‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

RQメルマ

2012-10-18 072号

*メルマガのお申込みはこちら
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

唐桑で活動する際に宿泊所として機能してきたRQ唐桑センターが、今月末に閉所することになりました。そこに居住し、これまでたくさんのボランティアの面倒を見てくれた星野伸行さん、どうもありがとうございました。星野さんは住処を別の場所に移し、今後もRQ唐桑海の体験センターでの活動などを続けます。今後も変わらず唐桑とRQ唐桑海の体験センター、そして星野さんを応援ください。

さて、RQメルマは毎週1回の発行をこれまで続けてきましたが、今後は不定期刊にいたします。現地の情報や話題などをタイムリーにお届けしたいと思っています。引き続きご愛読をお願いします。

ところで、先日メルマガ読者にお会いしたら、「メルマガの一番最後にもコラムがあったなんて知らなかった」という衝撃発言! 皆さん、読んでくれていましたか?

(やまなか)

 

 

※メールが途中で切れてしまう方へ。RQサイトで最新号が読めます。

http://www.rq-center.net/blog/mailmag

 

※ボランティア活動カレンダー

http://www.rq-center.jp/volunteer/v_calendar

 

――――――――――――――――

今週のRQメルマ

――――――――――――――――

◆RQ唐桑海の体験センター

・RQ唐桑センターを10月31日に閉所

◆RQ災害教育センター

・11/7 連続セミナー『災害と減災』第1回「災害大国の日本」

・11/5 登米行きボランティア同乗者募集

◆RQ鱒淵キャンププロジェクトチーム

・10/27日~28日 秋!実りの芋煮キャンプ

――――――――――――――――

 

◆◆RQ唐桑海の体験センター◆◆◆◆

唐桑サポーターのボランティアのみなさんに親しんでいただいた現在のRQ唐桑センター(所在地:気仙沼市唐桑町宿浦330-5)を10月31日に閉じることにしました。旧海岸亭から通算すると1年半のみなさんの活動に敬意を表するとともに今後も唐桑に関心を持ち続けていただければ嬉しく思います。

今後は拠点を別に移して現地コーディネートを続けますが、宿泊施設ではないため現在のような宿泊をともなうボランティアはお受けできなくなります。

引き続き被災地を支援したいというみなさまと現地をつなぎますが、従来どおりのボランティアを受け入れは停止いたします。長い間のご支援どうもありがとうございます。

なお、RQ唐桑海の体験センターは引き続き活動を続けます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

◇RQ唐桑海の体験センター

・ブログ  http://rqkarakuwa.blogspot.jp/

・E-mail rqkarakuwa@gmail.com

・携帯 090-4608-0072

――――――――――――

 

◆◆RQ災害教育センター◆◆◆◆

◆11/7 連続セミナー『災害と減災』第1回「災害大国の日本」

日本に住むかぎり災害は避けられません。その災害にこれまで日本人はどう向き合ってきたのか、そしてこれからどう向き合うべきなのか? 全6回のセミナーを通じて考えていきます。

 

◇連続セミナー『災害と減災』第1回「災害大国の日本」

[スピーカー]広瀬敏通(日本エコツーリズムセンター代表理事、RQ災害教育センター代表理事)

[日時]2012年11月7日(水)19:00-21:00

[参加費]2,000円(飲み物、テキスト付)

[主催]NPO法人日本エコツーリズムセンター

[共催]一般社団法人RQ災害教育センター

[場所]西日暮里

[詳細] http://www.rq-center.jp/news/746

 

◆登米への乗合募集

一般ボランティアの下田さんが、登米への同乗者を募集しています。

[出発]11月5日午前中 西日暮里・RQ災害教育センター事務所発

[帰宅]11月9日または10日

[詳細]下田 tel: 080-5403-7923

 

◇一般社団法人RQ災害教育センター

・HP http://www.rq-center.jp/

――――――――――――

 

◆◆RQ鱒淵キャンププロジェクトチーム◆◆◆◆

◆ますぶちの秋を堪能!!「秋!みのりの芋煮キャンプ」

鱒淵小が閉鎖となり、里帰りする機会も少なくなってくることと思います。そんな鱒淵の豊かな“秋のみのり”を感じてみませんか? 第2の故郷でのんびりキャンプ。

 

◇大人だけでも参加可能! 里山の秋を堪能するキャンプです

[日時]10月27日(土)~10月28日(土) 1泊2日

[参加対象]単独参加→小学生~大人

家族参加→4歳以上のお子様とそのご家族

[定員]20名

[参加費]単独参加 大人~子ども(小学1年生)   10,000円

家族参加 親子2名            15,000円

追加子ども            3,000円

追加大人             5,000円

※参加費内訳:期間中の食費、保険代、宿泊代(寝袋レンタル代含む)、プログラム費用

[会場]登米市東和町米川字鱒淵 及甚とゲンジボタル交流館

[集合]10月27日(土)13:00 及甚とゲンジボタル交流館

初日以降のご集合はお申し込みの際にご相談ください。

[解散]10月28日(日)  14:00 及甚とゲンジボタル交流館

[主催]RQ鱒淵キャンププロジェクトチーム

[共催]パーソナルネイチャーガイド自遊庵

[お申込みの方法]

RQ鱒淵キャンププロジェクトチームまでE-mail、電話などで直接ご連絡ください。また、ご参加者の氏名、年齢、連絡先、住所をお知らせください。

 

[お申込み・お問い合わせ先]

◇RQ鱒淵キャンププロジェクトチーム

埼玉県所沢市上新井2-33-31-103 自遊庵内

・E-mail rqcamp.info@gmail.com

・ブログ http://rqcamp.blogspot.jp/

・携帯  090-4844-0407

――――――――――――

 

◆RQ災害教育センター

・HP  http://www.rq-center.jp/

◆RQ唐桑海の体験センター

・ブログ  http://rqkarakuwa.blogspot.jp/

◆歌津てんぐのヤマ学校

・ブログ  http://utatsu.blogspot.jp/

◆復興支援チーム リオグランデ

・HP  http://blog.canpan.info/riogrande/

◆RQ小泉ボランティアセンター

・HP  https://sites.google.com/site/rqkoizumi/

・ブログ http://rqkoizumi.blogspot.com/

◆くりの木ひろば

・ブログ  http://kurinoki-hiroba.blogspot.com/

◆さざほざ

・ブログ  http://sazahoza.da-te.jp/

◆聞き書きプロジェクト

・ブログ http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/

・自分史公開サイト http://kikigaki.rq-center.jp/

――――――――――――

 

◆ツイッター、フェイスブックもチェックください◆◆◆◆

ツイッター <http://twitter.com/#!/rqcenter

フェイスブック http://www.facebook.com/rqcenter.f

 

◆RQボランティア参加者名簿にお名前を。

http://www.rq-center.net/aboutus/rq_volunteers

団体名での登録もお待ちしています。

http://www.rq-center.net/aboutus/partners

 

◆投稿募集中!「ありがとうRQ」

http://www.rq-center.net/aboutus/messages/thanksrq

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

メルマガの最後にあるコラムとは、ここのことです(笑)。

東日本大震災から1年半たちましたが、復興には気の遠くなるような時間が必要です。ボランティアもまだまだ必要です。しかし、緊急支援が終わり、生活支援や産業復興支援にステージが変わった今、気軽に現地に行ってボランティアする・・という活動は、受け入れ態勢などの面でなかなかできにくくなってきました。でも、そうした活動がなくなったわけではありません。交通費や宿泊費の自己負担が少なからずかかってきますが、ひとりでも多くのボランティアに現地に行ってほしい、現地に行けない人は自分の居場所でできる活動をぜひ探してほしいと願っています。メルマガは不定期刊になりますが、被災地を思う気持ちでつながるメルマガとして、これからも続けたいと思っています。

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

RQメルマ

RQメルマ編集部発行 発行部数:3,387

http://www.rq-center.net

[twitter] <http://twitter.com/#!/rqcenter

[facebook]  http://www.facebook.com/rqcenter.f

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

受信解除される方はこちらからお願いします。
<http://www.rq-center.net/wp/mg/reg.cgi?reg=del&email=受信e-mail
URL末尾の=以下を受信e-mailアドレスに変更ください。
*受信解除できない場合は下記アドレスに件名「解除希望」とメールをお願いします。
rqml-admins@ecotourism-center.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz