‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

RQメルマ

2014-06-09 088号

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

スパイダー(故八幡明彦さん)の葬儀は現地でも東京でも大盛会でした。東京・聖アンデレ教会での「通夜の祈り」で説教を行った西原廉太さんは、京都大学時代以降のキリスト教者として活躍していた頃のお話と、歌津での「偲ぶ会」のお話をしてくださいました。Facebookにアカウントをお持ちの方はぜひ読んでみてください。ラジカルに、誠実に、短い人生を駆け抜けたスパイダーの知らなかった一面を知ることができます。

【八幡明彦・通夜の祈り 説教】6月6日 https://www.facebook.com/renta.nishihara

また、このRQメルマの聞き書きプロジェクトからのお知らせにもあるように、1年前にスパイダーをインタビューしたときの逐語録がブログにアップされました。歌津で子ども神輿が復活した話は有名ですが、子どもたちが本気になって練習する様子をはじめ、彼が「歌津に残った理由」がいきいきと描かれています。

なお、ご遺族からは、今回の葬儀で受け取ったご芳志をベースに「八幡明彦記念基金」をつくられるとの発表がありました。彼の遺志を受け継ぐ団体を支援するために使いたいとのことです。詳細が分かりましたらまたお知らせしたいと思います。

(やまなか)

★現在の避難者数:258,219人

 (復興庁:2014年5月現在。震災3日目の避難者数約47万人)

※メルマガのお申込みはこちら

※メールが途中で切れてしまう方へ。RQサイトで最新号が読めます。
 http://www.rq-center.net/blog/mailmag

 http://www.rq-center.net/blog/mailmag

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

今回のRQメルマ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆RQ災害教育センター

・第二弾RQアンケートのお願い

◆ウィメンズアイ(WE)

・WE防災ワークショップ☆備えるワタシの第一歩[6/15(日)]

・WE設立1周年交流会[6/21(土)]

◆ちいさなホタル展 2014[6/28(土)~29(日)]

◆聞き書きプロジェクト MEMOKKO

・追悼スパイダー・ロングインタビュー「僕が歌津にいる理由」

・田束山のつつじ

・華足寺の春の大祭 ほか

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆◆RQ災害教育センター◆◆◆◆

◆第二弾RQアンケートのお願い

RQ災害教育センターでは、RQ市民災害救援センターでボランティアをされた方を対象に、昨年に続く第二弾のアンケートを開始しました。

被災地へ向かうボランティアの参加行動を把握し、被災地に必要である「生きる力」を発揮する背景を調査し、今後「生きる力」を育む教育──「防災教育・減災教育・災害教育」の展開に活かすため材料を得る調査になります。

つきましては趣旨をご理解いただき、お手数ですがご協力をお願いします。

1.活動時期について

2.自然体験活動について

3.ボランティアに参加する前のご自身のことについて

4.ボランティアに参加した後のご自身のことについて

・アンケートへの参加は下記URLから

 http://www.rq-center.jp/news/1426

・お問い合わせ

 survey@rq-center.jp

◇一般社団法人RQ災害教育センター

・ウェブ http://www.rq-center.jp/

・Facebook http://www.facebook.com/RQDisasterEducationCenter

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆◆NPO法人ウィメンズアイ(WE)◆◆◆◆

先週火曜日、登米入りして活動中の石本、栗林、塩本、今徳、河崎の5人で、南さんりく苑でのスパイダーを送る会に参列してきました。事故の知らせ、そして突然の訃報に言葉もありませんでした。みんなの心に大きな足跡を残して去って行った彼、ただただ安らかな眠りをお祈りします。

◆WE防災ワークショップ☆備えるワタシの第一歩

東日本大震災の日、仙台で、働く女性たちやひとり暮らしの女性たちはどうしていたのか知っていますか? もし今、東京で同じようなことがおこったら……。想像しただけで不安な気持ちになりますね。

いざというときに自分を守れるワタシをつくること、考えてみませんか? ワークショップではいつもカバンにプラスする小さな安心「ライフポーチ」を紹介します。みんなで”備え”はじめましょう。

[日時]6月15日(日)13:30-15:00

[会場]谷中の家(台東区谷中3-17-11)

[最寄り駅]千駄木、日暮里、西日暮里(各徒歩5分)

[参加費]1,500円

☆ワークショップ終了後、お茶っこ(南三陸のお菓子でお茶会)したいと思います。

☆使っていない小さなポーチがあればお持ちください。ワークショップで使用します。手のひらサイズがおススメですよ。

☆申込方法 info@womenseye.net までお名前、ご連絡先を明記の上、メールでお申し込み下さい。FBからもお申し込みいただけます。

https://www.facebook.com/events/251556895028433/

担当:栗林

◆NPO法人ウィメンズアイ(WE)は設立1周年を6月4日に迎えました

1周年を祝って、報告会を兼ねた楽しい交流会を行います! みなさんと会えるのを楽しみにしています、ぜひふるってご参加ください。

参加のお申し込みはこちらまで info@womenseye.net

[日時]6月21日(土)14:00 開場

[場所]3331 Arts Chiyoda 1階ラウンジ

 〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14

[最寄り駅]末広町、湯島駅、上野御徒町、御徒町、秋葉原、御茶ノ水

[地図] http://www.3331.jp/access/

★第1部 14:30-17:30 会費3,000円(ドリンク、軽食付き)

現地の活動レポート、今後の活動アピール、南三陸町からのビデオレター、南三陸町直送の美味しいものご紹介、etc.

★第2部(2次会) 18:00-20:30(会費2,000円程度を予定、WEメンバーによる持ち寄りごはん付き)

ミニアコースティックライブ! 南三陸町のテーマソングのひとつ、「おすばでサンバ」をWEメンバーがご披露します!

http://womenseye.net/archives/2589

◇◇ウィメンズアイ

・ウェブ http://womenseye.net

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆◆ちいさなホタル展 2014◆◆◆◆

こんにちは。ちいさなホタル展実行委員会のすずです。

先日急逝された、歌津てんぐのヤマ学校のスパイダーさんこと八幡明彦さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。スパイダーさんは鱒淵にもよく来られていて、子どもたちと華足寺キャンプなどされたこともありました。先日の華足寺の春の例大祭では、東北風土マラソン出場後だというのに駆けつけて、お祭りの片づけなどを手伝ってくださいました。

今回のちいさなホタル展にも、鱒淵の生きもの調査などの展示をご検討いただいていたところでした。本当に残念でなりませんが、きっとどこからか私たちを見守っていてくれると思いますので、今年もがんばってホタル展を開催したいと思います。

また、今年は南三陸町中瀬町などの仮設住宅へ送迎バスを出したいと考えていますので、運転手ボランティアを募集しています! (詳細は下記ご覧ください)

◆ちいさなホタル展2014

[日時]2013年6月28日(土)、29日(日) 10~21時頃

[場所]登米市東和町米川字寺内 松坂集会所(鱒渕簡易郵便局横)

[入場料]無料

[主催]ちいさなホタル展実行委員会

[展示]つるし雛・和小物、フラワーアレンジメント、あみもの、写真、風景画、陶芸、俳句、etc…

[企画1]「ほたるcafe」 おにぎり・お漬物・お茶のサービス。みんなでお茶っこしましょう☆(募金にご協力ください。)

[企画2]「ますぶちトリビア」 鱒渕のちょっと気になるあんな場所、こんな人、昔の様子などをご紹介♪

[企画3]中瀬町等の住民の方との交流会(予定) 2011年南三陸町から鱒淵へ避難された方々と鱒淵との交流はほそぼそと続いています。昨年のホタル展に来てくれた方から、「お年寄りは足(交通手段)がないから来たくても来られない」というお話がありましたので、今年はバスの運転手ボランティアが見つかり次第、バス送迎付きの交流会を開きたいと考えています。

バスは29人乗りのものが用意できます。運転できる方のご応募をおまちしております!!(最寄駅から鱒淵までの送迎・宿泊等はお世話させていただきます)

[交流会開催日程]6月28日(土)または29日(日)の夕方~夜

[連絡先]鈴木(すず) 携帯 090-4082-9633 /  メール hotaruten@gmail.com

◇◇ちいさなホタル展 (担当:鈴木)

・メール hotaruten@gmail.com

・ブログ http://hotaruten.blogspot.jp/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆◆聞き書きプロジェクト MEMOKKO◆◆◆

故八幡明彦さん、通称蜘瀧仙人さんの、南三陸町歌津での子ども支援の活動にかける2時間近いインタビュー、逐語録を公開しました。このインタビューは「さえずりの谷」にて2013年6月に行われました。あれから1年、もう彼の話を聴くことはできません。ここに追悼の気持ちを込めて、彼への感謝とともに記載いたします。

◇追悼スパイダー・ロングインタビュー「僕が歌津にいる理由」

http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.com/2014/06/blog-post.html

彼の歌津での活動の軌跡を本にまとめる約束をしていました。それを果たすべく、現在資料を整理中です。

◆聞き書きBlog

◇久々に聞き書きに参加し、被災地の変化を肌で感じたメンバーのブログです。

http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.com/2014/05/blog-post.html

◇南三陸町自慢の田束山のつつじ。つつじの向こうにリアス式海岸のくっきりとした稜線と、海原。こんな景観、他にはない。どうしてもっと全国区の観光地にならないのでしょうか。

http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.com/2014/05/blog-post_17.html

不動明王像も修復されましたが、震災の爪痕を残す修復方法に驚きました。

http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.com/2014/05/blog-post_5749.html

◇遅くなりましたが、登米市東和町米川鱒淵の華足寺(けそくじ)の春の大祭の様子を。

花咲き乱れる境内、受け継がれる伝統文化、素朴な演芸会での地元の方の笑顔、何度伺ってもほんとうに素敵なお祭りです。

・お供物行列の歴史絵巻

 http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.com/2014/04/blog-post_27.html

・演芸会の盛り上がり

 http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.com/2014/05/blog-post_25.html

◇◇聞き書きプロジェクト MEMOKKO

◇自分史、公開してます! ・ウェブ

http://kikigaki.rq-center.jp/

◇最新の現地情報、活動概要は ・ブログ

http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/

◇方言講座ブログ「豊言海(ほうげんかい)」を開設!

http://hou-gen-kai.blogspot.jp/

◇活動へのお問い合わせ ・メール

rq.kikigaki@gmail.com

◇◇聞き書きプロジェクト MEMOKKO

◇自分史、公開してます! ・ウェブ

http://kikigaki.rq-center.jp/

◇最新の現地情報、活動概要は ・ブログ

http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/

◇活動へのお問い合わせ ・メール

rq.kikigaki@gmail.com

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆RQ災害教育センター

・HP  http://www.rq-center.jp/

◆ウィメンズアイ(ウィ)

・HP http://womenseye.net/

◆聞き書きプロジェクト

・ブログ http://kikigaki-pj-memokko.blogspot.jp/

・自分史公開サイト http://kikigaki.rq-center.jp/

◆復興支援チーム リオグランデ

・HP  http://blog.canpan.info/riogrande/

◆くりの木ひろば

・ブログ  http://kurinoki-hiroba.blogspot.com/

◆唐桑海の体験センター

・ブログ  http://karakuwa-center.blogspot.jp/

◆さざほざ

・ブログ  http://sazahoza.da-te.jp/

◆歌津てんぐのヤマ学校

・ブログ  http://utatsu.blogspot.jp/

◆RQ小泉ボランティアセンター

・HP  https://sites.google.com/site/rqkoizumi/

・ブログ http://rqkoizumi.blogspot.com/

◆FORTUNE宮城

・HP  http://www.fortune-miyagi.com/

・Facebook <https://www.facebook.com/pages/Fortune-宮城/227846287333978?fref=ts

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

◆ツイッター、フェイスブックもチェックください

ツイッター <http://twitter.com/#!/rqcenter

フェイスブック http://www.facebook.com/rqcenter.f

◆RQボランティア参加者名簿にお名前を。

http://www.rq-center.net/aboutus/rq_volunteers

団体名での登録もお待ちしています。

http://www.rq-center.net/aboutus/partners

◆投稿募集中!「ありがとうRQ」

http://www.rq-center.net/aboutus/messages/thanksrq

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

大勢のボランティアがピリピリしながら被災地で瓦礫撤去などの支援活動をする中で、スパイダーには「子どもと遊んでばかり」といった非難もありました。しかしいちばん「弱き者」のそばに常に立とうとしていたのが彼であり、その姿勢は学生時代から一貫していたことを西原廉太さんの説教や聞き書きプロジェクトのインタビューなどで今回初めて知りました。知るのが遅すぎました。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

RQメルマ

RQメルマ編集部発行 発行部数:3,114

http://www.rq-center.net

[twitter] <http://twitter.com/#!/rqcenter

[facebook]  http://www.facebook.com/rqcenter.f

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

受信解除される方はこちらからお願いします。
<http://www.rq-center.net/wp/mg/reg.cgi?reg=del&email=受信e-mail
URL末尾の=以下を受信e-mailアドレスに変更ください。
*受信解除できない場合は下記アドレスに件名「解除希望」とメールをお願いします。
rqml-admins@ecotourism-center.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz