅力的。登米(とよま)町に足を伸ばせば、明治時代の小学校や県庁、警察署などのハイカラな洋風建築物、江戸時代の武家屋敷などがいまもきれいに残っています。
自分たちが寝泊まりに利用した登米の「不思議発見」をしに、この夏来てみませんか?

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQメルマ
RQメルマ編集部発行 発行部数:3,515
http://www.rq-center.net
[twitter] <http://twitter.com/#!/rqcenter
[facebook]  http://www.facebook.com/rqcenter.f
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
受信解除される方はこちらからお願いします。
<http://www.rq-center.net/wp/mg/reg.cgi?reg=del&email=受信e-mail
URL末尾の=以下を受信e-mailアドレスに変更ください。
*受信解除できない場合は下記アドレスに件名「解除希望」とメールをお願いします。
rqml-admin@ecotourism-center.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz