‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQメルマ
2012-07-11 058号
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
「さざほざとすっぺしね」
これは宮城県栗原市の農家民宿「たかまった」の女将さんがよく使う言葉で、「和気あいあいとしましょうね」「あんまり気負わずにね」というニュアンスで使われるのだそうです。
http://sazahoza.da-te.jp/e498185.html
RQWから独立した「さざほざ」が、今回のメルマに初登場です。
(やまなか)

※メールが途中で切れてしまう方へ。RQサイトで最新号が読めます。
http://www.rq-center.net/blog/mailmag

※ボランティア活動カレンダー
http://www.rq-center.jp/volunteer/v_calendar

————————————————
今週のRQメルマ
————————————————
1.新RQニュース
◆さざほざ
・さざほざ、うれしや近況報告
◆RQ災害教育センター
・8月末までの現地ボランティア受付開始。現地事務局員募集
◆歌津てんぐのヤマ学校
・7/14-16ワイルドキャンプ モニター参加者募集ほか
◆聞き書きプロジェクト MEMOKKO
・自分史公開サイト公開ほか
◆リオグランデ
・7/21雄勝町波板浜海岸清掃&交流バーベキュー
◆RQ唐桑海の体験センター
・7/6日〜8/31唐桑創生村!共に歩む漁業支援ボランティアサポート新幹線プラン
◆RQ被災地女性支援センター
・7/29「響げ!気仙沼」にブースを出店

2.新RQ関連&被災地関連ニュース
◆RQ鱒淵キャンププロジェクトチーム
・8/4〜8 鱒淵夏の里帰りキャンプほか

————————————
1.新RQニュース
————————————
◆◆さざほざ◆◆◆◆
RQWから独立して1カ月。さざほざの「おかみちゃん」こと、まちづくり魔女・足立です。
さざほざでは、「被災地のお母さん達の手仕事支援」「宮城の食」「被災地の今を発信する」の3つの柱で活動しています。
(1)被災地のお母さん達の手仕事支援
・編んだもんだら新商品企画
RQグループのみなさんご存知の「編んだもんだら」シリーズ。お母さん達とのお茶っこの会話の中から、地元に愛されている「特産品」などの情報をいただき、オリジナルデザインを起こしていきます。いままでに、志津川のマダコ、本吉のマンボウ、大島の椿、三陸の海の春と言ったらわかめとめかぶ、ひらめ、ほや、と、それぞれの編み手のお母さん達に合わせた「編んだもんだら」を作ってきました。
「イカザエル」ちゃんの暮らす歌津寄木(ヨリキ)の編み手のお母さん達から今度はホタテを編みたい!と、リクエストをいただきました。なんども試作品を提案しては却下の日々を送っていましたが、先日、実物を見せていただきながらお母さん達のこだわるポイントを説明していただきました。
なるほど、、、というポイントを押さえた試作品を持っていったところ、みなさんから「これはホタテだ!」とお墨付きをいただきました(笑)。いま、編み方研修をしています。8月には登場予定です♪ どうぞお楽しみに♪

※編んだもんだらに関するお問い合わせは
ureshiya@sazahoza.kontena.jp (担当 八矢)まで。

(2)宮城のおいしいを仙台のうれしいに!
宮城には、美味しい海の幸、里の幸、山の幸がいっぱいあります。津波被害を受けた海も、少しずつ復活し、美味しい海の幸が取れるようになりました。また、登米の里は米どころ、野菜どころ、牛どころ(笑)で、これまた美味しいものだらけです。
そんな美味しいものを気軽に食べ、語れる場を仙台市内にオープンしました。
▼うれしや
仙台市若林区新寺3-12-32
通常営業:火・水・金 正午から20時まで
ふだんは登米の美味しいお米や大豆を生かしたキッシュやケークサレなどの軽食をご提供。イベントとして、宮城県内各地の生産者さんから直接仕入れた食材でのお食事会を開催しています。7月は19日(木)に、歌津・丸七水産さまがナビゲーターとなっての、美味しい海の幸を食べる会を開催します。詳細は下記URLをご参照ください。
http://ureshiya.da-te.jp/e502456.html

さざほざ
・ブログ http://sazahoza.da-te.jp/
————————————

◆◆RQ災害教育センター◆◆◆◆
◆ボランティア8月末まで受付中
http://www.rq-center.jp/volunteer
◆RQ登米復興交流センター中・長期事務局ボランティア募集中
長期で現地(登米鱒淵小学校)で活動可能な方。新RQ各団体の調整、ボランティアコーディネートなど、人と人をつなぐ仕事です。
特に、夏休み期間終了まで継続して可能な方、お待ちしています!
http://www.rq-center.jp/contact
メッセージ欄に、以下を必ず記入してお送りください。
1.開始可能日 2.終了予定日 3.これまでのボランティア経験、特技など

◆RQ登米復興交流センター ブログも更新中。
http://rqfcenter.blogspot.jp/
————————————

◆◆歌津てんぐのヤマ学校◆◆◆◆
◆歌中で総合防災訓練。「将来避難所を運営するかもしれない君たち」
ペール缶のコンロに薪で火を起こし、鍋炊きでご飯を用意する炊き出し訓練が、7/6歌津中全校生徒により行われました。民生委員さん共にヤマ学校からスパイダーとさっちゃんが参加。
子供たちは、将来避難所を運営することになるかもしれないという自覚を持ち、「(人のためになることだと思うと)うれしかった」という感想を書いたそうです。

◆ワイルドキャンプ  7/14〜16
今回のテーマは、被災者から学ぶ「ないなかで工夫する姿勢」。特に水を汲みにいき、火をおこして鍋もないところでご飯を炊く、ということを課題とします。本番の準備として、歌津では毎日のように空き缶でご飯を炊くなどの実地練習を繰り返しています。
7/1には学習院と慶応日吉キャンパスでの日能研私学フェアで歌津の活動を紹介しました。ワイルドキャンプの趣旨や被災後サバイバルの課題について、小学生の子をもつ親御さんたちに関心を寄せていただきました。
その後、東京での作戦会議を経て、参加者枠を拡大することを決定。子供連れでなくても、個人参加できるようにしました。まだ定員まで余裕があります。
http://utatsu.blogspot.jp/p/blog-page_16.html
キャンプの準備および事後の広報を手伝ってくださるボランティアスタッフの募集も引き続きしています。
http://utatsu.blogspot.jp/p/blog-page_4962.html
キャンプ詳細を書いたしおりを公開しました。
http://utatsu.blogspot.jp/p/blog-page_05.html

◆さえずりの谷、あなたの汗と知恵を求む。
自称「仙人」が暮らす「さえずりの谷」は、自然を使った遊びと生活の空間。RQ時代に多くのボランティア個人のアイデアと尽力で、さまざまな遊びや生活施設を生み出し、プログラムを実現してきました。夏休みを間近に、ふたたび皆さんのアイデアや作業協力が、被災地の子供たちへのかけがえのない贈り物となる季節です。夏休みは、子供と一緒に活動したり、活動プログラム作りをする機会が増えます。
以下のことにアイデアを持ち寄ってくださる方、作業に協力してくださるボランティア、子供と一緒に活動してくださる方を募集します。まずは来て見て泊まってみてください。
・森と休耕田を利用した遊びの工夫
・草刈りまたは草を食べる動物を連れてきてくださる
・非電化冷蔵庫の実用化
・壁画や大判の絵を描く
・音楽などを通しての子どもとのコミュニケーション
・ニワトリ小屋作り
・元気な伊里前川プロジェクト: 生き物があふれ、再び子どもが遊ぶ川の復興のために
http://utatsu.blogspot.jp/2012/03/blog-post_21.html
・高台の遊びロードプロジェクト: 津波の上がらなかった旧道・山道・獣道の再開拓とマップ作り、ヤマ学校でのボランティア作業

歌津てんぐのヤマ学校
宮城県南三陸町歌津伊里前317-1
・電話        080-3933-3684
・メール yamagakkou@gmail.com
・ブログ http://utatsu.blogspot.jp
————————————

◆◆聞き書きプロジェクト MEMOKKO◆◆◆◆
自分史公開サイトはもうご覧になってくださいましたか?
http://kikigaki.rq-center.jp/
http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/#!/2012/03/blog-post.html
私達は、被災地への関心が薄れつつあることに、一石を投じたいという思いもあり、少しでも多くの方にこのサイトの存在を知って欲しいと願っています。
フェイスブック、ツイッター、ブログ、口コミetc.どんどん「自分史公開サイト」を紹介してください!よろしくお願いします。
活動ブログもチェックしてくださいね!

志津川の上山八幡宮の宮司さんから、2回目のお話をうかがってきました。
☆椿を愛する歌人の想い
http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/#!/2012/07/blog-post_01.html

都会から移り住み、田舎暮らしを楽しんでいらっしゃったご夫婦の自分史があります。
震災後、様々なご苦労を経て、今は栃木県にお住まいです。
7月末に完成版をお届けするにあたり、「以前の住まいの様子を知らせて欲しい」との依頼を受け、様子を見に行って来ました。
☆思い出のお住まい
http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/#!/2012/07/blog-post_08.html

聞き書きプロジェクト MEMOKKO
・ブログ http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/
————————————

◆◆リオグランデ◆◆◆◆
◆雄勝町波板浜海岸清掃&交流バーベキュー
波板に今も少しずつ流れついているがれきやゴミをきれいにした後、海岸でバーベキューをして地元の方との交流会。
【日時】7月21日(土)
【時間】9時頃〜16時頃まで 前泊・当日の宿泊可能。追波川運動公園までの送迎可
【お問い合わせ】090-1711-3382 リオグランデ(海住)

リオグランデ
・ブログ  http://blog.canpan.info/riogrande/
————————————

◆◆RQ唐桑海の体験センター◆◆◆◆
◆JTBが、東京から唐桑まで(一関泊)1泊2日のツアーを開催しております。
スタッフ、漁師一同、皆様のお出でをお待ちしております!

【開催日】2012年7月6日〜2012年8月31日
唐桑創生村!共に歩む漁業支援ボランティアサポート新幹線プラン「仕事帰りでも行ける金曜日夜発・一ノ関ホテルシングルルーム宿泊 1泊2日」
http://www.jtb.co.jp/tabeat/List.asp?Tourno=0c81b0bd501f4ddbb1d7b65a

RQ唐桑海の体験センター
・ブログ  http://rqkarakuwa.blogspot.jp/
————————————

◆◆RQ被災地女性支援センター◆◆◆◆
7月29日に、気仙沼で行なわれる打楽器のお祭り「響げ!気仙沼」にブースを出店することになりました。
ブースのコンセプトはRQW手芸店(!?)おばあちゃん、お母さん、子どもたちが楽しんでもらえるようなブースを目指します。もちろん、手芸男子も!

このイベント出店をお手伝いしてくださるボランティアさんを募集します。
・ゲームやワークショップなどの企画を考え、準備してくださる方
・ブースの飾り付けなどの制作をお手伝いしてくださる方
・前日の準備、当日の設営、店番など現地ボランティアに参加してくださる方

地元の方々が作りあげているお祭りです。ぜひ、いっしょに盛り上げてみませんか?
お問い合わせは info@rqwomen.net まで。

RQWへのサポーター登録はこちらから。現地活動レポート、ボランティア情報満載の【現地便り】をお届けしています。
http://www.facebook.com/rqwomen/app_228367747176855

RQ被災地女性支援センター
・ホームページ http://rqwomen.net/
・ブログ http://rqwomen.blogspot.jp/
————————————

————————————————
2.新RQ関連&被災地関連ニュース
————————————————
◆◆RQ鱒淵キャンププロジェクトチーム◆◆◆◆
先週末のことになりますが、鱒淵ホタルキャンプを開催、無事に終了しました。参加者は合計7名と少な目ではありましたが、関東からスタッフ2名、現地サポート4名+2名、夕食だけ参加のRQリピーターが2名となんだかんだの賑やかさでした。
そして何よりも200匹近いホタルにかこまれて、笑顔あふれるキャンプでした。キャンプの様子は、ぜひ、ブログをご覧ください。
http://rqcamp.blogspot.jp/
また、夏休みにも鱒淵キャンプを行います! 子どもだけに限らず、自然の中で生きる、楽しむ、人とのつながりを作る、鱒淵の四季を身体で感じるキャンプです! 今週中には上記のブログにも詳細アップします!

◆鱒淵夏の里帰りキャンプ
2012年8月4日(土)〜8月8日(水) 全5日間
限られたものしかない環境で、どう生き抜くかということをテーマに展開します。子どもだけでも、親子でも、大人だけでも参加可能!4日間のうちどの日程で暮らすかも自由!

◆スタッフ、サポーター募集中!!
RQ鱒淵キャンププロジェクトチームのメンバーを募集しています。チームスタッフは現地常駐ではないので、関東関西などにお住まいでも問題ナシ!
経験に応じた関わり方が可能です。まずはご連絡ください。

RQ鱒淵キャンププロジェクトチーム 担当水村昌司(みいら)
・電話 090-4844-0407 (水村)
・メール rqcamp@gmail.com
・ブログ http://rqcamp.blogspot.jp/

————————————

◆◆RQ小泉ボランティアセンター◆◆◆◆
・ホームページ: https://sites.google.com/site/rqkoizumi/
・ブログ: http://rqkoizumi.blogspot.com/
◆◆くりの木ひろば◆◆◆◆
・ブログ  http://kurinoki-hiroba.blogspot.com/

————————————

◆ツイッター、フェイスブックもチェックください◆◆◆◆
ツイッター <http://twitter.com/#!/rqcenter
フェイスブック http://www.facebook.com/rqcenter.f

◆RQボランティア参加者名簿にお名前を。
http://www.rq-center.net/aboutus/rq_volunteers
団体名での登録もお待ちしています。
http://www.rq-center.net/aboutus/partners

◆投稿募集中!「ありがとうRQ」
http://www.rq-center.net/aboutus/messages/thanksrq

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「さざほざとすっぺしね」
実に、やさしくあたたかい言葉ですね。RQWやさざほざが、大勢の人たちに支持され活動を続けている理由が、この言葉に表れています。
現地ボランティアの受付を8月末まで申込みできるようにしました。「さざほざとすっぺしね」と言い合える仲間、募集しています。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQメルマ
RQメルマ編集部発行 発行部数:3,474
http://www.rq-center.net
[twitter] <http://twitter.com/#!/rqcenter
[facebook]  http://www.facebook.com/rqcenter.f
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
受信解除される方はこちらからお願いします。
<http://www.rq-center.net/wp/mg/reg.cgi?reg=del&email=受信e-mail
URL末尾の=以下を受信e-mailアドレスに変更ください。
*受信解除できない場合は下記アドレスに件名「解除希望」とメールをお願いします。
rqml-admin@ecotourism-center.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz