‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQメルマ
2012-06-12 054号
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

夏に向けて、イベントがいろいろと出始めてきました。
鱒淵でホタルウィーク、唐桑では体験センター開催、RQWでは東京で報告会。
歌津てんぐのヤマ学校では夏休みキャンプ、また釜石では起業家向けのスキルアップ講習会が来週から始まります。
そして6/14には自然エネルギー推進自然学校ネットワークの『東京フォーラム』があります。TwitterやUstream中継も行われそう。
ぜひチェックしてみてください。
(やまなか)

※メールが途中で切れてしまう方へ。RQサイトで最新号が読めます。
http://www.rq-center.net/blog/mailmag

※ボランティア活動カレンダー
http://www.rq-center.jp/volunteer/v_calendar

————————————————
今週のRQメルマ
————————————————
1.新RQニュース
◆RQ災害教育センター
・ますぶちホタルウィーク!ボランティア募集ほか
◆歌津てんぐのヤマ学校
・夏休みプログラム参加者募集ほか
◆RQ唐桑海の体験センター
・村民登録150名突破、7/7〜体験センター開催ほか
◆RQ被災地女性支援センター◆◆◆◆
・6/16RQW報告会・交流会開催
◆聞き書きプロジェクト MEMOKKO
・自分史をお渡し。「思い出させてくれて良かった。」ほか
2.新RQ関連&被災地関連ニュース
◆RQ鱒淵キャンププロジェクトチーム 6/30〜7/1キャンプ募集要項
◆起業家スキルアップコース 釜石開催の受講生募集中
◆6/14自然エネルギー推進自然学校ネットワーク『東京フォーラム』開催

◆◆RQ災害教育センター◆◆◆◆
◆【ますぶちホタルウィーク!】6/24〜7/8 登米復興交流センター・ホタルボランティア募集!
今年も鱒淵にホタルの季節がやってきます。昭和54年、国の天然記念物に指定された鱒淵地域の源氏ボタルは、地域の人たちの環境保全活動によって保護されてきました。ホタルが乱舞する期間中の週末、鱒淵地域にはたくさんの来訪者があり、それに伴う車の渋滞や駐車場の混雑も予想されます。鱒淵地域の源氏ホタル保存会のみなさんと一緒に、この初夏のイベントを支えていただけるボランティアを大募集。
【続報】
◇その1.南三陸町志津川の中瀬町のみなさんが鱒淵に里帰り。避難所として鱒淵小学校に滞在されていた中瀬町のみなさんが、ホタル鑑賞に鱒淵に里帰り(?)予定です。餅つきなどのイベントも計画中です。再会を喜び、送迎や交流など、ホスティングチームとしてボランティアにいらっしゃいませんか? 日程は決定次第お知らせします。
◇その2.6/30、7/1 RQキャンプチームによるホタルキャンプ
場所はホタル交流館のあるところ。この日は、ドキュメンタリー映画「源氏ボタル」の上映会も予定しています。
◇ボランティア申込みはこちらから。。。
http://www.rq-center.jp/volunteer

◆RQ登米復興交流センター中・長期事務局ボランティア募集中。
6月20日以降(開始日は要ご相談)、長期で現地(登米鱒淵小学校)で活動可能な方。新RQ各団体の調整、ボランティアコーディネートなど、人と人をつなぐ仕事です。
特に、6月末から夏休み期間終了まで継続して可能な方、お待ちしています!
【対象】
当センターの活動を理解して賛同し、以下の条件をすべて満たす方。
健康で柔軟性のある方を求めています(年齢・性別不問)。
・普通免許有り ・パソコン操作ができる
・RQのOGOBで、現地の事情をご存じの方(必須条件ではありません)。
・生活費:補助あり
・交通費:現地までの交通費一往復分を半額補助します。(上限15,000円)
*応募者多数の場合は選考があります。
【お問い合わせ】
一般社団法人RQ災害教育センター
http://www.rq-center.jp/contact
メッセージ欄に、以下を必ず記入してお送りください。
1.開始可能日 2.終了予定日 3.これまでのボランティア経験、特技など

◆同乗者募集(1〜2名) 6/26(火)東京発 登米行き
RQのOB、下田さんからのお申し出です。お気軽にお問い合わせを。
・出発地:鎌倉 経由 西日暮里で登米に入ります。
・出発:鎌倉:6/26早朝(6:00ごろ)
・集合:7:00 西日暮里(RQセンター前)
・登米発の帰りは6/30(土)です。
ご希望の方は、以下からまずはRQ災害教育センターにご連絡ください。
http://www.rq-center.jp/contact

◆RQ登米復興交流センター ブログも更新中。
http://rqfcenter.blogspot.jp/
————————————

◆◆歌津てんぐのヤマ学校◆◆◆◆
◆夏休みプログラム参加者募集中
山・川・海の豊かな自然が凝縮された歌津の町や「さえずりの谷」で活動するチームや団体を募集します。子ども会やサークル・友人同士などで、自然体験活動・災害教育の場としてお越しください。日程や活動内容はご相談に応じます。
7月14日(土)〜16日(祝)は小中学生とその保護者を対象にしたキャンプを企画しています。予期せぬ災害が発生した時、どのように自らの命をつなげるのか、ライフラインや物がない中、どのように明日を迎えるのか、実践的にチャレンジしつつ、被災された方からも知恵をいただきます。詳細は近日公開予定。

◆子どもと遊ぶスタッフ、遊び場作りボランティアを募集中
ほぼ毎週末子どもと自然の中で遊ぶプログラムを行っています。週末は一緒に遊ぶスタッフ、平日は草刈りや建物整備などの遊び場作りのボランティアを募集しています。プログラム作りに参加できることもあります。

◆東京でヤマ学校作戦会議を行います!
6月15日(金)18:00〜21:00に今後のヤマ学校の作戦会議を行います。現在のヤマ学校の活動に関心がある方、具体的に協力を考えている方、スパイダーと飲み交わしたい方、是非お越しください。場所は西日暮里界隈。集合はRQ災害教育センター事務所(荒川区西日暮里5-38-5日能研ビル2階)
参加者は事前にご連絡いただけると助かります。

歌津てんぐのヤマ学校
988-0453 宮城県南三陸町歌津伊里前317-1白テント商店街内
・電話 080-3933-3684
・メール yamagakkou@gmail.com
・ブログ http://utatsu.blogspot.com/
・フェイスブック http://www.facebook.com/kumotaki
————————————

◆◆RQ唐桑海の体験センター◆◆◆◆
◆みなさんの応援でRQ唐桑海の体験センター来場者が150名を超えました
また唐桑創生村の村民登録が122名となりました。
◆7月以降の体験センター開催日をお知らせします
7月7日、14日、25日、28日、29日、8月4日、25日です。
また夏休み期間(7月20日〜9月第2週)は平日も受け付けます。少人数でも開催を検討しますのでお問い合わせください。お待ちしております。
◆ボランティア募集
上記日程の前後日を含む体験センタースタッフボランティアを募集します。
内容は体験センター前日の準備(受け付けリスト作成、ネームプレートの作成、会場設営etc)、当日の受け付け、会場案内、昼食時に調理手伝い、給仕、写真撮影、リスト作成etc。翌日は残務整理及び養殖体験のご褒美。その他の時間は唐桑内を観光したり名産の海産物を堪能します。
この機会に是非唐桑に来られて養殖の実際と美味しいものを味わってください。なお、宿泊についてはRQ唐桑センターにてお受けしています。

RQ唐桑海の体験センター ほっしゃん
・メール rqkarakuwa@gmail.com
・ブログ http://rqkarakuwa.blogspot.jp/
・電話 090-4608-0072
————————————

◆◆RQ被災地女性支援センター◆◆◆◆
◆来る6月16日(土)「RQW報告会・交流会」開催します!
RQWはこの6月1日で設立1周年を迎えました。
来たる6月16日、RQWの初年度を振り返る「活動報告会/交流会」を、RQW東京支部(RQW災害教育センター内)で行います。前回の交流会から、はや半年。この半年間、RQWは急速に活動を飛躍させてきました。メインスピーカーに、この冬「手づくり講座」を支えてきたRQW現地コアメンバー村松さんを迎え、みなさんとたっぷり意見交換できる報告会を行い、RQWの活動をさらに発展させていきたいと思っています。
報告会後には、アットホームな交流会も行います。
これを機に、ぜひ、RQWの活動にふれてください。みなさまのお越しをお待ちしています。
お申し込みは必要ありませんが、おいでになる場合、準備の関係上メールでご一報いただければ幸いです(とくに、持ちよりの飲みもの、食べものがある場合は事前にお知らせいただけるとありがたいです)。こちらから特に返信はいたしませんのであしからずご了承ください。
info@rqwomen.net。

・RQW活動報告会/交流会 6月16日(土)
・場所:西日暮里、日能研ビル2階
・時間:報告会PM2:00〜3:00/交流会PM3:00〜6:00(出入り自由ですのでお気軽にお立ち寄り下さい)
・会費:無料 *ポットラック形式(食べもの、飲みもの、持ちより形式です。手ぶらで結構ですので、その場合はご寄付をお願いいたします)
————————————

◆◆聞き書きプロジェクト MEMOKKO◆◆◆◆
先週末(6月第二週)は東北現地での活動はお休みでしたが、MEMOKKOサイトでは、一週間前の活動ブログが続々とアップしています。

◇自分史をお渡し。「思い出させてくれて良かった。」
http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/#!/2012/06/blog-post.html
◇磨き上げられた道具は大工の誇りを映して
http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/#!/2012/06/blog-post_05.html
◇お茶っこ女子会:旬の素材を味わう喜び
http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/#!/2012/06/blog-post_06.html
◇聞き書きプロジェクト MEMOKKO
・ブログ http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/
————————————

————————————————
2.新RQ関連&被災地関連ニュース
————————————————
◆◆RQ鱒淵キャンププロジェクトチーム◆◆◆◆
昨年、多くの方が訪れた鱒淵小学校ですが、この学校のシンボルともいえるホタルの季節がやってきました。ゲンジボタルの北限と言われるこの地でキャンプをしながらホタルを愛でませんか?

昨年までは被災地在住の子ども、親子を中心に募集をしていましたが、単純に大人だけの参加も可能になりました。
子どもだけでなく、大人も楽しんでいただけるようキャンプや野外生活における基本スキルなどのレクチャーも入ります。
単純な野外体験ではなく、RQだからこその災害教育を目指し、限られた環境の中での対応・適応能力や応急救護スキルなど織り交ぜたキャンプを今後展開していく予定です。 今回はホタル狩りとキャンプテクニック基礎のプログラムとなります。

◆RQ鱒淵ホタル狩りキャンプ募集要項
【日時】6月30日(土)〜7月1日(日)現地集合解散
【対象】小学生以上の子ども、4歳以上のお子様と保護者の方
【場所】登米市米川町 及甚とゲンジボタル交流館キャンプ場
【参加費】こどものみ  10,000円(1名)
親子参加    12,000円(大人1名、子ども1名)
追加 子ども   3,000円(1名ごと)/ 大人5,000円(1名ごと)
大人のみ   12,000円(宮城県、福島県在住の方は10,000円)
※参加費には宿泊費、食費、保険代、プログラム費用を含みます

【日程】1日目/野外テクニック、野外炊事、ホタル狩りナイトプログラムなど
2日目/昼のホタル狩り、鱒淵トレッキング、野外炊事など
【お申込み】お申込み、お問い合わせは下記まで、電話またはE-mailにてお申し込みくださいまた、活動に興味がある方、一緒にチームとして活動したいという方も下記にご連絡ください。

RQ鱒淵キャンププロジェクトチーム 担当水村昌司(みいら)
・電話 090-4844-0407 (水村)
・メール rqcamp.info@gmail.com
————————————

◆◆内閣府復興支援型地域社会雇用創造事業 起業家スキルアップコース◆◆◆◆
◆釜石開催の受講生募集中
大きな震災により日本の社会・経済全体の変化が図らずも求められています。私達自身が社会に新たな仕事を創造していく必要に迫られているといっても過言ではありません。被災地復興に役立つ仕事をしてみたいとお考えの方、自然環境や第一次産業そして交流で復興を目指したい方、ご興味のある方はぜひご参加ください。

【開催日】平成24年6月19日(火)〜8月5日(日)
※基礎研修(1週目)、実地研修(2〜5週目)、総括研修(6週目)の3つの研修からなります。
【基礎・総括 無料
【応募詳細】 http://blog.goo.ne.jp/neos_hokkaido/e/39a57424fd017960c2a05677d4f3f6c6
・研修期間中「活動支援金」の助成を条件つきで受けられます。
・終了後に社会的企業・企業の立ち上げを支援する「ビジネスプランコンペ」があります。
【応募期限】6月15日(金)必着
【問い合わせ先】
1.ねおす釜石栗橋ボランティアセンター  電話:0193-55-4630
2.三陸ひとつなぎ自然学校(伊藤) 電話:090-1065-9976
3.NPO法人ねおす(齋藤) 電話:011-615-3923 FAX :011-615-3914   メール: intern@neos.gr.jp
【事業実施主体】一般社団法人HIT 東北事務所 http://www.hit-north.or.jp/ippo/
————————————

◆◆自然エネルギー推進自然学校ネットワーク『東京フォーラム』開催◆◆◆◆
自然エネルギー推進自然学校ネットワーク(Eネット)は、「自然学校」+「自然エネルギー」を推進することで、原子力に頼らない持続可能なライフスタイルへの転換を目指す全国ネットワークです。
今年3月に設立され、現在は団体・個人あわせて約70名が加盟しています。今回開催される『東京フォーラム』は、ネットワーク設立後初となるキック
オフイベントです。自然エネルギーの導入や体験プログラムをお考えの方、地域でのエネルギー自給に関心のある方など、この機会にぜひご参加ください!

【日時】6月14日(木)15:00-20:00
【場所】NPO法人日本エコツーリズムセンタ─(東京・西日暮里)
【参加費】500円(資料代)
【基調講演】田中優氏(環境活動家)
藤村靖之氏(非電化工房代表、日本大学工学部教授)
【基調報告】福井隆氏(東京農工大学大学院客員教授)
佐々木豊志氏(NPO法人日本の森バイオマスネットワーク)
高木晴光氏(NPO法人ねおす)
【詳細・お申し込み】 http://www.ns-energy.jp/フォーラム情報/
【お問合せ】東京フォーラム事務局(日本エコツーリズムセンタ─内)
TEL:03-5834-7966 FAX:03-5834-7972
————————————

◆◆RQ登米復興交流センター◆◆◆◆
・ブログ  http://rqfcenter.blogspot.jp/
◆◆RQ小泉ボランティアセンター◆◆◆◆
・HP https://sites.google.com/site/rqkoizumi/
◆◆くりの木ひろば◆◆◆◆
・ブログ  http://kurinoki-hiroba.blogspot.com/
◆◆リオグランデ◆◆◆◆
・ブログ  http://blog.canpan.info/riogrande/
————————————

◆ツイッター、フェイスブックもチェックください◆◆◆◆
ツイッター <http://twitter.com/#!/rqcenter
フェイスブック http://www.facebook.com/rqcenter.f

◆RQボランティア参加者名簿にお名前を。
http://www.rq-center.net/aboutus/rq_volunteers
団体名での登録もお待ちしています。
http://www.rq-center.net/aboutus/partners

◆投稿募集中!「ありがとうRQ」
http://www.rq-center.net/aboutus/messages/thanksrq

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
6月9日に梅雨入りし東京では今日、午後から冷たい雨が降っています。うっとうしい日々がしばらく続きますが、そんな気分を吹き飛ばしてくれるイベントが目白押し。ボランティアの参加もぜひに。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQメルマ
RQメルマ編集部発行 発行部数:3,507
http://www.rq-center.net
[twitter] <http://twitter.com/#!/rqcenter
[facebook]  http://www.facebook.com/rqcenter.f
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
受信解除される方はこちらからお願いします。
<http://www.rq-center.net/wp/mg/reg.cgi?reg=del&email=受信e-mail
URL末尾の=以下を受信e-mailアドレスに変更ください。
*受信解除できない場合は下記アドレスに件名「解除希望」とメールをお願いします。
rqml-admin@ecotourism-center.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz