‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター・メールマガジン
毎週ほぼ月曜日に配信 2011-5-24 準備号
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

こんにちは。RQメルマを発刊します!

 

 ・RQの活動にご賛同をくださり、活動支援金や物資の提供、
  ボランティアの登録をくださった方、

 ・メールマガジンの登録をしてくださった方々、
  説明会にいらした方、
  RQの運用にかかわっている人や、OB/OGボランティアに
 ・毎週ほぼ月曜日

 

最近のRQの活動状況や、今後に向けた情報をお伝えします。


 

この準備号が突然届いて、「登録してないけど…」と思った人がいる
かもしれません。これまでRQにさまざまなかたちで支援してくださった
皆様に、RQの活動をご報告したいためと、過去にボランティアとしてか
かわっていただいた方々とのチャンネルづくりも、このメルマ発刊の
動機の一つです。

 

受信解除の方法は末尾にあります。が、よろしければご購読ください。

そしてまた、引き続きRQの活動をご支援いただければ幸いです。

 

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

●活動支援金

 

2011年5月18日15時現在 61,961,142円 / 支援者数:555件
個人や組織からの非常に大きな額の支援もいただきました。
支援活動のために有効に使っております。
ひきつづき、ご支援いただければ幸いです。
donation

また、英語サイトを作成し、海外からの支援もいただけるようにしました。
お知り合いの方に海外在住者がおりましたら、ぜひご案内の協力をお願い
します。
http://www.rq-center.net/wp/lang/en.html

 

● 先週のRQと注目記事

 

GWには多くのボランティアがRQに参画し、各拠点で多彩な活動が
進みました。
その後人手不足に悩む時期が続きましたが、再度訪れるリピーターの
数も増えはじめ、申込システムの改善やボランティアバスの運行も功
を奏して、各地とも着事に歩みを進めています。

 

以下、最近の各拠点の記事からピックアップしました。

 

◎ 登米本部
「孤立無援の生活を余儀なくされている人が、今もいます」
tome/4335

 

◎ RQ唐桑
「仮設住宅に移る方々へ生活用品の支援。その名も“元気箱”」
karakuwa/4580

 

◎ RQ歌津
「通学路の沢に流されてきた、大量の発泡スチロールの片づけ」
utatsu/3356

 

◎ RQ河北
「日本旅行の有志からなる“新橋義援隊”。毎週金・土・日に…」
kahoku/4519

 

東京では、現地から戻った在京ボランティアたちが3日間のイベント
づくりを。また、日本各地で被災者の受け入れを担うRQ連携拠点の
一つ、福島の自然学校の記事も公開しました。

◎ 東京本部
「ソトコト・ロハスデザイン大賞が…。タオルおじさんと」
tokyo/4510

 

「あぶくまエヌエスネット。“例年と違う生き方のあぶくまです”」
tokyo/4650

 

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● これからのRQ

 

この1〜2週間の大きな変化は、ボランティアバスの運行など、現地
活動への参加に向けたバリアーの改善でした。
新しくなった「ボランティアに申し込む」ページをご覧ください。
volunteer

 

各拠点の紹介ページも、上記ページからのリンクで公開しています。
ご自分が関わった拠点について、足りない情報や気づいた点があれば
ご連絡ください。

 

ボランティアバスの運行により登米に入る人が増えていますが、沿岸
の各拠点に、ダイレクトに入っていただける方もウェルカムです。

 

夏草が茂りだす梅雨入り前が、片付けの勝負時。RQのスタート時に
仮設定したフェーズ1も、あと一ヶ月少々となりました。

 

出来ることを、やっていきましょう。

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● ボランティアの声(Twitterから)

 

「一昨日、中年の男性と組む事になった。物腰と言語的な面で少々障
 害を持たれた方。見た目もあやしい。私は大いに不満だった。この
 方がまともに接客できるわけがないだろうに、なぜ使うのかと。説
 明をろくにせず、ほぼ無視状態で作業を初めてしまった。 続く」

 

「ところが彼は、似顔絵が上手だった。絵を通して会話するのだ。よ
 く観察してみると、とても繊細な、優しい方だった。外見にとらわ
 れていた自分を強烈に恥じた。その後はたくさん話をした。子供が
 大好きで、子供のために何かできる事はないかといらっしゃった方
 だった。」

 

「GWに行ったボランティア。僕の初日の作業は、このお手伝いでし
 た。あれから少し進んだようで、ちょっとうれしい。
 http://ow.ly/50x6p

 

「せっかくの無料バスだがドタキャンがちらほら存在する。他にも乗
 りたかった方がいるのに、空席のままで移動は非常にもったいない」

 

ほんと、そう。

 

ボランティアのみなさん。
RQ関係のツイートにはハッシュタグ「 #rqcenter」を!

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
● そのほか

 

各地でRQ報告会・説明会がつづいています。RQのトップページで、
リンク集を公開しています。

 

これまで大勢の皆様からたくさんの物資のご提供をいただきました。
被災者の皆さんからの「ありがとう」という感謝の言葉を託されて
います。いち早い皆様の物資提供は、それを整理して届けるRQのボ
ランティアにとっても非常に心強い励みとなりました。

 

仮設住宅入居に向けた、新たな物資の募集も始まっています。ページ
をご覧ください。
supplies

 

準備号、思いのほか長くなってしまいました。
内容・形式、模索します。
次回のRQメルマでお会いしましょう。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
RQ市民災害救援センター
http://www.rq-center.net
http://twitter.com/#!/rqcenter


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz